編集者の仕事内容とは?給料や採用について解説

編集者の仕事内容には、どのようなものがあるのでしょうか。こちらの記事では、編集者の仕事の内容、給料の相場、必要とされるスキルについて紹介しています。また、紙媒体の編集者だけではなく、Web編集者についても触れていきます。

編集者の仕事内容とは


編集者の仕事といっても多岐にわたりますが、ここでは主に紙媒体での編集者の仕事について詳しく見ていきます。どのような仕事があるのか、全体的な仕事の流れやその内容、必要とするスキルはどのようなものなのでしょうか。

本や雑誌の企画から編集まで携わる

編集という言葉から、ある程度記事などが出来あがった段階で携わるイメージがあるかもしれません。しかし、実際の仕事の大まかな流れは「企画→予算決め→取材→記事の編集・デザイン→原稿チェック→次の企画」で、ほぼ全工程で携わる仕事です。全体をプロデュースするイメージが近いです。

仕事内容は人それぞれ

小さな出版社なら全ての工程を行うこともありますが、それぞれの段階で外注に依頼し、専門家に任せる場合もあります。例えば、取材や記事の執筆は専門のライターがおこなったり、全体の進行管理はディレクターの下についておこなったりする場合があります。

編集者といっても仕事が多岐にわたるため、仕事内容も人それぞれ違います。就職活動で編集者を希望している場合は、自分のイメージする編集者の仕事内容がどのようなものなのかを明確にし、選考を受ける企業の中の編集者の実際の仕事と照らし合わせるのがおすすめです。

コミュニケーション力は必須

取材のアポ取りや外注の方への指示出しなど、人に接するだけでなく、自分がどのようにしたいのかを伝える機会がとても多く、コミュニケーション能力は必須です。円滑なコミュニケーションを行うことで作業がスムーズになり、よりよいコンテンツが作られていきます。

編集者の給料はどのくらい?

年収250万~700万と幅が広い

編集者の仕事は、新卒中途関係なく就くことができ、特別な資格も必要ありません。また、編集者は必ずこの仕事をするといった決め事もありません。そのため、給料には大きな幅があります。

平均は400万円程度

全体の平均では400万円程度となっています。特別給料の高い職種とは言えません。また、編集業務は関わる人数や会社が多い分、時間が押しがちで、残業も多い傾向にあるようです。

しかし、編集者の強みは、自分の成果を示しやすいところです。企業の評価形態によりますが、企画から納品(または公開)までを一貫して請け負った場合、その記事の成績が自分の実績として評価されるでしょう。こういった評価を積み上げて、賞与や昇給を狙っていきましょう。

出版だけじゃない!Web媒体の編集者


編集者という仕事は紙媒体のみの仕事ではなく、Web媒体での仕事もあります。紙とWebの違いはどのようなものなのか、Web媒体の編集の仕事について、編集者として転職する場合の有利な点についてまとめました。

紙とWebでの違い

紙媒体の場合、企画段階である程度テーマが絞られて、そのテーマに沿って組み立てていくことが多いです。Web媒体の場合、読者の興味にこたえるため、検索エンジン対策やアクセス数分析をしながら企画していく力が必要となります。

また、紙媒体の場合は一度出版してしまうと修正が聞かないため、正確さや確実さが求められます。Web媒体においても正確であることはもちろん重要です。しかし、Webの特徴として、後からでも記事を編集できることや、記事を世の中に出すまでの時間がかなり短く済むというものがあります。そのため、世の中のニュースに対してすぐに記事のリリースをする瞬発力も大切にされます。

編集の仕事が分業化されている

Webの記事の場合、遠くにいる協力者とのやりとりが容易です。そのため、編集の仕事を分業し、さまざまな場所にいる人と仕事をすることがあります。

例えば、社内の編集者が記事の企画をし、業務委託のライターが執筆を行い、また別の場所にいる編集者が校閲をするといった形です。

新卒採用・転職の門も広い

紙媒体よりも仕事の内容が細分化されており、未経験で携わることも可能のため、Web編集者は入り口が広いと言えます。クラウドソーシングを活用してスキルを高めていくのもおすすめです。

