人気のデザイナー職!Webデザイナーの仕事内容と平均年収

みなさんは「デザイナー」という仕事について、どのくらい知っていますか?デザイナーにもさまざまな種類があり、種類によって仕事内容も平均年収も変わってきます。ここでは、人気のデザイナー職についてご紹介していきたいと思います。

デザイナー職には様々な種類がある


まず始めに、デザイナー職の種類にどんなものがあるかご紹介します。デザイナーを目指している人は、まず自分がしたいことを考えて自分に合った種類のデザイナー職につくようにしましょう。

Webデザイナー

パソコンを使用して行うデザイナー職の中でも、Webサイトの作成の一部を担うのがWebデザイナーの仕事です。特に人気のあるデザイナー職で、一般的にも知名度が高くなっています。

グラフィックデザイナー

イラストや絵、写真によって、見た人にさまざまな情報を発信するのがグラフィックデザイナーの仕事です。例えば、本の表紙や広告、新聞などを手掛けています。

インダストリアルデザイナー

自動車や家具、電化製品などのデザインを行うのが、インダストリアルデザイナーの主な仕事です。機能性や安全性も考慮してデザインする必要があるので、高いセンスと知識が必要です。

エディトリアルデザイナー

出版物、つまり雑誌や書籍の紙面のデザインを内容に沿って行うのがエディトリアルデザイナーの仕事です。イラストや絵、写真のデザインがグラフィックデザイナーに対し、エディトリアルデザイナーは文字の多い出版物のデザインを行うのが特徴です。

その他にも、ファッションデザイナーやインテリアデザイナー、空間デザイナー、イラストレーターといった種類のデザイナー職があります。違いを知ることで自分のしたいことを明確にすることができます。

人気のWebデザイン関連の仕事内容


続いて、Webデザイナーの仕事内容についてご紹介します。

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーとは簡単に言うと企業やショップのHPなど、サイトの構成やデザインなどをクライアントの希望に沿って作成する仕事を行います。ちなみに、構成はコーディングという作業を伴います。現在では1人でデザインとコーディングの両方をこなせるWebデザイナーを求めている企業が増えてきています。Webデザイナーの経験を積むことで、Webディレクターといった企画などを行う仕事へと幅を広げることもできるので、Webデザイナーを目指している人は、そういった点もぜひ視野に入れてみてください。

Webデザイナーの平均年収は?


続いて、Webデザイナーの平均年収についてご紹介します。

平均年収は300~400万

一般的なWebデザイナーの平均年収は、約300~400万円程と言われています。あくまで平均年収なので、自分のスキルや経験によっても変わってきます。

例えば、デザインやコーディングのスキルを上げたり、Webデザイナーとしての経験を積みWebディレクターへ昇進することでも年収のアップを期待することもできます。実際にWebディレクターは500万円前後、Webプロデューサーといった全体の指示や責任を任される役職になると、約550~600万円程とも言われています。

フリーランスのデザイナーであれば全てが外注の仕事になりますので、クライアントに依頼される仕事の内容や件数によって報酬も変わってきますので、年収も変化します。ですが、フリーランスのデザイナーの場合はデザイナーとしての実力や実績はもちろん、営業や経理など全てを自分で行う必要があるので、企業での下積みがある方が有利と言えます。

Webデザイナーの仕事を探すコツ


最後に、Webデザイナーの求人情報を見つけるコツをご紹介します。

転職エージェントを利用する

Webデザイナーの求人情報を探す前に、まず確認しておきたいことがあります。それは、基本的なスキルやWebデザイナーになりたいというしっかりとした意思と理由、今までにデザインした作品などです。自分に合った求人を探す上でとても重要な情報です。

そして、自分に合ったデザイナーの求人情報を見つけるのにおすすめなのは、一般的な求人情報誌や求人サイトではなく、デザイナー職を専門とした求人サイトや転職エージェントと言われるサイトです。

専門の求人サイトであればデザイナー職を検索する手間も省け、自分に合った企業を見つけやすくなります。そして、転職エージェントと言われるサイトを利用すれば、自分に合った企業を紹介してくれたり、面接や履歴書作成のアドバイスもしてくれます。トータルサポートを行ってくれるサイトもあるので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

ここでは、Webデザイナーの仕事や求人情報を見つけるコツなど、これからWebデザイナーを目指している人や就職したいと考えている人が知っておきたいことについてご紹介しました。ぜひ、就職や転職に役立ててみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る