退職時にもらう雇用保険被保険者証とは?いつもらえるの?紛失したときは?

週に20時間以上労務に従事し、かつ31日以上働く見込みのある従業員は雇用保険に加入する事ができます。この雇用保険に加入しているという証が雇用保険被保険者証です。普段はあまり見る機会のないものですが、会社を退職し失業状態になった際や転職する際に必要となるため、退職時には忘れず受け取りましょう。

雇用保険被保険者証とは?

雇用保険加入者は必ずもらえる証明書

雇用保険被保険者証とは、職場で雇用保険に加入している方が貰う事のできる証明書です。初めて雇用保険に加入した職場で発行手続きをしてもらい、発行手続きが完了したら基本的には本人に渡されます。

雇用保険被保険者証には被保険者番号や氏名、生年月日等の個人情報が記載されているため手元にある場合は大事に保管しましょう。もし紛失してしまった場合でも、再発行は可能ですが所定の手続きを行わなければならないため、余計な手間を増やす事になるでしょう。

会社側が保管していることも多い

雇用保険被保険者証は原則的には本人の手元で保管されるものですが、多くの場合、会社側が本人に代わり保管しています。本人の手元で保管している場合に、もし紛失してしまうと再発行の手続きが必要なため、入社時に本人が会社側に提出してそのまま会社で保管されるといった形が一般的です。

雇用保険被保険者証が手元になくても会社で働く正社員は加入している保険のため、気になる方は給与明細を確認してみましょう。毎月雇用保険料が天引きされていれば加入している状態になっています。

なお、雇用保険被保険者証は事務効率のために会社で保管されていますが、基本的な所有権は被保険者本人にあります。そのため会社を退職する際に離職票と共に手渡されるのが通例となっています。

転職しても継続される

雇用保険は離職後1年以内の転職であれば、その年数が合算される保険です。会社を退職して失業状態にあれば失業保険を受ける事ができますが、加入年数は失業保険受給額や受給可能年数に関わってきます。自身の加入年数を把握すると共に、なるべく有利な形で転職を行いましょう。

雇用保険被保険者証はいつもらえる?

退職時に会社から渡される

雇用保険被保険者証を会社側に保管してもらっている場合、退職時に本人に手渡されるのが通例です。雇用保険被保険者証は基本的には本人が所有するものであり、会社側はあくまでも事務効率のために預かっているという形になります。本人が退職する際には遅滞なく返却する必要があります。

もらってないときは会社に連絡を

しかし、場合によっては退職時に雇用保険被保険者証を手渡されない事もあるかもしれません。雇用保険被保険者証は再就職時に新しい会社へ提出しなければならないものであるため、退職時に手渡されなかった場合は、直接連絡して詳細を確認する必要があります。もし会社側が渡すのを忘れていただけなのであれば、郵送をしてもらう等の方法できちんと受け取っておきましょう。

雇用保険被保険者証が必要な時は?

失業保険の手続き

決まった期間雇用保険に加入している場合は、失業時に失業保険を受ける事ができます。受給資格を満たしている場合は、ハローワークにて失業保険の受給手続きを行う事になり、その際に雇用保険被保険者証が必要になるケースがあります。

多くのハローワークでは手続き時に提出は求められませんが、被保険者番号等の情報を書類に記載しなければなりません。そのため失業保険の受給手続きには、雇用保険被保険者証を持参するのがスムーズでしょう。

転職や再就職の時

転職や再就職をした際には、雇用保険被保険者証の提出を求められるため、それに応じて提出しましょう。転職先企業に雇用された際は、再び雇用保険に加入する事になるため、その手続きに雇用保険被保険者証に記載された被保険者番号が必要になります。

教育訓練給付金の支給を受ける時

雇用保険に加入している場合、失業保険の他にも教育訓練給付金を受給する事ができます。教育訓練給付金とは、国の定めた教育訓練を受講する際にかかった教育訓練費用の一部を補助してもらえるという制度になり、その手続を行う際に雇用保険被保険者証が必要になります。

雇用保険被保険者証をなくしたときは?

ハローワークで再発行

雇用保険被保険者証を紛失してしまった場合は、最寄りのハローワークで所定の手続きを行う事で再発行が可能です。失業時や再就職活動中等はいつ必要になるか分からないため、紛失に気づいた際には早めに手続きを行いましょう。なお雇用保険被保険者証の再発行は、申請書類に不備がなければ即日での再発行が可能です。

電子申請や郵送申請で再発行も可

なかなかハローワークに出向く時間が取れない場合は、電子申請や郵送申請でも再発行の手続きが可能です。郵送申請を行う際は返信用封筒の同封が必要となるため、窓口で手続きするよりは雇用保険被保険者証を手にするまでに時間を要してしまう点に注意しましょう。

まとめ

会社を退職する際は、後任者への引き継ぎや転職活動等で忙殺されてしまい、なかなか雇用保険被保険者証の事までは気が回らないかもしれません。雇用保険被保険者証は失業保険の受給手続きや転職、再就職の際に必要となるため、退職時にちゃんと手渡され手元にあるかどうかの確認はした方が良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る