また、新卒採用でも募集されていることが多いです。最初は先輩の編集者の下について仕事をし、その後一人前の編集者になるといった形が一般的です。

編集者に求められる3つのスキルとは


編集者に必要なスキルとはどのようなものなのでしょうか。一つのコンテンツを形にしてくという作業はとても大変ですが、やりがいのある仕事と言えます。編集者にもとめられる主なスキルを3つご紹介します。

アイディア・企画力

どのような記事が求められているのか、読者を意識したアイディア、企画力が必要となります。紙にしてもWebにしても、たくさんの情報があふれています。その中で読者に選んでもらうには、興味を引くようなコンテンツを作るアイディアが必要不可欠なのです。

日常生活の中でのちょっとした発見が企画に繋がることも多いため、日頃の情報収集を怠らないことが大切です。

進行管理・ディレクション能力

コンテンツを形にしていくためのスムーズな進行管理、ディレクション能力は、編集者として欠かせない能力といえます。記事ができるまでには、企画を作り、上長承認を得て、ライターに依頼をだし……といったように、様々な工程があります。そして、関係者にアポを取り付けたり、期限までに発注、検修、支払いをしたりしなければなりません。これらを期限までに行うには、ディレクション能力が重要です。

品質管理能力

誤字脱字だけでなく、その記事がテーマに沿ったものなのか、事実確認など細かくチェックして、精度の高い充実したものとするためには、品質管理能力が必要となります。自社のメディアに掲載するコンテンツを作る場合はもちろん、クライアントに納品する場合も、基準に合った品質を保つスキルが大切になってきます。

また、品質を高く保つだけではなく、品質の期待値の調整をすることも、品質管理能力に含まれます。クライアントと話し合い、どのくらいの品質のものを納品するのかの合意を取っておきましょう。例えば、資料をクライアントから受け取って文章にして納品するのか、資料を集めてその事実確認まで行った上で執筆するのかなどを決めておきます。

どうやったら編集者になれるのか


どうしたら編集者になれるのでしょうか。簡単な編集作業については、未経験からでも挑戦しやすい職種ですが、仕事の幅を広げ、より高度な仕事ができるように自らスリルアップすることが大切です。

新卒採用・中途採用どちらもある

編集者の採用は、新卒中途どちらもあります。編集者になる方法も、両者でそれほど変わりません。紙媒体の編集者になりたい場合は、出版社の編集職などを受けてみましょう。Web媒体の場合、Webの会社にはコンテンツ制作の部署があることがほとんどなので、そこで編集の仕事がないか探してみましょう。Webの会社では、部署名のバリエーションが多いという特徴があります。編集者が所属する部署としては、「コンテンツマーケティング」や「メディア制作」などです。事前に人事等に確認しておきましょう。

特別な資格は必要なし

特に必要な資格は求められることはありませんが、Wordなどパソコンをある程度使えるスキルは必須です。携わるメディアに合った趣味や特技など、自分の得意分野を持っていると強みとしてアピールすることができます。また、中途の場合は過去の実績を求められる場合もあります。客観的に自分のスキルを証明するには、資格をとっておくのも良いでしょう。

Webライターの仕事に役立つ資格
編集者の仕事に関する資格のうち、Webライターの資格がいくつかあります。実際に執筆するわけではなくとも、記事制作の基本や、著作権の知識など、編集者の仕事にも役立つ情報が学べます。こちらでは、Webライティング能力検定、WEBライティング技能検定、Webリテラシー試験、ビジネス著作権検を紹介しています。

デザイン・ライター経験が役立つことも

社会人経験があることや、デザイン経験、ライター経験があると編集者として働く際に役立つことも多いです。どのようなコンテンツに携わるかでも変わってきますが、今までの経験を生かして、さらに編集の基礎知識を身に着けるように努力しましょう。

まとめ

編集者の仕事は、紙媒体だけでなくWeb媒体での仕事も多く、仕事の内容は多岐にわたります。仕事の難易度は、未経験でも気軽に始めることができる簡単なものから全体の企画・運営までを含むものまであり、とてもやりがいのある仕事と言えます。

関連記事

ページ上部へ戻る