アニメーターの仕事内容は?アニメーターになるには資格は必要?

日本のアニメ産業は「ジャパニメーション」と呼ばれ、作品の世界観や緻密で美しい描写は海外でも高く評価されております。そんな魅力的な作品の舞台裏では、どのようなドラマが繰り広げられているのか?アニメーターの仕事ぶりや求められるスキルについて解説していきます。

アニメーターとは?

アニメーターの仕事は原画と動画

アニメーターの仕事は大きく前後の2工程に分けられます。前工程は、原画を1枚ずつ描き、レイアウトやカット割りを決める「原画担当」です。後工程は完成した原画に動きを持たせるために、原画と原画の中割りを見出して描く「動画担当」です。

この両工程の共同制作で、アニメーターの仕事が成り立っています。一般的に「動画担当」の中割を描くところから、仕事を覚え、画力を磨き、「原画担当」にステップアップしていくという流れです。

アニメーションの基点「原画マン」

原画担当は通称「原画マン」と呼ばれ、アニメーションカットの基点となる原画の最初と最後のカットを描く役割です。監督や演出家と作画打ち合わせをするところから始まり、作成した絵コンテをもとに、キャラクターの配置や背景を描き、アニメーションの世界観をつくります。担当カットの情報やセリフ、カメラワークの指示などを書き込み、後工程の作業へ引き継ぎます。

原画を動く絵に編集「動画マン」

動画担当を通称「動画マン」と呼びます。「原画マン」が描いた作画やカット割りをもとに作画の意図を読み取って、適切な中割りを描き、動画として滑らかな動きを持たせます。中割りの描写が崩れると、カットごとに線がズレたり、違和感のあるアニメーションになってしまうため、統一感のある線幅で原画のイメージと寸分違わぬ絵をつなげることが求められます。

未経験でも仕事や依頼を受けられる?

求人は未経験や初心者から募集がある

アニメ産業の需要拡大に伴い、アニメーターを募集する制作会社やスタジオでは、未経験者や初心者を募集しているところもあります。採用される人の多くは現場経験がない人で、専門学校や大学で専門知識を学んでない未経験者でもアニメーターになれる可能性は十分にあります。例えば、以下の制作会社のように、敢えてアニメ未経験者のみを採用し、原画研修生から基本を教え込む風土の会社もあります。

基本的にアニメーターは資格学歴不問

アニメーターは特別な資格や学歴が必要な仕事ではありません。現場で仕事をしながら覚えていくことの方が多いからです。しかし、独学でも良いのでデッサンの基礎を学び、自分の作品集(ポートフォリオ)をつくる経験を積んでおく方が良いでしょう。実際のアニメ制作会社は多忙な会社も多く、基礎の部分から丁寧に教えてくれるとは限らないからです。

アニメーターに必要なスキルは画力

「画力」は求められるスキルとして必要条件です。制作会社やスタジオでは1日何十枚も(作業量の多いときは200枚以上)もの、原画を描き、編集しますので、仕事を通じて画力を養われることでしょう。

「画力」と同様に大事なのは、下積み時代を乗り越えられる体力や、先輩や同僚とのコミュニケーション能力、そしてなんといっても「アニメへの情熱」です。それがなければ、紆余曲折の中、続けていくことが難しいからです。

原画マンはデッサン力も重要視される

「原画マン」はレイアウト作成時に、キャラクターの服装やシーンごとの配置と背景、カメラとの距離感などを考え、原画を起こします。その工程では、デッサンに必要な「立体感と観察力」の知識とスキルが求められます。ですから、「ただ他人と比べて絵が上手」というだけではなく、デッサン力や画面構成力のセンスを養い、総合的な世界観を描写できなければなりません。

動画マンは映像の構成力も必要不可欠

「動画マン」は原画をつなげて動画とする工程で次のカットを想像して中割りを描く必要があるたります。そのため、生き生きとした動画に仕上げるための構成力は必要不可欠です。そのスキルを養うために、原画のニュアンスを崩さない綺麗な線入れから始まり、動きの滑らかさ、演技やポージングなどのカットを起こします。

アニメーターの平均収入や給料は?

アニメーター平均年収は約333万円

アニメーターの平均年収は333万円で、400万円以下の年収が全アニメーターの50%以上という業界です。これは多くの制作会社が完全歩合制の制度を採用しているためであり、毎日の作業量も多く、大成するまでは相応の覚悟が必要です。

平均年収は低めですが、例えば漫画家などと比べると比較的仕事もあり、福利厚生が整っていると言えるでしょう。また、著名な監督やCGデザイナーとしての活躍の場が見いだせれば、年収1000万円以上の高収入が期待できます。

新人である場合は約110万円が相場

給与は、初年度から数年間は約110万円が相場で、アニメーターの平均年収を超えるには、それなりの規模の制作会社かCGを扱う制作会社などに就職すると良いでしょう。

現在アニメ業界を下支えしているアニメーターは、「下積み時代の生活を犠牲にしてでも働きたい」という情熱を持って業界に入った人たちが多いです。過酷な業界とされていますが、それでも夢を持って働きたいという人がいるほど、魅力的な業界とも言えるでしょう。

アニメーターの業種別に大幅変動する

アニメーターの年収は業種別で大幅に変動します。内訳は「仕上げ」が約195万円、「背景美術」が約240万円です。「原画」で約280万円、「キャラクターデザイン」が描けるようになると約510万円となります。各工程のアニメーターを取り纏めて、的確な指示が出せる「作画監督」で約570万円、制作物の全責任を負い、場合によってはクライアントとの予算交渉をする「監督」で約650万円です。

まとめ

アニメーターの仕事ぶりや必要なスキルについて解説してきましたが、ジャパニメーションが海外でも評価されている現在において、若いクリエーターの活躍が未来の日本のアニメ産業の行く末を担うといっても過言ではありません。アニメーター志望の初心者や未経験者は是非参考にしてみて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る