イニシアチブって?正しい使い方とイニシアチブゲームについて解説

「イニシアチブ」という言葉をご存知でしょうか?ビジネスシーンやスポーツ中継などでも耳にしたことがあるかもしれません。英語の「intiative」という単語が元で、現在ではカタカナ英語として使われる機会も増えています。本記事では正しい使い方と、イニシアチブゲームと呼ばれるものについて解説していきます。

イニシアチブとは?

ビジネスでは「主導権」のこと

「イニシアチブ」は英語の「initiative」が元になっており、ビジネスシーンで用いられる場合には「先導すること」や「主導権」といった意味で使われます。例えば、メーカーが取引先と協力して製品開発を行うケースで、メーカーが主導して開発を行う場合、「この案件ではメーカーが”イニシアチブを握る”」ということになります。

また、「主導権」という言葉が指し示す通り、力関係に触れるようなニュアンスを含む場合が多いです。本来は権力的な意味合いがないはずですが、”主導権を握る”という言葉は「立場が上」「主導して物事を決める」というように、力関係を示す言葉として使われるケースが多いことに注意が必要です。

英語では「積極的な活動」のこと

英単語としての「initiative」は、問題を解決するための構想・戦略という意味でよく使われます。また、やる気や自発性に近い意味でも使われることがあり、「plan(プラン)」+「motivation(モチベーション)」といった意味合いを持ちます。

つまり、自発的に構想・戦略を推進するということから、「率先してやる」「積極的な活動」というのが本来意味するところです。日本語では力関係を指し示し、場合によってはネガティブなイメージを与える可能性もありますが、英語での意味は基本的にポジティブなものとして捉えられます。

また、経営やマネジメントの現場では、特定のプロジェクトを「○○イニシアチブ」と名付ける場合もあります。こうしたケースでは「推進する」といった意味で使われ、企業や自治体などが今後注力して進めていく分野の戦略発表などを行う際に目にすることがあります。同じビジネスシーンでも、使われ方が違う場合もありますのでご注意ください。

イニシアチブには2つの使い方がある


日本語と英語で意味が異なることをお伝えして来ましたが、日本におけるビジネスシーンでも使い方が異なる場合があります。単に「主導権」という言葉を指している場合と、強い責任を持って「先導する」という使い方の場合に分かれます。

「主導権」を握る・とる

一般的によく使われるのは、「主導権」という意味合いで、主にビジネスシーンで耳にすることが多いです。「イニシアチブを握る」「イニシアチブをとる」というような使い方で、自らが率先し、ものごとをコントールしていくことを意味します。

また、「主導」という言葉のとおり、責任を持って自発的に行動するという意味が含まれています。よって、「この取引のイニシアチブは自分が握っている」という状況であれば、「自分はこの取引において、責任を持ってコントロールしていく」という意味に置き換えることができます。

「先導」する

ものごとを率いるという本質的な意味は、主導権と重複する部分もありますが、イニシアチブには「先導する」という意味もあります。これは、しばしば政治的な意味合いで使われることが多く、「率先する」よりも更に強い責任が意味として含まれます。

また、「主導権」と異なり力関係を示すようなニュアンスは含まれません。前述した通り、経営などの現場で戦略・構想を○○イニシアチブと名付けるのは、こちらの意味合いが元となっています。

問題解決能力育成イニシアチブゲーム


イニシアチブゲームは、小人数のグループに別れ、1人では解決できない精神的・身体的課題に対してメンバーそれぞれが能力を発揮し、グループで協力しながら課題を解決する活動です。

課題をチームで攻略するゲーム

このゲームでは、課題の解決方法に正解・不正解はありません。チームのメンバーそれぞれが持っている能力を発揮して、課題解決していくことが狙いです。それにより、グループ内での信頼感や協調性を醸成し、社会性やリーダーシップを育てる効果が期待されます。

イニシアチブゲームのルール

まず、ゲームを始める前に安全面の配慮などを徹底し、課題の目的・やり方・ルールなどを周知します。その後、グループに別れ課題解決策についてメンバー全員でアイデアを出し合います。解決策を実行し、うまくいかなければメンバーと話し合い、試行錯誤を繰り返していきます。課題が解決した後は、なぜ成功したか、他に方法はなかったかなどを振り返り、ゲームが終了します。

色々な種類のイニシアチブゲーム

イニシアチブゲームには様々なものがありますが、実施目的に合わせて適切なものを選択する必要があります。初めて会うメンバーの雰囲気を和らげるためであれば、アイスブレイクと呼ばれるカテゴリの比較的難易度の低いものが向いています。

例えば、「日本列島」というゲームで、限られたスペースの上にメンバー全員が乗るというものが挙げられます。また、更にレベルアップした段階では、「ブラインドスクウェア」と呼ばれる目隠しをしたまま動くゲームなどもあります。これは、自分の意思を相手に的確に伝える必要があり、相互のコミュニケーション能力を高め、リーダーシップの醸成につながります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「イニシアチブ」という単語一つでも使用シーンや使う立場によって意味することは変わってきます。特に日本で主に使われているカタカナ語としての意味と、英単語が持つ本来の意味とはニュアンスが異なることに注意が必要です。それぞれの意味をしっかりと認識し、使い分けをすることでビジネスマンとして成長することができそうです。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る