初心者でもわかるeclipseの使い方!OS別に解説

プログラミングの負担を軽くしてくれるeclipseは、有効に活用することができれば作業効率も大幅に上がる可能性があります。使うためには、インストールする必要があるので環境を整えておくことが大切です。今回は、OS別にeclipseの導入方法を解説し、使い方も説明していきます。

eclipseとは?


eclipseとは、どのようなものでどんな使用用途があるのかを説明していきます。具体的に何ができるのかを理解することで、しっかり学ぶ心構えが芽生えてくるはずです。

総合開発環境の一つであり、IBMが開発したプログラミングの開発環境になります。2001年には無償で入手できるようになりました。プログラミング言語のJavaで作られたアプリケーションになり、プログラミングを行う際に役立つ環境です。

Java以外にも、PHPやC++などの言語にも対応しており、多種多様に使えるのが特徴になります。そのため、プログラマー、エンジニアの方にとって利便性が高い開発環境です。eclipseを活用して、様々なアプリの開発をする際の負担を軽減することができます。とくにJavaを使って開発を行っている企業にとって、利便性が高い開発環境です。

eclipseの使い方-Windows編-


eclipseは、始めからパソコンに備わっているわけではないので、インストールをする必要があります。ここでは、Windowsでeclipseを起動するための方法を説明していきます。

インストール

Windowsでインストールするためには、Pleiades All in Oneを使うのが有効です。日本語化している環境であるため、比較的理解しやすく初めて導入する方でも迷わずインストールできます。

インストールの際は、Zipファイルになり1GBという大きなデータになるので解凍には時間がかかるでしょう。ただ、別でJavaなどを導入する必要がないため一定時間待てばすぐにeclipseを導入できます。

また、使用しているOSが36bitか64bitかでインストーラが違いますので、事前に確認しておかなければなりません。

起動

解凍が全て終わったら起動することができ、日本語化も完了しているためすぐに初期設定をして開始することが可能です。

eclipseの使い方-Mac編-


Macの場合はどのようにeclipseを入手すればいいのかを説明していきます。環境が整っているなら、すぐにでもイントールして学ぶことができるでしょう。

インストール

Mac専用のダウンロードサイトからインストールをします。「Eclipse IDE for Java EE Developers」をインストールし、処理が終わるのを待てば完了です。

起動

インストールが終わったらすぐに起動できますが、日本語化をするためすぐには起動しないほうがいいでしょう。表示が日本語になったほうが理解しやすいので、始めてから迷うことが少なくなります。

eclipseの使い方

eclipseを実際に活用するには、どのような方法を取ればいいのかを解説していきます。

初期設定

基本的には「設定」をクリックして、各種設定を行うことが可能です。新しい機能を利用するために、初期設定で使えるように操作していくことが重要になります。とくに新しいJavaの新しい文法を利用できる、「コンパイラ準拠バージョンの設定」を行いましょう。

Javaからコンパイラで設定することができ、最新の「1.8」を選ぶことで完了です。また、文字コードも「Utf-8」がスタンダートとなっているため、ワークスペースで設定しておく必要があります。

プロジェクトの作成

eclipse.exeを実行するとeclipseを起動することが可能です。始めにプロジェクトを作成しなければなりません。「パッケージエクスプローラー」で右クリックして、Javaのプロジェクトを選択しましょう。

名前を付けて、必要なときに自分専用のプロジェクトとして活用することができます。複雑な設定は、操作をしっかり理解してから変更することができるのため、初めは最低限の設定をするだけで問題ないはずです。

クラスの作成

「新規作成」から、メインとなるクラスを作っていきます。クラス名を入れたら、「public static …」、「コメントの生成」を選択して完了をクリックしましょう。終わったらエディタにクラスが表示されます。

実行

メニューを選択し実行をクリックし、「Javaアプリケーション」を選びます。「Hello, World」。
という画面が出たら実行完了です。

eclipseのチュートリアルの使い方


eclipseを起動すると、「Hello World」という表示が出るはずです。そこからチュートリアルを開始することができますので、詳しいやり方を説明します。

画面に表示される「Hello Worldアプリケーションの作成」をクリックするとチュートリアルが開始。このチュートリアルは、作業が完了するとチェックが付くので分かりやすい仕様になっています。作業項目の説明の詳細が表示され、使わない項目が閉じられるので、必要なチュートリアルに集中することが可能です。

まとめ

eclipseは、OSによってインストール方法が少し異なり、初期設定で必要なことも異なります。インストール後すぐに起動させることもできますが、できれば日本語化をして最新の文法が使える状態にすることをおすすめします。初めて操作する方は、しっかりチュートリアルを完了してから本格的に使うのがいいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る