フリーランスのメリットとは?会社員との違いやデメリットの回避方法

会社員からフリーランスになると、どのようなメリットがあるのでしょうか。収入面や働く時間の自由度、働く環境の面でメリットを感じられる傾向にあります。正社員という安定した立場から転身するのであれば、メリットとデメリットをしっかりおさえた上で決断しましょう。

会社員とフリーランスの違い


会社員とフリーランスにはどのような違いがあるのでしょうか。会社員や派遣社員としての働き方、エンジニアやフリーライターとしてフリーで働くという働き方とは具体的にどのような違いがあるのか見ていきます。

雇用契約を結んでいない

雇用契約とは、法律によって下記のように定められています。

、「雇用は、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって、その効力を生ずる。(民法623条(雇用))」

会社員の場合はこの雇用契約によって、労働に従事することになり、仕事の内容だけでなく、労働時間や休日等会社の規定に従って働くことになります。フリーランスの場合は、雇用契約を結んでいない働き方となります。

フリーランスの場合は、基本的に業務委託契約を結んで働きます。業務委託契約とは、お互いが対等な立場で結ぶ契約をさします。詳しくは下記の記事を参照してください。

業務委託契約の法律上の定義について
会社員が企業と雇用契約を結ぶのに対し、フリーランスと企業は業務委託契約を結びます。業務委託契約には請負と委任の2種類があり、それぞれフリーランス側が提供する成果物が異なります。こちらの記事で、フリーランスがどのような仕組みで報酬を得るのか知っておきましょう。

働き方を自分で決められる

フリーランスは、個々の仕事を受注するごとに契約をする働き方です。そのため会社員に比べて仕事の内容や労働時間など、働き方を自分で決められるという点で、会社員とフリーランスでは働き方が大きく違っています。責任が大きい分、裁量権も大きくなります。

フリーランスのメリット


フリーランスという働き方には、メリットとデメリットがあります。フリーランスとしての働き方のメリットはどのようなものがあるのでしょうか。雇用契約に縛られることなく仕事ができることから、専門的な能力を持っている方はとくにメリットのある働き方といえます。収入や、仕事の内容、人間関係など詳しく見ていきます。

収入アップに繋がりやすい

仕事を請け負った分だけ収入を得ることができます。会社員の場合は月給が決まっているため、収入の増減がほとんどありませんが、フリーランスの場合は得意な仕事をすることで、仕事をこなすスピードも上がり、収入アップにつながっていきます。

例えば、プログラマーの方がスキルアップをして、新しいプログラミング言語をひとつ習得したとします。フリーランスの場合は、習得したその日から、新しい言語の案件を探して引き受けることができます。その案件の単価が高ければ、すぐに収入アップが見込めるのです。しかし、会社員の場合、スキルアップしてすぐに昇給とはいきません。給与査定の月は決まっていますし、スキルアップしたとしても会社の業績が悪ければ昇給しない場合もあります。

このように、フリーランスは自分なりの目標を設定して、収入アップすることができるというのもメリットのひとつです。

フリーランスで稼ぎやすい人気職種と年収目安
年収が約束されている正社員と違い、フリーランスは自分のスキルや案件次第で年収が上下します。自分がフリーランスになった時、その程度の年収が見込めるのか気になることもあるでしょう。こちらでは、フリーランスとして人気のある職種ごとの年収の目安を紹介しています。

仕事内容の自由度が高い

会社員の場合、自分が配属された部署、グループなどによって、決まった仕事をこなす事が多くなり、中には不本意に思いながらやるような仕事も含まれてくることがあります。フリーランスの場合、仕事の内容を決めるのは自分次第の部分が多く、仕事内容の自由度が高いというのも魅力的なメリットです。

定年退職がない

会社員には定年退職があり、退職後にどうするかという漠然とした不安がありますが、フリーランスの場合、自分の能力を活かして個人事業主として働いていることから、定年退職がなく、生涯現役として活躍することができます。長く続けることが出来ることも、フリーランスのメリットと言う事ができます。

時間の使い方を自分で決められる

会社員の場合は、午前何時から午後何時まで、それ以上は残業のように就業時間が決まっていることがほとんどです。中にはフレックスを導入している会社もありますが、労働時間になんの制限もないというパターンはほとんどありません。

しかし、フリーランスの場合、働く曜日や時間帯を自分で決めることができます。平日5日間働き、土日休みにすることはもちろん、隔日で働いたり、平日の午後だけ働いたりできます。起業を目指している場合や、将来的に別の仕事で生計を立てたい場合、その準備を優先したスケジュールを立てることもできます。

人間関係のストレスが少ない

会社員の場合、上司や部下、同僚などとの人間関係は切っても切れないものがあり、人間関係にストレスを感じることもあるでしょう。どうしても馬が合わない相手がいたとしても、自分の都合でその人から関わらないようにすることは難しいです。

それに対して、フリーランスの場合は個人で働くため、会社員のような人間関係のストレスを少なくすることができるでしょう。どうしてもクライアントと合わない場合も、自分から契約終了の意思を示すことができます。

フリーランスのデメリット


フリーランスのメリットについてみてきましたが、フリーランスとして働く事の問題点はどのようなものがあるのでしょうか。

収入が不安定

会社員の場合、基本給、職能給、賞与などのように給与規定があり、多少増減はあるものの毎月決まった収入が見込めます。フリーランスの場合は、仕事をした分だけ収入が得られるメリットがありますが、何らかの理由で仕事ができない月があったりすると収入が得られないため、収入が不安定になるという要素も含まれています。

将来への不安を抱えやすい

自分の能力を活かして働けるというメリットもありますが、収入が不安定なことや、仕事と家庭との両立が難しく、プライベートの時間が無くなってしまうなどの不安を抱えやすくなるという問題点もあります。あくまで個人で働くため、相談相手がいないなど孤独を感じてしまう場合もあるでしょう。

フリーランスのリスクを回避するには


収入が不安定であるとか、仕事以外の雑用に追われてしまうとか、将来の漠然とした不安を回避するためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

会社員との掛け持ちからスタートする

雇用契約によって、会社員の副業が認められているケースがあります。その場合は個人事業主として届け出をきちんとした上で、フリーランスとしての収入と、会社員との収入の両方を得ることが可能です。会社員以外にも、派遣社員やアルバイトと掛け持ちをすることもあります。フリーランスのリスクを減らすことが出来るだけでなく、全体の収入アップにつながり、目標に向かって進みやすくなります。

業務委託の求人サービスを利用する

クラウドテックのように、フリーランスを支援するサービスを利用してみるのもリスク回避におすすめです。毎月一定額の報酬を得ることができ、さらに自分のワークスタイルに合わせて仕事ができるため、フリーランスの問題点を解消することができます。

フリーランス向けの案件紹介サイト・エージェントまとめ
フリーランスとして業務委託の求人を探すのであれば、案件紹介サイトやエージェントを利用するのがおすすめです。案件数の多いサービスや、実績の多いサービスなど、さまざまなサービスが存在します。自分にとって安心できるサイトやエージェントを見つけて付き合って行きましょう。

まとめ

フリーランスは自分の能力を十分に生かして仕事ができるという面でとても魅力的な働き方です。収入面など会社員に比べると不安定な部分もありますが、業務委託サービスなどを利用してリスクを回避しながら、仕事をするのも一つの方法です。

関連記事

ページ上部へ戻る