「ベンチマーク」とは?業界で異なる4つの意味をご紹介!

事業を行う際に、企画を立てるときに必要となってくる「ベンチマーク」。その意味が業界によって異なることを知っていましたか?ここでは「ベンチマーク」の意味と、業界により異なる使い方について解説していきます。

「ベンチマーク」とは?

「ベンチマーク」の大まかな意味

もともと「ベンチマーク」は測量の世界で使われる単語でした。建築物などの高さや位置、相対的高低差を定める測量をする際の水準点、基準点のことをベンチマークといいます。そこから転じて、金融、株式市場などでの指標、基準などの意味でも使われるようになってきました。一般的には、何かを比較する際の評価基準を意味します。

様々な分野で使われる用語!

測量の世界だけでなく、様々な分野で使われるようになった「ベンチマーク」。そのほか主に使われるのはIT、経営、投資信託、自動車分野です。しかし使われる分野によって使い方が異なるので注意が必要です。

IT分野での「ベンチマーク」

「性能の指標」を示す用語

IT分野での「ベンチマーク」は主に「指標」を意味し、ハードウエア、ソフトウエアの性能や動作速度を測定する際に使用されます。

例えば、性能・動作速度を調整、評価するための基準といった意味での使用です。1つまたは複数のプログラムを実行した結果を比較して評価しますが、この結果を「ベンチマークスコア」と呼びます。

テストを行いスコアを記録する

「ベンチマークテスト」はコンピューターの性能を比較することを指し、同じ種類の製品を比較するテストです。実際にはテスト用のプログラムを実行し、ソフトウエアやハードウエアの性能を測定します。テストでは部分的な性能評価から、システム全体の性能評価を行う場合もあります。

具体的な数字をもとに評価できる点が、ベンチマークテストを行う意義になるでしょう。またオンラインゲームなどでは「ベンチマークテスト版」を配信することもあり、これは動作検証の意味もありますが宣伝目的も含まれます。

経営分野での「ベンチマーク」

「経営の目標」を示す用語

経営分野でのベンチマークは、より優れた経営手法などを取り入れる際に有効な手段として使用されます。競合他社や優良企業など、指標となりうる企業や事業を設定し、自社との比較・分析を行うのです。これにより自社の問題点が明らかになるとともに、優良事例を取り入れることで効率的に状況を改善することができます。

目標の設定に関しては、自社に近い競合他社を設定するのが最も分析しやすいといえるでしょう。身近な競合他社がない場合は、優良企業をベンチマークに設定することもあります。また、異業種を目標に設定することも効果的です。

「ベンチマーキング」とも呼ぶ

「ベンチマーキング」は業界内の優良な経営手法やプロセスと自社の手法を比較し、問題点を明確にして経営改善につなげる手法です。経営立て直し策などでベンチマーク手法が使われることがあります。優良事例をそのまま取り入れるのではなく、自社の実態に合わせて変化させ、自社にとってよりよいシステムや問題解決につなげることが必要です。

投資信託分野での「ベンチマーク」

「市場平均」を示す用語

投資信託分野でも「ベンチマーク」が使われますが、この場合「市場平均」を示す指標です。株式投資の場合は、銘柄や投資信託の収益性などを評価するために使用されます。日本株式に投資する投資信託の場合、日経225種平均株価やTOPIX(東証株価指数)などがベンチマークにあたり、この場合「ベンチマークを上回る」「下回る」といった使い方をされます。

絶対的な水準ではない

しかしベンチマークは絶対的な水準ではありません。それぞれの収益性を評価する「指標」であり、あくまでも目安であるため注意が必要です。場合によっては運用成績がマイナスになり、損害額が発生することがあります。市場動向を見極め、投資のリスクを考える必要があります。

自動車分野での「ベンチマーク」

「目標となる車」を示す用語

「基準」という意味だけでなく、「目標となる車」といった意味を示します。例えば新車が発売された際、それが完成度の高い車であった時は次期車種の開発に向けたベンチマークとされるのです。また、新車でなくともベンチマークにされる車もあり、歴代で評価の高い車種や特に人気の高かったもの、画期的なものなどが該当します。

頻繁にベンチマークが変わる

自動車分野での使い方は他の3つの分野とは少し異なり、ベンチマークが頻繁に変わるという特徴を持っています。新車が発売されるたびにベンチマークされ、さらに完成度が高い車が発売されるため、次々にベンチマークが変わってしまうのです。また、乗り心地、燃費、安全性などの性能面だけ見てもベンチマークは変わってきます。

まとめ

さまざまな分野で使用される「ベンチマーク」という用語。それぞれの分野での使い方をしっかり押さえ、使い間違えのないようにしたいものです。また、何かをはじめる際や企画・開発する際には有効な手段であるともいえるので、ビジネスに取り入れてみるとよいかもしれません。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る