未経験から独学でプログラマーになるには?年収や言語も解説!

そう遠くない未来、AIによって代替されてしまう仕事が多いと予想されていますが、逆にそのAIの保守や運用を行うプログラマーの需要は伸びるのではないかと考えられています。多くの技術や知識が要求されるプログラマー職ですが、未経験から独学で就くことは可能なのでしょうか。

プログラマー(pg)の仕事内容は?

SEからの企画書を基にシステム開発

プログラマーの仕事内容は、基本的にはSEが作成した企画書を元に実際のプログラムを記述するものになります、具体的には、プログラミング言語(命令)と呼ばれるテキストでシステムの挙動を操作したり、決まった処理を行わせるといったものが挙げられます。

プログラマー平均年収は約400万円

年収比較サイトによると、プラグラマーの平均年収はおよそ400万円と言われており、月収で言うと、約29万円です。言語別の収入としては、最も収入が高いものはScalaとなり、年収400万円〜。次いでRubyが人気となっており、その年収は395万円〜となっています。そして第三位がSwiftで、年収388万円〜という結果となっており、プログラマーの数が少ない言語が高めの年収で募集されているという形になっています。

システムエンジニア(SE)との違いは?

SEは企画作成とシステム設計をする

SEの仕事内容としては、主に上流工程を担当することになります。システムを必要としているクライアントと打ち合わせ、システムの仕様を決定し、基本設計から詳細設計までを行います。そして実際のプログラムの記述はプログラマーが行う形になるのですが、SEがプログラムの記述及びシステムの開発までを担うケースもあります。

プログラマーになる方法は?

プログラマーに特別な資格学歴は不要

プログラマーになるために特に必要な資格や学歴はありません。プログラマーの世界は良くも悪くも実力主義であるため、必要なものはプログラムに対する知識と理解、情熱、そしてベースとなる論理的思考力です。また、チームで開発をする事が多いため、コミュニケーション力も必要とされるでしょう。

一般的に大学や専門学校で知識を習得

プログラマーになるためには、一般的に大学や専門学校で基本的な知識を習得します。学歴は不要と前述しましたが、実際の知識や経験を伴った学歴は当然ながら武器になることが多いと言えます。どの大学を出たかという事よりも、そこで何を学んでどう活用したかの方が重要です。

未経験から独学で勉強してなるには?

独学勉強は挫折者が多く覚悟がいる

プログラムというのは始めるのは簡単になりましたが、必要とされる知識量が膨大なため、未経験から独学でプログラマーになるのは茨の道であると言えるでしょう。ですが絶対に不可能というわけではなく、実力主義な世界であるため、独学でも相応の実力が身につけばプログラマーになる事は可能です。しかし、実際には独学でプログラマーを目指す場合は挫折者が多く、余程の覚悟がないと勉強を続けることは難しいかもしれません。

プログラマーになりたい理由を明確化

何故自分はプログラマーになりたいのか、といった部分を明確にする必要があります。プログラマーになるにはたくさんの学習コストがかかるため、本当にプログラマーという方向が自分の目的に合っているのかを確かめるためです。

適正プログラミング言語を学んでいく

また、プログラム言語によっての向き不向きもあるため、自分が作りたいサービスから言語を選ぶ必要もあります。難易度も含め、適正なプログラミング言語を選ばないと挫折する原因になり得ます。ですので、最初はなるべく基礎的な言語から始めるのがおすすめです。

プログラマーの未経験求人に応募する

そして、ある程度知見が深まり、やれそうだなという確信を得ることができたら、未経験可能なプログラマー職に応募してみるのも手です。実際に現場でサービスを開発ができたり、経験豊富な先輩から助言を得ることができるからです。しかし、未経験可という募集をかけている場合でもある程度の学習履歴や成果物を求められるケースが多いので、相応の知識及び開発経験を積んでおきましょう。

需要のあるプログラミング言語は?

JavaScript

JavaScriptは主にWEBサイトやWEBアプリを開発する際に使用される言語です。JavaScriptを使用する事で動的なサイトを作ったり、APIも実装したりすることが可能です。Javaと区別して「JS(ジェイエス)」と呼ばれます。

Java

Javaは汎用的な言語であり、WEBから組込みソフトウェアまで幅広く対応することのできる言語です。Javaを学ぶメリットとしては、汎用的であるが故の案件数の多さが挙げられるでしょう。上記のJavaScriptとは異なる言語のため、混同しないよう注意が必要です。

Python

Pythonは機械学習やデータ分析といった分野に力を発揮する言語です。クローリングなどに使われます。AI関連やデータサイエンスの分野に携わりたい方はPythonを勉強しておいて損はないでしょう。

VisualBasic

VisualBasicはMicrosoftによって開発され、主にWindows上で動くプログラムを作る言語です。他の言語と比較すると案件数は落ちますが、それでもVBで作られたシステムが世の中にある以上、需要が完全に無くなってしまうことはないでしょう。

まとめ

プログラマーという仕事は将来性があると言われているため、そこに惹かれている方も多いのではないかと思います。ですが、あくまでも専門職という形であり、仕事に就いた後も絶え間ない勉強が求められます。それに対応するには、プログラマーであることへの覚悟と情熱が必要と言えるのではないでしょうか。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る