按分(あんぶん)ってなに?配賦や配分との違いは?

個人事業主や、初めて自分で確定申告をする際、経費の「按分計算」が必要と聞いたことがあるのではないでしょうか。そこで今回は、そもそも「按分」とはいったいどんな意味の言葉でどのように計算すればいいのか、またほかの似た言葉との違いを説明していきます。

「按分」とはどんな意味?

まずは「按分」とはどのような意味を指す言葉なのでしょうか。いくつか言い回しがあるため、それぞれの意味をしっかり理解することが大切です。 

読み方は「あんぶん」

「按分」の読み方は「あんぶん」となり、物を割り振る、または分配するといった意味です。光熱費などを分ける、分量を割り振るという言葉になります。

英語ではdistribution

英語では「distribution」という言葉であり、分布、配給、散布といった意味を指します。富を分けるときにも使われ、生き物が分布しているという言い回しもあるのです。そのため物、動物問わず広い意味で使い分けられる言葉と認知しておきましょう。

基準となる数量に比例して割り振る

ビジネスシーンでは、経費を私用と業務用に分ける際に使われる機会が多く、「経費を按分する」と言われます。按分する際には、基準となる金額、または分量の比率を算出し、それに応じて割り振られるのです。

配賦や案分などの類語

物を振り分ける、割り振るなどの意味で使われる按分ですが、類義語も多く存在します。具体的にどのような言葉が挙げられるのかを見ていきましょう。

配賦とは

実際に費用を振り分けるときには、「配賦」という言葉が使われます。基本的に配賦は、部品や製品に対して使われ費用配分を行うときに使用される会計用語です。

例えばお店に入ったときに、お勘定を割り勘することになったとしましょう。その際一人あたりいくらになるのか割り振る計算のことが配賦です。また配賦は、厳密には割り切れない量に対しては使うことができません。全体量から基準を決めて割り振る場合に「按分」を使い、ニュアンスが少し違います。

案分との違い

「按分」と「案分」は、意味はほとんど変わりません。基本的に表記が違うだけなのですが、「按」という漢字が常用漢字ではなく、意味が伝わりにくい傾向があり、伝わりやすくするために「案分」という表記が用いられたとされています。

等分との違い

「等分」は、物などを分ける際等しく分配する意味です。1ホールのケーキを3人で等しく分けることなどを等分と言います。比率を計算して振り分ける案分は、常に等しい量を分けるとは限りません。そのためそれぞれの言葉には分量、比率の計算方法に違いがあるのです。

配分との違い

「配分」は、厳密には物を分けるとき限定で使わる言葉です。「利益を配分する」ときに使用しても意味は通りやすいですが、お金に関することは「分配」が使われます。

また案分と配分は、おおまかな意味ではどちらも同じになりますが、全体量の比率を求める計算を按分、物を分ける行為自体を配分とニュアンスが違うと認識するのがいいでしょう。

按分計算とは?

実際に按分計算とは、どのようなことをすればいいのかを解説していきます。適切なやり方を学び、認識を違わないよう明確にしていきましょう。

フリーランスにも必須の知識

按分計算は、経費を生活費と事業費に分けるといったように、経費計算に必要になるため、フリーランスの方や、自分で確定申告をする方にとって大事なことです。したがって按分計算の方法を理解することが重要になります。

按分計算では基準となる数字が定まっていないため、結果次第で大きく変動する可能性があると認識しておいたほうがいいでしょう。

具体的な計算方法と計算式

按分計算の具体的な計算式を、経費を例に挙げて説明していきます。確定申告で経費を含める場合、私用と事業用に分けて正確に割り出さなければなりません。そのためにはまず基準となることを定める必要があります。

使用した面積と日数、時間を基準とするのがいいでしょう。自宅で仕事を行っているとき、4割が仕事部屋だとします。すると10割の電気代のうち4割が事業費、残りは私用と算出することが可能です。つまり費用の4割が事業費として確定申告時に計上できることになるのです。

エクセルに頼ろう

按分計算は、電卓などを使って自分で計算することも可能です。しかし正確に結果を割り出すには、「エクセル」を使うのがいいでしょう。関数で自動的に計算してくれるため、必要な事項と費用を記入すれば自分で行うよりも正確に割り出すことができます。カテゴリごとに分けることができ、表でまとめるので計算しやすくなるはずです。

まとめ

按分は、物を分けるときに使われ同義語が多く存在します。基本的には会計用語になるので、経費を計算する意味で使われることが多いです。按分計算は、フリーランスの方が生活費の算出をするときに必要になります。そのため適切な方法を理解し、確定申告時に計上できるよう、エクセルなどを利用しましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る