ローンチ(launch)とは?言葉の意味と使い方

ITの現場などでよく聞かれる「ローンチ」という言葉ですが、正確な意味を理解して使用できているでしょうか?今回は「ローンチ」の言葉の意味と、さまざまな使い方についておさらいします。さらに類似語についても学んでいきましょう。

「ローンチ」とは

英語としての意味

「ローンチ」はもともと英語の「Launch」からきています。「(新造船を)進水させる」「(人などを)世間に送り出す」「(事業などに)乗り出す」という意味を持ちます。さらに「(ロケットなどを)発射する」「(攻撃などを)始める」などといった意味もある単語です。

元々はIT業界発祥の言葉

ビジネスシーンでは、もともとIT業界で使われることが多かった「ローンチ」という言葉。「世間に送り出す」「事業に乗り出す」などの意味が転じて、「(新製品・新サービスを)発表する」などという意味で使われるようになりました。

金融・証券用語としては「発行」の意味

金融・証券用語としても「ローンチ」が使用されます。ここでは、「有価証券を発行するとき、マーケット(市場)に発行することを発表する」ということを意味します。ローンチを発表した後、有価証券の届出書が受理された時点で正規の募集に入ることが多いようです。

実際の発音は「ランチ」に近い

日本ではカタカナ語として「ローンチ」と発音される「Launch」。しかし英語の実際の発音は「昼食」を意味する「Lunch(ランチ)」に近いものです。ネイティヴの発音には注意しましょう。

「ランチャー」はlaunch+er

パソコンのアプリケーションソフトウエアを簡単に起動するためのソフトウエアで「ランチャー」があります。この綴りは「launch+er」で「Launcher」となります。ローンチ(Launch)の派生語となっています。

ローンチのつく言葉


ビジネスの場面では、「ローンチ○○」という用語が多く使われます。分野や業界によって意味が異なるものもあるようです。例を見ていきましょう。

ローンチパーティー:お披露目会

新製品や新サービスが出来上がった際、関係者や顧客などを招きお披露目会を開催することがあります。これが「ローンチパーティー」です。IT関係だけでなく、BtoC製品でもローンチパーティーが催されることがあり、プロモーションを兼ねたものになっています。

ローンチパッド:MacOSの機能

MacOSの機能として「ローンチパッド」というものがあります。これは画面上にMac内のアプリケーションをすべて表示して管理できる機能のことです。ローンチパッドではアプリケーションのグループ化や表示位置の変更、削除などの操作を行うことができます。

ローンチカレンダー:発売日

新製品の発売が頻繁に行われる分野や業界では、「ローンチカレンダー」が掲載されることがあります。これは新製品の発売日を掲載したカレンダーです。例えばある靴のブランドでは、消費者に向けて各新製品の発売日を表示したカレンダーを公開しています。

ローンチタイトル:同時発売ゲーム

新型ゲーム機が発売される際、同時にゲームソフトも何本か発売されます。これが「ローンチタイトル」です。ゲーム機を発売するメーカーの開発のものが多く、ゲーム機の売り上げや評判を左右することがあります。

ローンチカスタマー:新規開発の後盾

新たな航空機を開発する際、その事業を成り立たせるだけの十分な発注が見込めなければ開発を進められません。このとき、開発を後ろ盾する発注者のことを「ローンチカスタマー」と呼びます。主に航空会社がローンチカスタマーとなり、設計に寄与する権利を得ます。

ローンチコントロール:車の制御技術

車やバイクの制御技術でも「ローンチ」が使われます。「ローンチコントロール」とは、完全に停止している車やバイクを発進させる、自動制御技術のことです。「ローンチコントロール」があると、スムーズに素早く発進させることができます。

ビジネス現場での類似語


ここまで、さまざまな現場で使われる「ローンチ」の使用例を見てきました。ここからは、ビジネスシーンに立ち返り、「ローンチ」と近い意味で使われる言葉についても見ていきます。使い分けにも気を付けたいところです。

リリース

「ローンチ」に近い言葉として「リリース」があります。もとの意味は「放つ」「離す」ですが、「製品のリリース」などでは「発表」「公開」という意味です。音楽業界で「リリース」が使われた場合は、「一般発売」といった意味もあります。

プレリリース

主に報道機関やマスコミ向けに、企業などがPRで発信する情報を「プレスリリース」といいます。新製品・新サービスの発売や、事業に関する情報を発信するものです。「リリース」だけで「プレスリリース」を指す場合もあります。

キックオフ

サッカーやラグビーの試合などで試合開始を意味する「キックオフ」ですが、意味が転じてビジネスシーンでも使われるようになりました。企画、プロジェクト、事業などの立ち上げ時などに使用されます。キックオフ時の会合は「キックオフミーティング」です。

ビジネス現場での使い分け

「ローンチ」「リリース」「キックオフ」が使われるシーンは、時系列によって異なります。例えば、あるプロジェクトを開始するときには「キックオフ」。プロジェクトの結果としての新製品や新サービスを「リリース」・「ローンチ」する、というような使い分けがされます。「リリース」と「ローンチ」のどちらが先か、もしくはどちらか片方を使う場合などは企業や現場によって異なりますので臨機応変に対応してください。

まとめ

「ローンチ」はプロジェクトや開発を進めるような現場ではよく使われる言葉です。しかし厳密なニュアンスを伝えたい場合には、日本語の方が適していることがあります。意味をしっかり確認し、場合に合った使い分けをしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る