ありがとうございましたは正しい?ありがとうございますとの使い分け

「ありがとうございました」とは本来どのような意味や使い方があるのでしょうか。起源や意味、「ありがとうございます」との比較や敬語を使った言い換え表現、どちらを使う方が適切なのか詳しく見ていきます。

ありがとうございましたの起源と意味


感謝の気持ちを伝える時の「ありがとうございました」という言葉は、日常会話だけでなく、メール等でも何気なく使われています。「ありがとうございました」の起源はどこから来ているのか、本来どのような意味があるのか見ていきます。

ありがとうございましたの起源

ありがとうございましたは、「ありがとう」+「ございました」と分解できます。「ありがとう」は漢字で「有難う」と書き、起源は古語の「ありがたし(有難し)」と言われています。めったにない、めずらしいという意味で平安時代頃から使われています。

ありがとうございましたの意味

「ありがとう」が感謝の意味で使われるようになったのは室町時代頃で、「有難く存じます」から「ありがとうございます」となり、過去の出来事についての感謝の意味を表す言葉として「ありがとうございました」が使用されることが多いです。

ありがとうございましたの例文と敬語


「ありがとうございました」を使った例文と敬語について詳しく見ていきます。「ありがとうございました」はどんな時に使用すればいいのでしょうか。さらに丁寧な言い方をしたい場合にどのような書き方があるのでしょうか。

ありがとうございましたの例文

例文 「ご依頼くださいまして、ありがとうございました」
過去の出来事に対しての感謝の意味で使用する場合、「〇〇くださいまして」、「〇〇いただき」のように過去にあった事を書いた後に「ありがとうございました」を添えて書くのが一般的です。

ありがとうございましたの敬語

例文 「誠にありがとうございました」
「誠に」という言葉を使うことでより丁寧でフォーマルな感じを受ける表現となります。ビジネスメール等でも誠意を表したい時に使用します。

例文 「心より感謝申し上げます」、「感謝の念を禁じません」
「ありがとうございました」の言い換え表現としての例文です。より堅いイメージとなり、目上の人や取引先に対して、より丁寧な言葉で感謝を伝える時に使用します。

ありがとうございますとの違い


「ありがとうございました」と「ありがとうございます」は、語尾が違うだけなのですが、どのような違いがあるのでしょうか。どちらを使ったらいいのか、「ありがとうございます」と比較しながら見ていきます。

ありがとうございますとの違い

「ありがとうございます」は現在形、「ありがとうございました」は過去形となり、現在形の場合は、現在の会話や出来事が進行している途中で感謝の気持ちを表すときに使用します。過去形の方は、一度物事が終了している時に使用します。

ありがとうございますとの比較

違いは語尾だけですが、聞いた時の印象が違うことから接客業などでは、どちらを使うか統一されている場合があります。使い方に明確な基準がある訳ではないため、使用したい状況によって臨機応変に対応することが大切です。

「ありがとう」の使い分け方の例文


「ありがとう」の使い分け方の例文について紹介します。継続している場合、ある一定の事柄が終了している場合、さらには例外として終了している(過去の出来事)になっていても現在形を使用する場合について見ていきます。

継続している場合には「ございます」

例文 「ご来店くださいまして、ありがとうございます。」
例文の場合、お客様が来店されたという直近の出来事についての感謝を述べています。現在の出来事についての感謝するときに使用することが多いです。

終了している場合は「ございました」

例文 「本日は誠にありがとうございました。」
物事が終了したことに関する感謝を述べています。挨拶などで、冒頭で「ありがとうございます」を使用し、結びとして「ありがとうございました」を使用するといった例が考えられます。

例外で終了していても「ございます」

例文 「今後とも宜しくお願いします。ありがとうございます。」
物事が終了した時点で終わりと考えるのではなく、今後とも感謝の気持ちは継続しますよというニュアンスを持たせる場合にも使用します。

迷った時にはどちらを使うのが無難?


「ありがとうございます」と「ありがとうございました」のどちらを使ったらいいのか迷った場合はどちらを使ったほうが適切なのでしょうか。地方によっても表現の仕方が違ってくることもあるため、使い方を確認する必要があります。

丁寧な表現はありがとうございます

厳密にいうと、住んでいる地域や年齢によっても使い方に違いがみられることから、迷ったときは、「ありがとうございます」を使うのが無難です。丁寧な表現であることと、感謝の気持ちが継続していることを伝えるのが大切です。

広島県ではありがとうございました

広島県(一部の地域)の方言の特色から、「ありがとうございました」の方がより丁寧であるという場合があります。地域によっても使い方が違う場合があることを認識しておくことが大切です。

まとめ

「ありがとうございました」という表現は、「ありがとう」をさらに丁寧にいう言い方という事がわかりました。「ありがとうございます」との比較や違いを知ることで、現在なのか、過去なのか等その状況に合わせた使い方していきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る