申し訳ございません?申し訳ありません?違いと正しい使い分け方法

ビジネスにおける謝罪の場面で、日常的に使われる「申し訳ございません」や「申し訳ありません」の使い分けや言葉の意味をご存知ですか?文法的解釈を踏まえて解説し、それぞれの謝罪の場面で使える類語を例文つきで紹介いたします。

「申し訳ございません」は間違い?


謝罪の場面で日常的に使われる「申し訳ございません」が、文法的に誤っている説と、正しい説の2種類が存在することをご存知でしょうか?まずは、それぞれの説を確認して、現代においてどちらの説が正しいのかを見ていきましょう。

「申し訳ない」は一語で形容詞

そもそも、「申し訳ございません」という言葉は「申し訳ない」から変化したものですが、デジタル大辞泉からの引用によると、「申し訳」に「ない」の付いた複合形容詞で一語とすると書かれております。

「申し訳ないことでございます」と言い換える説も

「申し訳ない」は一語で形容詞なので、「ない」の部分だけを「ございません」と丁寧語に置き換えてしまうと非分離不可算の法則を破ることとなり、文法的には誤りとなってしまいます。

ですので、この場合は「申し訳ない」という形容詞のあとに「ございます」という丁寧語を付けた「申し訳ないことでございます」が文法的に正しい表現という説があります。

現代では「申し訳ございません」も誤用ではない

ではなぜ、文法的には誤りである「申し訳ございません」が日常的に使用されているのでしょうか。それは「申し訳ない」という形容詞として意味を捉えるのではなく、「申し訳」という名詞で意味を捉えると、文法的に正しくなるからです。

名詞として活用している例文を挙げるとすれば、「ご先祖様に申し訳が立たない」ですね。このように、名詞として考えれば「申し訳」のあとに丁寧語の「ございません」を付け加えても非分離不可算の法則を破ることもなく、文法として正しい表現となります。

この事から、「申し訳ございません」は必ずしも間違ってはいないということが証明されました。特に、謝罪の場面では誠意ある言葉と態度で対応しなければならないため、正しいビジネスマナーを身につけましょう。

「申し訳ありません」「申し訳ございません」どちらが丁寧?


「申し訳ありません」と「申し訳ございません」のどちらがより丁寧な謝罪の表現なのか確認していきましょう。

「申し訳ございません」の方がより丁寧

まずは、「申し訳ありません」と「申し訳ございません」を「申し訳」「ありません」と「申し訳」「ございません」に分割し、それぞれの違いについて説明していきましょう。

「ありません」は「ある」に丁寧の助動詞「ます」に打ち消しの助動詞「ん」という丁寧な打ち消しの表現です。

「ございません」は「ある」の丁寧語に丁寧な助動詞「ます」に打ち消しの助動詞「ん」という丁寧な打ち消しの表現です。

この事から、「申し訳ございません」の方がより丁寧な敬語だということが判断できます。そのため、取引相手やお客様などに対し、より丁寧な言い回しである「申し訳ございません」を使うことが多いです。

社内メールや上司へは「申し訳ありません」でOK

では、「申し訳ありません」を使うことが相手に対して失礼なのかというと、そういう訳ではありません。前述しておりますが、「ありません」自体も丁寧な打ち消しの表現です。社内におけるメールのやり取りや同僚への謝罪に用いても失礼には当たりません。また、親しい関係の相手に対しても堅苦しくないニュアンスで伝えられる側面も持っています。

「申し訳ありません」と「申し訳ございません」は謝罪の場面に用いる言葉で、意味自体に違いはありません。ですが、上手に使い分けができないと信頼関係に傷がつく可能性がありますので、相手のことを考えて使うべき言葉を慎重に選べるようになりましょう。

「申し訳ございません」の類語とは?謝罪に使えるフレーズ


謝罪の場面において、使い勝手の良い「申し訳ございません」というフレーズですが、すべての場面において用いるということはできません。ここでは、それぞれの場面における「申し訳ございません」の類語と使用方法について順に説明していきます。

「すみません」はフランクな謝罪に

謝罪の場面でよく耳にする「すみません」という言葉があります。この言葉は話し言葉であり、ビジネス文章に用いることはできません。使用できる場面も口頭で軽度のミスを謝る場合に限られるでしょう。

「深くお詫び申し上げます」で丁寧に謝る

ビジネスにおける謝罪の文面でよく使われるのが「深くお詫び申し上げます」です。自身の不手際による過失や相手に迷惑をかけてしまった場面で用いることが一般的であり、規模としても個人同士では解決できないほどの多大な迷惑をかけてしまった場合に用いることが多いです。

例文として、「深くお詫び申し上げます」を用いた謝罪の際によく使われる文章を記載いたします。

「この度は、私の不注意により多大なご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。心より深くお詫び申し上げます」

「この度は、弊社の不手際により皆様へ多大なご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます」

「大変失礼いたしました」で自分の振る舞いを詫びる

「すみません」という言葉をより丁寧にした話し言葉であり、ビジネス文章に用いることはあまり多くないです。使用する場面は、相手に対して無礼を働いたときや先方の名称を読み間違えてしまった場合など、悪気はなく相手を不快な気持ちにしてしまった際に謝罪の言葉として用いられることが多いです。

「陳謝いたします」は事情を説明するときに

まずは、「陳謝する」という言葉の意味から確認していきましょう。

事情を述べてあやまること。 「非礼を-する」(三省堂 大辞林 引用)

この事から、物事の理由や事情を説明する際に用いる謝罪文章だということがわかります。そのため、お詫びしなければならない原因が判明している状態でないと使うことのできないビジネス文章です。

例文として、「陳謝いたします」を用いた謝罪の際によく使われる文章を記載いたします。

「この度は、弊社のシステムに重大な欠陥があり、皆様にご迷惑をおかけしたことを深く陳謝いたします」

「お詫びの言葉もございません」で深く詫びる

どのような言葉を用いてもお詫びすることができないほど、深く謝罪をしなければならない場合に使われる表現です。関係修復自体が困難、もしくは損失額が一定以上の状態になってしまった場合に使用されることが多く、その後の対応が厳しい事態になっている場合が多いです。

例文として、「お詫びの言葉もございません」を用いた謝罪の際によく使われる文章を記載いたします。

「この度は、私の軽率な行動により大変なご迷惑をおかけし、お詫びの言葉もございません」

「弊社がA社からの訴訟提起により、皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまい、お詫びの言葉もございません」

まとめ

今までは、謝罪の場面で「申し訳ございません」と「申し訳ありません」の使い方に若干不安な部分があったことでしょう。結論から言えば、どちらの言葉も意味は同じで、「申し訳ございません」は誤用ではなかったということが判明しました。

また、謝罪の際は場面に応じて丁寧な言葉はもちろんのこと、真摯な態度で対応しなければなりません。「申し訳ございません」の類語と謝罪に使えるフレーズをしっかり学び、今後のビジネスに生かしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る