プログラミングのタイピングを速くするには?遅いのは直すべき?

プログラミングを行う際は、言語に対する知識も勿論なのですがタイピングの速さも重要な要素です。タイピングスピードが遅いと様々な部分に影響がでてしまうため、なるべく速いにこしたことはありません。実際にはどのような悪影響が出るのか、そしてスピードを上げるにはどのようにすれば良いのでしょうか。

タイピングは遅くてもいい?

遅いとプログラミングの上達の妨げに

基本的に、プログラムというのは正しく記述し、正しく動作させることが最終目的になるため、それさえ達成できればタイピングは遅くても問題ないと言えるかもしれません。しかし、プログラムの上達には様々なコードを打ち込んで動作確認、及びエラー修正を行うことが必須となるため、タイピングが遅いと結果的に上達の妨げになってしまうでしょう。

生産性を上げるためにスピードを向上

そして、タイピングの速さは開発の生産性を上げるためにも重要です。個人で開発しており、特に納期も設けられていないようであれば生産性が問われることはありませんが、仕事としてチームで開発している場合はそうはいかないでしょう。

プログラマーはソースコードを読んで正しい判断を行うことが大事という考え方もありますが、納期が設けられている仕事では生産性を意識することも大切です。

タイピングが速い人の特徴とは

ブラインドタッチができる

タイピングが速い人の特徴としては、まずブラインドタッチを習得しているということが挙げられます。ブラインドタッチとは、タイピングする際にキーボードを見ずにタイピングができる技術です。

ブラインドタッチができると、入力の速さは勿論、入力した文字を画面上で追いながらタイピング可能なため、入力ミスがあったら瞬時に対応することができます。

ホームポジションに指を置いている

ブラインドタッチで入力するためには、ホームポジションと呼ばれる場所に指を置いている必要があります。決まった場所に指を置いているからこそ、そこからの相対距離で様々なキーをタイピングできます。

一般的なホームポジションは、左手人差し指はF、右手人差し指はJに置きます。多くのキーボードは、そこに指で触って分かるよう印が付けられています。

プログラミングのタイピングを速くするコツ

タッチタイピングを習得

プログラミングの生産性を上げたい場合は、なるべくブラインドタッチを習得した方が良いでしょう。ブラインドタッチができるかどうかで生産性は大きく変わりますし、中にはブラインドタッチができない人はチームに入れてもらえないところもあるでしょう。

一定のリズムで打つ

そして、タイピングの生産性を上げたい場合は一定のリズムを作って打つということも大切です。途切れ途切れに入力しているとタイピングややりづらく、またミスも多くなってしまう恐れがあります。最初はゆっくりでも構わないので、なるべく一定のリズムでタイピングできるよう練習しましょう。

正確性を心掛ける

タイピングを行う際には正確性も心掛けたいところです。いくらタイピングが早くても、入力ミスが多いと一々修正しないといけないため、最終的な生産性を上げることは難しいかもしれません。また、ブラインドタッチ習得のためにも、なるべくタイピング時には正確性を優先しましょう。

目標時間を設定する

タイピングスピードを上げたい場合は、秒数あたりの目標入力数を設定することも効果的です。明確に数字で目標を設けることは、タイピングのみならず何かを習得する際に常套の手法です。

1秒あたり10文字等といった形で設定し、クリアしたら次の目標へと進みましょう。勿論、タイピング練習を行うことのできるサービスの多くは、自分で数えなくても自動的に秒あたりの入力文字数を表示してくれます。

タイピングの練習方法

タイピングソフト

現在では様々なタイピング練習用ソフトがリリースされているため、それらで練習するのが効果的です。PCにインストールするアプリ形式のものから、オンラインで登録して行うものまで様々に取り揃えられています。自分に適したタイピング練習用ソフトを見つけることで、楽しく効果的な学習を行うことができるでしょう。

ここで注意したいのは、タイピングにはいくつかの入力方法があるということです。同じ日本語を入力する場合でも、一つのキーで日本語が一文字入力される場合と、二文字の英語を用いてローマ字として入力する方法があります(母音は一文字)。基本的には、日本語を入力する際はローマ字入力モードを選択しましょう。

JAVAなどプログラミング言語のゲーム

また、実際のプログラミング言語を用いたタイピング練習用ゲームを用いるのもお薦めです。プログラミングの生産性を上げるためにタイピングの練習をしている方にとっては、同時にプログラミング言語への理解を深めることもできるので、一石二鳥になるでしょう。

なお、プログラミング言語は自分がメインで使用しているものや、学習したいと思っているものを選ぶのが好ましいです。

まとめ

実際の現場で開発を行う場合、ブラインドタッチのスキルはほぼ必須と言っても過言ではありません。ブラインドタッチの習得にはまず基礎的な部分をソフトやゲームで学習。そして、実際にプログラミングを行う上で、精度を徐々に向上させていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る