イシューとは?ビジネスで役立つ使い方と注意点

ビジネスで英語を基にしたカタカナ語が使われることが多いです。本来の意味とビジネスの意味を正しく使いこなすことで、スムーズな仕事につながります。その中でもイシューという言葉をご存知でしょうか。イシューと言う言葉の考え方やポイントについてご紹介します。

イシュー(issue)とは


イシューは英語で書くとissueと綴る言葉になります。英単語issueと、ビジネスで用いられるイシューの意味には違いがあるのでしょうか。ビジネス用語として理解するポイントであるissueとイシューについてご紹介します。

英語の「問題」を意味するカタカナ語

英単語であるissueとは、「問題・課題」を意味する言葉になります。troubleやproblemなど類似した言葉があります。ビジネス用語のイシューでは、「考えるべきテーマ」というニュアンスでも用いることが一般的です。ビジネス用語では語源が類似している言葉があっても別の言葉であると認識した方が良いでしょう。

似た言葉「Problem」との違い

isseuに類似している言葉としてproblemがあります。その言葉もプロブレムとしてビジネスシーンで使われることが珍しくありません。同じミーティングや会議で話される話題でもあっても、直近の重大な課題や問題を示すテーマであればプロブレム、時間をかけて討論すべきテーマにはイシューと区別することが定番です。この二つを使い分けるだけでも、理解している社会人として評価される可能性があります。

ビジネスで使われるイシューの例

ビジネスシーンで用いるイシューには、話題にかける時間や優先度をあらかじめ先方に伝える効果が狙えます。明日のミーティングには、〇〇売り場でのイシューについて議論すると言われると、当日の議論だけでは決まらない可能性あるということが伝わります。

イシューの設定で得られるメリット


イシューという言葉の意味は、問題や課題であるため、そのまま表現すれば良いのではと思うかもしれません。しかし、イシューには時間や優先順位を暗示する効果があるため、時間に追われるビジネスや社会人にはイシューを用いることでメリットがあります。あえてイシューの設定をすることで得られるメリットについて紹介します。

会議や議論を効果的に進められる

事前に目安や目標を定めない会議を始めると、何のための会議だったのか、終わってみれば分からなかったというケースは少なくありません。今回はなんのイシューについて話し合うかを明確にしておくことで、脱線しそうになったときなどに主題に戻しやすくなります。

見落としていた機会に気づく

ミーティングや会議の話題として同じ案件をイシューとして、何度も話し合うことはビジネスシーンでは珍しくありません。イシューとして議論する回数を増やすことにより、見落としていたポイントや視野が狭まっていた点などを見つけやすくなります。なかなか解決法が見えず、その時は都合のいい提案しか見当たらない場合にも、長期的に議論すべき案件(イシュー)として扱えば、次回に持ち越しやすいというメリットもあります。

イシューを使った議論の注意点


イシューというビジネス用語を使いこなすことで得られるメリットは多いです。しかしイシューを多用したり、使い分けを誤ったりすると、別の問題を起こす可能性も低くはありません。イシューを用いる議論の注意点について紹介します。

イシューの本質を理解する

主語と述語を対応させると以下のようになります。イシューを用いるべき案件やテーマは、長期化を前提に議論される内容を選ぶことがポイントです。即効性を求める話はプロブレムとして扱う必要があります。売上が先月落ちたので、「今月の売上げを伸ばす」はプロブレムでありイシューには相応しいとは言い難いです。5年後に向けて「どうすれば将来的に売上げを伸ばすことができるのか」と時間軸を定めることで初めてイシューとして扱えるようになります。

議論のときにイシューを意識し続ける

イシューについて話し合う会議は、いろいろな面から話し合ったり、当日で決まる話題ではなかったりするため、話が本筋から離れるケースも少なくありません。話題そのものがすり替わる可能性も珍しくなく、会議の進行役を務めている方は話題を引き戻す意識を持っておくことも欠かせないと言えるでしょう。イシューについて議論するということは曖昧な部分から決めていくため、話がそれる変わるといったリスクには敏感であることが求められます。

イシューを活用したストーリー


イシューとして話しあっていくためには、ある程度の流れをストーリーとして設定しておくと、理想的な進行が期待できます。この三つをしっかり考えていくことで具体的なストーリーになり、解決しやすくなります。イシューは少々漠然としているというデメリットもあります。そのデメリットを克服するため、イシューを話し合うときは「疑問・設定・アクション」の流れが求められます。

疑問を持つ

漠然とした悩みや案件について、「なぜ」という疑問を持つことがストーリー作りに役立ちます。まずは、イシューそのものを大きな疑問に設定します。例えば、「○○事業部を存続させるべきか?」などです。それに対し、小さな疑問を挙げてみます。例えば、「他の事業部が兼任できるのか?」「存続にどのくらいのコストがかかるのか?」などが挙げられます。

イシューと枠組みを設定

大きな疑問であるイシューと、イシューを構成する要素である小さい疑問を整理します。小さな疑問がどのように関係しあっているか、誰がその疑問に回答するかの枠組みを整えます。そして、会議までに担当者が疑問に答えられる状況にしておきます。

有意義なアクションに繋げる

小さな疑問に対する回答が得られたら、大きな疑問であるイシューに答えを出します。イシューに対する意思決定ができれば、有意義なアクションを行うことができます。

厳密に審議を重ねた場合でも、失敗する可能性はあります。イシューに対するストーリーに慣れていない場合は、失敗について分析して話し合うことで、次回のイシュー解決に繋げましょう。「イシューに対して、◯◯という予測のもと、△△というアクションをしたが、うまくイシュー解決には繋がらなかった。何が問題であったか」といった課題発見をして、イシューに取り組む時の知見をためていきましょう。

まとめ

今回はビジネスシーンで用いられる言葉、イシューについて紹介しました。イシューとは短期間で解決することは難しい案件で、長い期間を必要とします。しかし解決することによって得られることは多く、議論の余地ある課題こそイシューとして受け止めていく必要があります。その姿勢こそ、ビジネスシーンで求められるものではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る