派遣Webデザイナーとして働く!人気の派遣会社と気になる時給

WebデザイナーはWEBサイト上の基本デザインから、HTMLコーディングなどを行う職業のことを指します。派遣でWebデザイナーとして働く場合、正社員とどのような違いがあるのでしょうか。今回は、派遣Webデザイナーとして働くときの働き方やメリット、時給相場などをご紹介します。

Webデザイナーとして派遣で働く


Webデザイナーを派遣社員として行う場合、正社員と仕事内容があまり変わらないことが多く、アルバイトで入るときよりも雑務が少ないことがほとんどです。Webデザイナーは仕事の幅が広く、すべてを自分一人で行うには大変な職業です。そのため仕事内容によっては、行う業務を分担することがあります。

派遣会社に登録する際に、苦手な業務を派遣会社に伝えておくと考慮してもらえることもあり、働くことへのストレスを減らすこともできます。このように自分の苦手な業務を行わなくてもいい働き方ができることも派遣の特徴です。

デザイナーが派遣で働くメリットとは

正社員と同等の福利厚生を受けることができる

派遣先の職場にある福利厚生は、派遣先によって正社員同様に受けることできます。例えばウォーターサーバーの使用やコーヒーサーバーなどの使用料も正社員と同額なことがあります。ただし福利厚生を受けることができるかは派遣先で変わってしまうため、事前に確認しておくと良いでしょう。

サービス残業がほとんどない

派遣社員は時給での仕事になるため、サービス残業がほとんどありません。派遣先でサービス残業を強要される場合は、派遣会社へ相談することで解決できることもあるため相談してみましょう。

派遣先によっては残業が発生することもありますが、残業代や深夜残業手当も基本的に出ます。正社員の場合は、みなし残業などで残業代が全くでないこともあるため、派遣社員の方が残業面の待遇は良いと言えます。

社内イベントなどへの参加の義務がない

新入社員歓迎会や新年会、忘年会など社内で行われるイベントに参加する必要がありません。イベントへの参加義務がないので、イベント後に自分の時間がとられることがなく、時間を好きなように使えることができます。

また、そういったイベントに参加したい方は、その趣旨を伝えておくと社内イベントへの参加ができることがあります。

人には聞けないデザイナーの時給相場

スキルによって時給は変わる

当然ではありますが、Webデザイナーのスキルによって時給は変わり、1人ですべての業務を行うことができる方は時給が高くなります。また最新やソフトを知っている方も時給が高くなることがあるので、業種の成長スピードが速いWebデザイナーは常に勉強が必要になります。

自分のできる業務を増やしていき、仕事効率も上げることにより時給を上げることも可能です。ただし時給が高い派遣先は業務も過激なことが多く、その分大変な職場になることもあります。

時給相場

他の業種同様に、派遣先の地域によって時給は変わり、全国の時給平均は約1200円程度ですが、一番高いのは関東になります。次に東海・関西となり、他地域はそれほど大差がないようです。関東では、首都圏に近くなればなるほど時給が上がる傾向にあります。

また派遣先の待遇や自分のスキル、地域などで時給が変わってきます。大手企業の方が高時給になることが多いので、高時給を求めるときは大手企業への派遣を希望しましょう。

デザイナー求人が見つかる派遣会社

PASONA

誰もが自由な仕事を選択し、それぞれの生活スタイルに合わせた働き方ができる社会の実現を目指している派遣会社です。ホームページでは派遣について詳しく書いてあり、初めて派遣として働く方でも安心して仕事を始めることができることでしょう。またビジネスマナーの紹介ページなどもあり、初めて仕事をする方もしっかりとサポートしてくれます。

自分がやりたい仕事に就くために必要な専門知識を身につけることができる講座も開催しており、Webデザイナーなどの専門職へ就くサポートもしっかりと行っている派遣会社です。

リクナビ派遣

就職や転職などでよく見かけるリクルートグループが展開しているサービスで、派遣会社としても数多くの仕事先を提供しています。その業種の仕事内容もサイトページを見ればすぐに知ることができるため、気になる業種があれば仕事内容を簡単に調べることができます。

地域ごとに派遣先を探すことができ、業種の平均時給を地域ごとに見ることができるのも大変便利です。またその仕事の特徴なども載っているため、自分が行いたい仕事の特徴などから探すこともできます。

まとめ

派遣でWebデザイナーの仕事をすると、正社員並みの福利厚生を受けることができて、残業も少ないことが多く自分の時間を自由に使えるメリットもありますので、派遣として働くことも検討してみると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る