「致します」の意味と用法|漢字とひらがなどっちが正しいの?

ビジネスメールの文面で頻繁に使われる「~致します」という表現。便利な敬語のため、毎日のように使っている人もいるかもしれません。しかし、漢字の「致します」とひらがなの「いたします」はどちらが正しいのか、気になったことはないでしょうか?今回は、「致します」の意味と用法について改めて確認してみましょう。

「致します」の意味は?

お辞儀,謝罪,kuguru,クグル,くぐる

「いたす」+「ます」の敬語

「いたします」は、「~する」の謙譲語である「いたす」に、「ます」という丁寧語が付いた敬語です。「します」だけだと丁寧語ですが、より相手に敬意を伝えたいとき、自分から率先してものごとを行う姿勢を見せたいときには「いたします」を使います。

~するの謙譲語

「いたします」は「~する」の謙譲語ということを説明しましたが、謙譲語とは何でしょうか?敬語には尊敬語、謙譲語、丁寧語の3種類があります。尊敬語は相手を立てる言葉、謙譲語は自分がへりくだる言葉を使うことで相手を立てます。丁寧語は相手を問わず丁寧な表現をするときに使用する言葉です。
「する」を尊敬語、謙譲語、丁寧語にして考えてみましょう。

尊敬語:「される」「なさる」
謙譲語:「いたす」
丁寧語:「します」

より丁寧に伝える

「いたします」は謙譲語と丁寧語が合わさった言葉なので、自分を下に見せながら相手に丁寧な表現をしています。これにより、相手により丁寧な意志を伝えることができるというわけです。

漢字で書くのは間違い?

ビジネスシーンでは、「いたします」の他に「致します」と漢字表記がされているのを見かけます。ひらがなと漢字の違いについて考えてみましょう。

自分の行動の言い切りは漢字

「いたす」には動詞としての意味もあります。「届くようにする、至らせる」「そのことが原因で、よくない結果が引き起こされる」「全力で行う」などです。この場合は主語が自分になり、謙譲語でなくなります。この場合、漢字表記が使われることが多いです。

補助動詞としてはひらがな

「いたす」は補助動詞としての意味も持ちます。「お」や「御(ご」をつけた形で用いられる場合が多く、ひらがな表記を使用します。

公用文ではひらがな

公用文で補助動詞を使用するときは、ひらがなを使うことが定められています(文化庁の内閣訓令第1号『公⽤⽂における漢字使⽤等について』)。公用文とは、国や公共団体から出される文や法令などに用いる文章のことを指します。したがって、「いたします」も補助動詞として使用される際はひらがな表記となるのです。

「致します」の間違った使い方

お願い致しますはNG

「いたします」が間違った使い方がされる例も多くみられます。「お願いいたします」の際に使われる「いたします」は前述のとおり補助動詞です。ここで漢字を使うと動詞的な意味になってしまいますので、「お願いいたします」というひらがな表記が正しい使い方です。パソコンで変換すると「よろしくお願い致します」と漢字表記の候補が出てくるため、間違えてしまうという方も多いのかもしれません。

「致します」の連続使用

また、「いたします」の連続使用についても注意が必要です。「お願いいたします」が便利だからといって、メールの文末全てに使ってはいないでしょうか?言葉として間違ってはいなくても文章のバランスが悪くなりますので、別の言葉で置き換えるように心がけましょう。

例:「お世話になっております。先日お送りした資料ですが、○日までにご返信をお願いいたします。その際、○○も添付いただきますようお願いいたします。よろしくお願いいたします」

 →「お世話になっております。先日お送りした資料ですが、○日までにご返信いただければ幸いです。その際、○○も添付いただければと存じます。よろしくお願いいたします」

謙譲語と尊敬語の混乱

飲食店などで目上の人にメニューを選んでもらう際、「どちらにいたしますか?」と言ってしまってはいないでしょうか。また上司に参加の可否を聞く際、「参加いたしますか?」などと聞いてはいないでしょうか。

「いたします」は謙譲語であり、自分をへりくだって相手を立たせる表現です。上記の2つの例文はどちらも相手を立たせなければならない場面で、謙譲語を使ってしまっています。ここでは「どちらになさいますか?」「参加されますか?」といった言い方が正しい表現です。とっさに使ってしまいがちな間違いですので、注意しましょう。

穴埋め理解度チェックをしよう


「いたします」の意味と用法について詳しく解説してきましたが、ここで理解度のチェックをしてみましょう。下記の空欄には、「いたします」と「致します」のどちらが入るでしょうか?

問題が発生・・ました

相手に問題が発生したことを丁寧に伝えたい場合は、「いたしました」はひらがなになります。

不徳の・・ところ

動詞として「致す」を使っています。「そのことが原因で、よくない結果が引き起こされる」という意味での使い方になるので、漢字を使います。

まとめ

「いたします」と「致します」の違いは、ぱっと見るだけではわかりにくいこともあるかもしれません。しかし相手に良かれと思って敬語を使っても、間違っていては失礼になってしまいます。失礼にならないよう、しっかりと意味を理解し、気を付けていきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る