レスポンスとは?言葉の意味と使い方

「相手からのレスポンスが来ない」「この車のレスポンスが良い」というように、さまざまな分野で使われている「レスポンス」という言葉。この記事では「レスポンス」の意味と使い方を例文といっしょに紹介します。

「レスポンス」とは?

日本語での意味

「レスポンス」は簡単に言うと、「応答・反応」といった意味を表します。つまり、外部から何らかの働きかけがあったときに、それに対する反応のことを「レスポンス」と言います。

「レスポンス」は、後ほど紹介するように幅広い分野で使われていますが、基本的には「応答」や「反応」という意味で理解しておけば、特に問題ありません。

語源は英語の「response」

「レスポンス」とは、英語の「response」が言葉の由来となっています。英語での「response」の意味は、日本語の「レスポンス」同様、「応答」や「反応」といった意味ですが、発音は「rispάns」です。日本語の「レスポンス」とは読み方が少し違うので、注意しましょう。また、「レスポンス」を省略して「レス」と言うこともありますが、こちらは英語圏では通用しません。

業界別のレスポンスの意味と注意点

情報システム業界では「応答時間」の意味

情報システム業界では、主にコンピューターなどで、何らかの入力・操作が行われてからシステムが応答するまでの速さのことを「レスポンス」という言葉で表します。またその際、応答までの経過時間のことを「レスポンスタイム(response time)」と言うこともありますが、単に「レスポンス(response)」と呼ばれることがほとんどです。このため、IT業界での「レスポンス」は「応答時間」を意味します。

自動車業界では「操作に対する反応」の意味

自動車業界でもよく「レスポンス」という言葉が用いられますが、その際は、車に対してある操作(アクセル操作やハンドル操作など)を加えたときの反応を「レスポンス」と言います。「レスポンスの良い車」というのは操作に対する反応が良い車のことです。このため、自動車業界での「レスポンス」は「操作に対する反応」を意味します。IT業界での「レスポンス」とは使われ方が異なるので注意しましょう。

レスポンスの略語と注意点

ネット上では省略して「レス」とも

「レスポンス」は、ネット上ではしばしば省略して「レス」という言い方もされます。このように「レス」と省略されて使われる際は、「メッセージに対する返信・返事」という意味で使われます。ここでの「返事」は「ネット上の書き込みや投稿に対する応答や反応」なので、省略して使われる場合も「レスポンス」を「応答」や「反応」という意味として理解できます。

メールの「Re:」はレスポンスではない

電子メールで返信を行ったときに付いてくる「Re:」は、「返信」を意味する言葉です。
「Re:」の語源としては諸説ありますが、有力な説として、もともと英語圏において英文レターの返信の表現として使われており、英語圏での使用が起源であるという説があります。その他にも、ラテン語の「res」という語が語源であるという説もあります。この場合も「Re:」は「response」の略とはされていません。

「レスポンス」の使用例

質問に対するレスポンスが悪い、遅い

「試しにこの製品の特徴について聞いてみたが、部下から良いレスポンスはもらえなかった。」
「話のレスポンスからこちらの話をどの程度理解しているのかをみることができる。」
「この掲示板で質問してみたが、良いレスポンスはなかった。」
「就職活動で、面接のときの質問に対するレスポンスが悪く、それが原因で失敗した。」

レスポンスタイム

「このゲームにおいて、コントローラーからの入力に対するレスポンスの向上を図れば、よりゲームを面白くすることができる。」
「このシステムのレスポンスタイムを向上させれば、機器の動作がスムーズになると予測される。」
「このコンテンツにおける画面操作に対するレスポンスを早め、ユーザーの使い勝手を向上させる。」

レスポンスの良い車

「最近話題になっている高級車に試乗してみたところ、レスポンスが非常によかった。」
「レスポンスの良い新型エンジンを持つ大型トラックの魅力はとても大きい。」
「この車はハンドル操作に対するレスポンスが良く、運転が上手くなる。」
「アクセルレスポンスの良い車だと、アクセルを踏んだ際の効きが良く、運転しやすい。」

まとめ

「レスポンス(response)」という言葉は、使われる場面によってその言葉の意味も少し変ることが分かりました。しかし、どの分野においても「レスポンス」は、「応答」や「反応」といった意味で理解しておけば通じるので大丈夫でしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る