プログラマーにおすすめの副業と選び方のポイント

一般に副業といいますと、アルバイトや株の投資などいろいろあります。何がいいか迷ってしまいますが、プログラマーならプログラマーにあった仕事もいろいろあります。今回はお勧めの副業を紹介しながら、どう選んだらいいかのポイントを説明します。

プログラマーにおすすめしたい3つの副業

WEBサービスやアプリのプログラミング

プログラマーにとって一番やりやすいのが本業であるプログラミングです。本業の知識を生かせるのがメリットであり、どれくらいの時間でできそうか目安が立てやすく、無理なくできる仕事でしょう。

WEBサービスはSNSサイト、オークションサイトなどWEB上の仕組みを作成するものです。PythonやPHPなど、WEB作成に使うプログラミング言語は多数存在します。自分にあった内容、言語が選びやすいといえます。

アプリはスマートフォンで動くアプリケーションです。メールを閲覧するものや、名刺管理、ゲームまでさまざまなプログラムが存在します。android系の開発はJavaを使用したものが多いので、Javaの知識があると仕事につながりやすいでしょう。

自分の知っているプログラミング言語もいいですが、本業の幅を広げるために新しい言語に挑戦するのも面白いですね。

プログラミングに関するライティング

自分が培ってきたプログラマーとしての知識を文章にして、一般の方々に紹介する記事を書くお仕事です。プログラミング能力以外に文章力も必要になってきます。日頃ブログなどを書いているなら苦も無く始められるでしょう。

記事によっては、自分のコーディングしたプログラムを掲載する必要があります。おのずときれいなコーディングを意識して書くことになるので、プログラミング能力が上がって一石二鳥です。ライティングはタイトな期限が区切られている場合があり、依頼内容をよく読んで受注するようにしましょう。

プログラミングの講師

こちらも本業で得たプログラミングの知識を生かした仕事です。多くの人たちの前でも緊張せずに話ができる人でしたら、会社に赴いて講師として教える場合もありますし、インターネット上のオンライン講師として仕事をするなら、マンツーマンで教える場合もあります。

生徒の方がプログラミングで知りたいことを教えてあげるのですが、問題となるのは自分がわからない時です。その場合は次回までに回答しなければなりません。本で調べたり、インターネットで調べたりしながら回答を見つけます。自分のプログラミング能力の向上にも繋がる仕事と言えるでしょう。

自分に合った副業を選ぶポイントは?

空き時間でできるかどうか

副業をしていて、一番問題になるのが本業への影響です。睡眠時間を減らして副業すると、本業の時間に眠くなり、ウトウトしてしまうことがあります。会社が副業を認めていても本業に影響しない範囲でと規定されていることが多いでしょう。副業を探すときに、ゆったりした納期が設定されていることを一つの目安としてみたらいかがでしょうか。

また電話連絡が希望の仕事ですと、業務中にかかってくる場合もあります。あまり長い時間電話をしていたり、頻繁に電話がかかってくると業務に支障が出るので、メールやチャットなど、後でも対応可能な仕事を選ぶのも一つの方法です。

自分の能力とマッチしているかどうか

まず、今の自分の能力を知る必要があります。何ができて何ができないかを見極められないと後で問題が発生します。例えば仕事を受けたものの完成させられないと、依頼先に迷惑をかけてしまいます。自分が知っている言語でないものを受けてしまって、やはり最後までやりきることができない場合もあります。

副業の依頼を見ていると、たまに初心者の勉強がてら作ってくださいというものもあります(その場合安価になりますが) 。依頼の条件を見て、自分の能力とマッチしているか確認しましょう。

自分に合った副業を選ぶ自信がないなら

副業を見つける方法

副業を探すにはいくつかの方法があります。1つは本業で取引を行っている会社の方に別途紹介してもらう方法です。お手軽度は高いですが、本業の会社からあまりいい目で見られない場合があるので気を付けましょう。

他にネットのクラウドソーシングを紹介しているサイトを見て応募する方法です。こちらはいろいろな種類の仕事があり、お手軽に出来るものから高難度のものまで多彩です。ただ簡単なものは応募者も多く、自分が選ばれるとは限りません。たくさんありすぎて探すのに時間がかかってしまうのも気になります。

それでも選ぶ自信がない場合

クラウドテックでは、クラウドテックシェアという副業支援サービスを提供しています。

こちらは企業向けのページなのですがクラウドテックの会員になると、希望の報酬や勤務地など、自分にあった仕事を専属キャリアサポーターが見つけてきてくれます。

クラウドテック

まとめ

プログラマーが不足している現代、プログラマーにとって副業は意外とやりやすいものです。しかし自分の力量を見分けて仕事を探すのは大変で、 副業を行う時間より探す時間が多くなっては本末転倒です。クラウドテックのような仕事を紹介してくれるサービスなどを利用して、賢く副業したいですね。

関連記事

ページ上部へ戻る