リスペクト(Respect)とは?言葉の意味と使い方

最近よく聞くようになった「リスペクト」という単語があります。しかし正確な意味を理解せず、なんとなく使ってしまってはいないでしょうか?「リスペクト」はビジネスシーンでも使うことのある単語ですので、意味を理解し適切に使用しましょう。

「リスペクト(Respect)」とは

英語としての意味

「リスペクト」は英語では「respect」です。動詞では「(人や性質などを)尊敬する」「重んずる」、名詞では「敬意」「尊敬」「尊重」といった意味になります。価値のあるものに対し、尊敬する、尊重する、というニュアンスを持つ単語です。

尊敬の意味

カタカナ語として浸透しつつある「リスペクト」も、英語の意味と同じように「尊敬する」「敬意を表す」といった意味で使われている単語です。尊敬する対象が人の場合もあれば、作品や発言、行動などの場合もあります。

他の作品の影響を受けたという意味

「○○の作品をリスペクトして」という表現がなされる場合もあります。これは尊敬の対象となる作品から影響を受けた、という意味です。日本語での「リスペクト」は、尊敬だけでなく、追従したい、というニュアンスも込められます。

「リスペクト」の使い方・例文

尊敬や尊重の代替として使用

「リスペクト」は前述のとおり、「尊敬」「尊重」の代替として使用することができます。

例:○○氏の生き方を尊敬している。
 →○○氏の生き方をリスペクトしている。

例:相手企業の立場を尊重しプロジェクトを推進する。
 →相手企業の立場をリスペクトしプロジェクトを推進する。

先輩をリスペクト(尊敬)する

「先輩・上司をリスペクトする」といった場合には、尊敬する、という意味になります。ニュアンス的に立場が上の人、もの、作品などを挙げて「リスペクトする」という場合が多いです。

例:この会社で最も尊敬するのは○○先輩だ。
 →この会社で最もリスペクトするのは○○先輩だ。

少数派をリスペクト(尊重)する

人、もの、作品などだけでなく、意見をリスペクトするという使い方をすることがあります。この場合には「尊敬」ではなく、「尊重」という意味で捉えるとすんなりと意味が通るでしょう。

例:会議では少数派の意見も尊重し、進めていきましょう。
 →会議では少数派の意見もリスペクトし、進めていきましょう。

リスペクトの類語


「リスペクト」には似た意味を持つ単語も多く存在します。しかしニュアンスが異なったり、使う場面によっては相手に失礼な場合もあります。注意して使い分けましょう。

オマージュ

「オマージュ」はフランス語の「hommage」からきています。「敬意」や「賞賛」を意味し、「リスペクト」と同じように使われます。しかし「オマージュ」は、ある作品や作家に影響を受けて作品を作る、といった場合に使用されることが多く、人に対して「○○さんをオマージュしている」という使い方はカタカナ語の慣例的に不自然です。

引用

「引用」の場合、作品や文章を作成するときに、実際に他の作品・文章からある一部分を引いて用いることをいいます。「リスペクト」「オマージュ」の場合には作品中にそのまま他の作品の一部分を用いることはありません。

インスパイア

「インスパイア」は英語で「inspire」、意味は「鼓舞する」「発奮する」です。ある作品に影響されて、作品を作る時などに「○○からインスパイアされて××を作った」などといった使い方をします。この場合も「リスペクト」「オマージュ」と同様に、対象の作品からそのまま一部分を用いるということは指しません。

サンプリング

作品制作に関する用語でよく聞かれるのが「サンプリング」です。この単語は英語の「sampling」からきています。意味は「見本・試料の抽出」、また「抽出した資料・見本」という意味です。「引用」と近しい表現になります。

盗作

作品制作において問題となっているのが「盗作」です。気を付けたいのが、「リスペクト」「オマージュ」「インスパイア」といいながら、対象とする作品の内容の一部またはすべてをそのまま使用することです。

「リスペクト」などは、あくまでもその対象とする作品から影響を受けたという意味。無断で一部分をそのまま使用すると「盗作」とみなされてしまいます。

リスペクトの反対語は?

ディスリスペクト(Disrespect)

「リスペクト」の反対語は「ディスリスペクト(Disrespect)」です。意味は「軽視する」「見下す」「軽蔑する」となり、日本でも「ディスる」「ディス」という俗語として浸透しています。

まとめ

「リスペクト」はビジネスシーン以外でもよく見かける単語です。しかし意味を理解せず使用すると、意図せず相手に失礼を働くことになってしまいます。また、ビジネス文書などではしっかりと「尊敬」「尊重」という日本語を使用する方が好印象の場合もあります。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る