「リスケ」とは?意味や使い方、例文など徹底解説!

ビジネスシーンで何となく増えてきているリスケという言葉。「リスケして」と言われて、いったい何のこと?!と戸惑った経験がある方も少なくないのではないでしょうか。ここではビジネスでの「リスケ」の正しい用法をメール文例も交えて解説します。

リスケってどういう意味?

英語では計画を変更すること

「リスケ」とは英語の「re-schedule(リ・スケジュール)」を略したカタカナ語で、もともとは「計画を変更すること」を意味します。具体的には予定の前倒しや納期の延期など、全体的なスケジュールの見直しといったニュアンスを含みます。

そのため、ビジネスでは広く使われている表現の1つですが、実は業界や使うシーンによって意味が異なってきます。もともとの意味を知って正しく使えるようにしましょう。

ビジネスと金融業界では意味が異なる

「リスケ」とはもともと金融業界で使われている専門用語であり、ビジネスでよく使われている用法とは異なります。金融業界での「リスケ」とは、「返済期間や借り入れ条件の変更」といった意味です。

銀行から資金を借りた企業が予定通りに返済するのが難しくなった場合、企業は条件変更を銀行に申し入れなくてはなりません。そうなると銀行側は経営に問題ありと判断しますから、再び融資を受けられる可能性が下がってしまいます。本来の「リスケ」には、非常に深刻な背景があったのです。

金融業界ではもちろんですが、ビジネスシーンでも先延ばしの意味合いが強く、どちらかといえばネガティブなイメージで使われることが多いといえるでしょう。

リスケの使い方例


リスケは先延ばしと言ったイメージを含む用語です。だからこそ相手方に失礼な印象を与えないように気をつけながら、スムーズに使えるようにしましょう。

ここでは具体的に事例をあげながら、使い方を解説します。

「訪問日をリスケしておいてください」

取引先などに訪問する予定をしているときに、先方の担当者が不在であることが判明した、都合が悪くなったなどの理由によって、訪問日を変更してほしいと伝えるときに便利な言い回しです。

たとえば同行予定の上司・同僚・部下などに対して、予定の再調整をリクエストするときに使えます。他の例としては、自分のスケジューリングを別の人にお願いしている場合、例えば秘書や部下などにリスケをお願いしたいときにも使えます。

「リスケの申し入れがありました」

ビジネスでは、顧客や取引先・関係業者からリスケの依頼を受けることもよくあります。たとえばクライアントから予定変更の要望があったことを上司や社内に知らせたいときに使用します。

打ち合わせ日のほか、出張・会議・納期といった重要な要件に使われることも多いため、無理なリスケの要求に対しては上司に相談するのが無難でしょう。

「返済が苦しいのでリスケを相談したい」

銀行などからお金を借りたものの、従来の計画通りでは返済が苦しく、返済条件変更の申し入れをしたいときに使います。

ただし、資金を借り入れているときには、余程のことがない限り金額や返済期間の変更は厳しいのが一般的です。申し入れが通ったとしても信用を失ってしまいますから、安易には使わないでください。どうしても必要なときには、理由を伝えて誠心誠意お願いしましょう。

メールでリスケをお願いするときは?


それではリスケをお願いするときのポイントを見てみましょう。

まずは直接か電話で申し入れをする

既に計画が進んでいる、時間を確保頂いている場合もありますから、メールだけで済ませようとすると先方に好ましくない印象を与える可能性があります。必要が生じた場合には相手に対面または電話で直接お詫びすると共にリスケを申し入れましょう。

日が近づけば近づくほど相手への影響も大きくなりますので、1日も早く相談するようにします。

メールでは変更内容を確実に伝える

電話だけでは記録として残りません。お詫びとリスケ依頼を直接口頭で伝えたあと、変更内容をメールで伝えるようにするのが確実です。いったん合意した日程を、こちら側の都合で変更を申し入れるのですから、低姿勢で丁寧にお願いする文章を心がけましょう。

また、再度のリスケは信頼を大きく損ないますので、二度目がないよう慎重に行うようにします。

リスケを伝えるメール文例

低姿勢でお願いするときに便利なのが「恐れ入りますが」「ご無理を申し上げますが」「大変恐縮ですが」といった言い回しです。こういった表現を添えることで全体的に柔らかな印象となりますので、相手も心情的に受け入れやすくなります。

「こちらの勝手な都合でご無理を申し上げますが、ご検討のほどよろしくお願い申し上げます」といった形で活用しましょう。

リスケを使うときの注意点

使う相手を選ぶこと

リスケは横文字のカタカナ語で軽い印象を与えることがあります。相手によってはイライラさせてしまう可能性があることを留意しましょう。

大事な取引先や上司に対してのリスケには特に注意が必要です。「日程の変更をお願いするのは可能でしょうか」など、なるべく横文字を避けながら伝えるのが無難でしょう。

また、リスケという言葉が通じるのは日本のみです。外国の方相手には使わないように心がけます。

乱用は信用を損ねる

リスケという言葉そのものが、そもそもネガティブな意味で使われる略語です。信用にも影響することがありますので、乱用は避けて必要なときにだけ効果的に使いましょう。

カタカナの略語は特に軽い印象を与えます。リスケが必要な状況を極力避けることが大前提ですから、正しく使えないとさらに、単なる薄っぺらな人と誤解されてしまう可能性があります。

まとめ

リスケは既に決まっている予定や計画の変更という形で幅広く活用できる言葉です。一方でビジネスでは主に先延ばしといったネガティブな意味で使われるカタカナの略語で、軽い印象を与えます。便利な表現だからこそ、相手やシーンを選びながら慎重に活用するように心がけましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る