副業から起業するためのポイントと注意点

いつかは起業したいと思っても、会社を辞めて企業することになかなか踏み出せない方は多いのではないでしょうか?会社によっては副業を許可しているところもあります。そこで、副業から起業するためのポイントや、ちょっとした注意点をご紹介します。

サラリーマンが副業から起業する事例が増えている?

週末起業でリスクは少なく収入アップ

起業するにあたり、いきなり会社を退職して挑戦することは勇気が必要です。しかし、普段はサラリーマンとして会社に勤め、休日を利用して起業できればリスクを少なくスタートすることができます。

週末起業という言葉を多くの方は聞いたことがあるでしょう。会社が休みの土日などを活用しビジネスを始め、新たな収入源を得ることです。知人から仕事をもらったり、ネット上で仕事の受注を行なったり、ちょっとした時間を利用して、収入を得るサラリーマンが増えています。

副業の理由は様々

サラリーマンをしながら副業をする人たちは、それぞれ思いがあるでしょう。「自分自身のスキルアップをしたい」、「好きなことで誰かの役に立ちたい」、「少しでも多くのお金を稼ぎたい」などです。

友人や知人から仕事をもらう場合や、ネット上で仕事をもらう場合、または何かを販売する場合など、ビジネスの方法はさまざまな選択肢があります。初期費用もほとんどかけずに副業でできるビジネスも多くあるため、サラリーマンをしながら副業をする人が増えてきているのです。

副業から起業する際の注意点とは

仕事,ビジネス,kuguru,クグル,くぐる

副業禁止の規定の有無を確認

副業で起業する場合、注意点があります。いざ副業で起業をしようと思っても、勤めている会社の規定で副業を禁止されている場合があるため、まずは会社に副業を行なっても大丈夫か確認をしましょう。

副業が許可されていても、情報漏えいに繋がることや、会社が不利益になることなどは規定で禁止されていることがあります。また、会社で副業が禁止されている場合は、副業が会社に知られたとき罰を受けることがあるため、注意が必要です。

本業の会社の理解を得る

会社の規定を確認し副業OKであれば、堂々と副業を進められます。しかし、会社が副業を認めていなければ、状況によっては起業したビジネスから手を引かなくてはならないかもしれません。

サラリーマンをしながら起業するためには、勤めている会社の理解が大きな力となります。副業が禁止されていれば、副業をあきらめるか、隠れて副業をする場合があるかもしれません。しかし、会社からの理解があれば同僚や上司などに相談することもできます。まずは会社からの理解を得ましょう。

起業を成功させるためのポイント

継続できる時間の確保

起業を成功させるためのポイントは、「いかに継続して時間を確保し、進めていけるか」です。サラリーマンをしながら起業する場合、勤めている会社への出勤時間は当然拘束されます。しかし、それ以外の時間は自分の時間として活用できるため、副業を進める時間として活用ができます。

土日などの休日や、平日の仕事が終わってからの時間。または仕事が始まる前の朝早い時間などを副業の時間として確保し、継続していけることが起業を成功させる第一歩となります。まずは副業の時間を継続して確保できるよう、日々の生活リズムを組み立ててみましょう。

ビジネスの流れを確認

起業をしてから何を売ってビジネスをするのか、0から10までを考え実行していく必要があります。これはサラリーマンではなかなか経験できないことでしょう。

売りたい商品が「自分のスキル」や「時間」なのか、「物」なのかさまざまありますが、商品を用意し、買ってくれるお客様を見つける必要があります。そのためには営業力や行動力が必要です。

営業経験がなくて不安な場合、人と会わずにネット上で仕事を受注することができます。また、知人などに自分の商品をアピールし、率直な感想などアドバイスをもらうのもいいでしょう。まずは売りたい商品を考え、買ってくれるお客様が利用してくれるまでの流れを確認しましょう。

小さな仕事でも誠心誠意の対応を

簡単な仕事でも実績をつくり信頼を得られると、売上の大きい仕事をもらえることがあります。サラリーマンをしながら起業するということは、限られた時間でどのように進めていくかがポイントになってくるため、小さな仕事でも誠心誠意の対応をしましょう。

大きな仕事ばかりを得ようと必死になれば、お客様は小さな仕事をお願いしづらくなるかもしれません。心に余裕を持ち、お客様とこまめにコミュニケーションを図り、小さな仕事でも相談してもらいやすい関係を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?副業を許可している会社は増えてきており、副業から起業するサラリーマンは多くいます。副業を考えている場合、まずは会社に副業OKか確認し、副業をする時間を確保することが大事です。そして売上をあげるまでのさまざまな経験を得て、副業での起業を成功させましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る