個人事業主とフリーランスの違いは?開業届の必要性や税金の種類

個人事業主とフリーランスは、厳密に言うと意味が異なります。意味の違いに加え、開業届の必要性や支払うべき税金の種類について解説します。さらに、個人事業主やフリーランスと合わせて想起しやすいフリーターや派遣社員との違いも紹介します。

個人事業主とフリーランスの違いは?

個人事業主とは税務上の区分

個人事業主というのは税務上の区分になり、株式会社等の法人を設立せず自身で事業を行っている人の事を指します。この場合、得た収入の所得区分は事業所得という形で申告します。また、このような申告のために、開業時に開業届を出さなくてはなりません。節税効果の高いことで知られている「青色申告」を行うためには、開業届が必須となります。

ちなみに、「自営業者」と個人事業主はほとんど同義で使われます。自営業というと、個人経営の飲食店や小売業、エステサロンなど店舗を持ったものが想起されやすいでしょう。

フリーランスとは働くスタイル

フリーランスというのは働くスタイルの事を指します。会社員とは違い、フリーランスというのは特定の組織に属する事なく、仕事ごとに契約を結ぶ働き方です。契約の結び方に選択肢があり、働く場所や時間の拘束がないこともあります。

フリーランスとフリーターと派遣

フリーターとフリーランスは全く違う

フリーターとフリーランスは言葉が似ているせいか混同されやすいですが、両者は全く異なった存在です。前述した通り、フリーランスは特定の企業に雇われるという事はなく、様々なクライアントと契約を結び専門的知識やスキルを提供します。そしてその対価として報酬を得るという労働スタイルです。

フリーターはフリーランスアルバイターの略

フリーターとは、フリーランスアルバイトの略です。厚生労働省の定義によると、フリーターは15歳~34歳の卒業者(在学者を除く)で、パート・アルバイトで働いている人、もしくは働こうとしている人を指します。基本的には企業と雇用契約を結び、決まった時間に決まった場所で一定の労務を行います。その対価として給与を得て生計を立てるといった労働スタイルです。

派遣は企業との雇用関係がある

そして、フリーランスと派遣もまた混同しやすいため注意しましょう。派遣は派遣元企業との雇用関係が成立しているため、その点がフリーランスと大きく異なります。派遣の場合は「労働基準法」が適応されますが、フリーランスの場合は適応されません。そのため派遣の場合は、企業から保険や年金などの手続きや支払いのサポートを受けることができます。

個人事業主になるには?申請は必要?

開業届を提出する

個人事業主になるには、まず税務署へ開業届を提出しましょう。開業届は「新しく事業を開始した」ということを税務署に報告するためものであり、基本的には開業後1ヶ月以内に提出する必要があります。

事業に必要なものを用意する

行う事業にもよりますが、仕事を行う上で必要なものを準備しましょう。オフィスをもつ場合や車を使う場合は、事前に準備が必要です。事業のための出費は経費に計上することができます。どのような経費の項目に計上できるかは、下記の記事を参考にしてください。

フリーランス・個人事業主必見!経費で落とせる費用と注意点
フリーランス・個人事業主の方向けに、どのような費用が経費として計上できるのかを紹介しています。開業費や消耗品費、接待交際費など各勘定科目について理解したうえで、正しく経費管理を出来るようにしましょう。

個人事業主の仕事紹介

個人事業主として仕事を行うには、まずクライアントを探す必要があるでしょう。自身で直接企業に営業をかけても良いのですが、現在はクラウドソーシングサービスやマッチングサービスが豊富にあるため、利用するのも手です。

ちょっとした合間にできる仕事から大きなプロジェクトまでが揃っているため、自身のスキルや適正、求めているものに合致した案件を探しましょう。あるいは、個人事業主の場合は何か物を作って販売する等、直接エンドユーザーとやりとりをする方法も考えられます。

フリーランスの仕事の探し方

フリーランスの仕事探し

フリーランスにおける仕事探しはクラウドソーシングサービス等の躍進により、昔に比べるとやりやすくなりました。ですが、それはあくまでもマッチングという面においての話であり、いまだにフリーランスが不安定な立場である事に変わりはありません。下記のような記事を参考に、仕事の取り方や取れなくなった時の対処法を学んでおきましょう。

フリーランスが仕事がないときにやるべきこと
フリーランスの方向けの仕事の取り方や、仕事がない期間に準備しておくべきことについて解説しています。

ホームページを作る

また、フリーランスの方はホームページを作り、自身のスキルやポートフォリオを世の中に対して発信しておく事も大切です。基本的にはフリーランスは黙っていても仕事が来るという事はないため、自分で自分をPRし、そこから仕事に繋げていく努力も必要でしょう。また見やすいポートフォリオサイトを用意しておく事は、応募した案件の受注確率を上げることにも繋がります。

違法な業務に巻き込まれないよう注意

フリーランスは確かにメリットも多いですが、基本的に労働法の外にいる存在であるという認識が必要です。サラリーマンやアルバイト等であれば最低賃金は保障されていますし、社会保険や有給等の制度も整備されています。

しかしフリーランスにはそのような制度はないため、一歩間違えれば最低賃金を下回る額で働かなければならない状態にもなり得ます。それらは現状では違法行為とはならないため、フリーランスになるのであれば、自分の身は自分で守るという事を心がけましょう。

税金の種類あれこれ

気になる所得税や消費税

フリーランスで働いて得たお金は、基本的には事業所得という扱いになるため、所得税が課されます。所得税は累進課税になるため所得が多ければ多いほど税率も高く設定されます。また、フリーランスは消費税を納める義務もありますが、前々年の売上が1,000万円を超えていなければ免税事業者となり、消費税を納める義務は免除されます。

源泉徴収もしっかり押さえておこう

フリーランスとして報酬を受け取る際は、源泉徴収がされていたりされていなかったりとまちまちです。その辺りはクライアント次第ですが、もし、源泉徴収を希望する場合(あるいはその逆も)はその旨をしっかりとクライアントに伝えておきましょう。

確定申告の方法

税金の払い忘れや、過払いをなくすために、正しく確定申告をすることが大切です。フリーランス・個人事業主の方に特化した本も販売されているので、参考にしてみてください。また、税務署などの窓口で直接質問することも可能です。

まとめ

フリーランスとして働く事にはメリットも多い反面、どうしてもデメリットもついて回ります。人によって向き不向きもありますが、それらのデメリットとどのように付き合っていくかが大切になるため、フリーランスを志す場合は業務に関わるもの以外にも様々な勉強が必要となるでしょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る