外国人と住めるおしゃれな安いシェアハウスは女性にも人気?

シェアハウスというものをご存知でしょうか?イメージとしては、ホテルと同じように個室以外の居住空間を住人とシェアするものですが、シェアハウスでは住人同士の交流が盛んなところもあるようです。おしゃれな空間に安く住めるということもあり、女性からの人気も高まっています。

シェアハウスは外国人との交流の場?

東京・大阪のシェアハウスは外国人にも人気

現在、一昔前と比べるとシェアハウスの需要が伸びています。今までは家族や親戚と居住、若しくは一人暮らしをするのが一般的でした。しかし暮らしのグローバル化に伴い、仲の良い友達と、あるいは全く知らない人とシェアハウスに居住するという選択肢も増えてきているようです。

そして日本に居住する外国人の方も多くなってきているため、日本人、外国人問わずシェアハウスの人気が高まっています。特に大都市である東京や大阪のシェアハウスは外国人の方からも人気があるようです。

個室を出れば言語交換や異文化交流

シェアハウスでは、自分のプライベートな個室が一部屋与えられ、キッチンやトイレ、お風呂といった設備は共用するのが一般的です。そのため、居住者間での交流を図りやすいというのが人気の理由の一つですが、外国人の方と一緒に住んでいる場合、意識せずとも異文化交流を図ることができるでしょう。

また相手の言語でコミュニケーションすることもあるため、互いの母国語を教え合うといったことも可能です。そのため、海外に留学する前に一度国内のシェアハウスに住むといった方も増えています。

文化・感覚の違いによるトラブルもある

外国人の方とシェアハウスに居住する際には気をつけなければならないこともあります。日本と海外では文化も感覚も、育ってきた環境も何もかもが異なるため、いわゆる一般常識が通用しない場合があります。「一般常識として◯◯をするのは当然」という考え方は国際的な場ではトラブルの元になるため、問題が発生した場合は上手くコミュニケーションをとって解決を図りましょう。

シェアハウスなら東京や大阪でも安い、おしゃれ?

シェアハウスは1Rマンションより安い

シェアハウスはキッチンやトイレといった設備を共用するため、一般的には通常のマンションよりも家賃が安く設定されています。設備使用の利便性という面では通常の1Rマンションの方に軍配が上がりますが、家賃の安さではシェアハウスの方が勝るでしょう。

特に家賃の高い東京や大阪といった地域では、シェアハウスに居住するメリットがより高くなります。

個室タイプならプライバシーもOK

シェアハウスでは一人一人に個室が与えられるため、プライバシーもしっかりと確保されます。しかし普通の一軒家をシェアしている場合等はその限りではないかもしれないため、プライバシーが気になる方はしっかりと下調べを行いましょう。

女性向けのおしゃれな物件も増えている

昨今のシェアハウスは女性向けのおしゃれな物件も増えています。探せば女性専用の物件もあるため、見知らぬ異性とシェアするのは抵抗があるという方のニーズにも対応しています。

シェアハウスに住むのは向き不向きがある?

物や空間のシェアが苦手なら不向き

シェアハウスで快適に居住できるかどうかは慣れという部分もありますが、性格的な要素も大きく関係してきます。不向きな例としては、物や空間のシェアが苦手というものが挙げられるでしょう。

シェアハウスは文字通り様々な人がシェアして暮らす空間であるため、必然的に物や空間をシェアする機会が多くなります。

プライバシーに強くこだわるなら不向き

シェアハウスでは個室こそプライバシーが保たれるものの、それ以外の設備は基本的には共用することになります。そのため、生活にプライバシーを強く求める方にはあまりお薦めできません。シェアハウスでは、どうしてもある程度オープンな姿勢が求められます。

不向きな入居者はトラブルを起こしがち

シェアハウスは向いている人とそうでない人がはっきりと分かれます。もし向いてない人が無理やりシェアハウスに住んでしまうとトラブルを起こしがちになってしまうため、自分に適性があるかどうかは居住前にしっかりと検討した方が良いでしょう。

不向きでもシェアハウスに興味があるなら?

シェアハウス近くの1Rマンションを選ぶ

シェアハウスに住むのは苦手だけどシェアハウスに興味があるという場合、まず近隣の1Rマンションに居住することをお薦めします。ご近所さんであれば知り合う可能性もあり、シェアハウスというものがどのようなものかを外から見ることもできるでしょう。

リビングに非居住者も集えるシェアハウスも

シェアハウスでは、居住者以外にもリビングを解放しているところもあります。そのように管理されているシェアハウスの近くにマンションを借りれば、居住空間は自分一人で管理し、コミュニティは共有できるという形になります。それにより、シェアハウス居住者とトラブルになることも少なく、交流のみを楽しむことができるでしょう。

非居住者でも人間関係は共有できる

基本的にシェアハウスに居住している方はオープンな性格をしている傾向があるため、仲良くなることはそれほど難しくはないでしょう。非居住者でも積極的に交流することで、場合によっては異文化を吸収、体験することができるかもしれません。

まとめ

シェアハウスはメリットも大きい反面、トラブルも起こりやすい空間になっているため、事前に規約や住人構成はしっかりと調べておく必要があります。ご紹介したように近隣の1Rマンションに住んでコミュニティのみ共有するといった方法もあるため、自身に適した付き合い方を検討しましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る