レスポンシブWebデザインとは?メリット・デメリットと作り方

Web業界で働く方は、一度はレスポンシブWebデザインという言葉を耳にした事があるのではないでしょうか。現在では、Webサイトを構築する際にはレスポンシブデザインを施すのが一般的になっています。それでは、レスポンシブデザインとは一体どのようなものなのかを具体的に見ていきましょう。

レスポンシブデザインとは?


レスポンシブデザインとは、PCやスマホ、タブレット等ユーザーが様々なデバイスで見ても大きくレイアウトが崩れないデザインの事を指します。一昔前はユーザーがインターネットをブラウジングするデバイスがある程度決まっており、基本的にはそれに合わせたデザインを行っていれば問題はありませんでした。

しかしスマホやタブレット等PC以外にもWEBに接続できるデバイスが増え、それらの画面サイズもまちまちであるため、現在ではレスポンシブデザインを意識する必要が生じています。

レスポンシブデザインのメリット

メンテナンスが楽

レスポンシブデザインでサイトを製作すると、閲覧しているユーザーのデバイスの画面サイズによって、プログラムが自動的にレイアウトを設定してくれます。レスポンシブデザインでは、主にCSSでレイアウトを管理するため、HTML部分は共通して使用します。そのためメンテナンスが楽になるというメリットがあるでしょう。

ページの管理が楽になる

また、レスポンシブデザインでサイトを製作した際のメリットとしては、ページの管理が楽になるといった点が挙げられます。従来の手法としては、PC版とスマホ版でサイトを分けていましたが、それではURLが別々になってしまうため管理が少々面倒という問題がありました。

レスポンシブデザインを使用することで、一つのURLで様々なレイアウトが対応可能であるため、管理しやすいサイトを製作する事ができます。

SEOに有利になる

そしてレスポンシブデザインでサイトを製作すると、SEOに有利になるといった点も見逃せません。今やSEOというと、いかにGoogle等の検索エンジンに気に入られるサイトを作れるかという話になっています。

Googleは明確にレスポンシブデザインを推奨しています。そのためレスポンシブデザインに沿ってサイトを構築するのはSEOに有利であるといえるでしょう。

レスポンシブデザインのデメリット

制作工数がかかる

それでは逆に、レスポンシブデザインでサイトを構築する際のデメリットを見ていきたいと思います。まずレスポンシブデザインは様々な環境に対応したレイアウトを作成しなければならないため、制作の工数がかかります。

制作工数がかかるという事はコスト増にも繋がるため、どの程度対応するかは予算と相談して決めた方が良いでしょう。

ページ読み込みが遅くなる場合がある

レスポンシブデザインでサイトを製作した場合、表示自体は画面に対して最適化されていますが、実際には全てのレイアウトのコードを読み込んでいます。そのため不必要な部分まで読み込んでしまう事による、表示の重さがデメリットとして挙げられるでしょう。

デバイスごとのカスタマイズが難しい

レスポンシブデザインは大まかに画面サイズを区切り、レイアウトを施すといったものです。そのため特定のデバイスに対するカスタマイズ性は低いといえるかもしれません。

レスポンシブ対応にしてと言われたら

メリットとデメリットを見極める

サイトをレスポンシブ化するメリットは確かにありますが、手がけようとしているサイトは本当にレスポンシブ化の必要があるかどうかを検討した方が良いでしょう。前述した通り、レスポンシブ化にはコストがかかるため、その点をクライアントにしっかりと説明し、了承を得ておかないとトラブルの元になる可能性があります。

サンプルを用意しよう

そしてレスポンシブ化を頼まれた際は、クライアントにレスポンシブデザインとはどのようなものであるかをきっちり説明した方が良かもしれません。そのために、いくつかのデバイスでレスポンシブに対応しているサンプルサイトを表示し、自社サイトにはどのくらいのレスポンシブ化が必要になるのかを判断してもらいましょう。

レスポンシブデザインの参考情報

参考ギャラリーサイト

参考までに、レスポンシブデザインのギャラリーサイトをいくつか記載させて頂きます。これらはクライアントにレスポンシブデザインを説明する際のサンプルとしても参考になります。

参考になる本や書籍

こちらは、レスポンシブデザインの基礎から設計までが解説されている一冊です。既にHTMLやCSSの知識を持っているという方にお薦めです。

レスポンシブデザインのコンセプトを合わせて解説している一冊です。技術的部分だけではなく、レスポンシブデザインについてより深く学びたい方にお薦めです。

こちらはテストやWordpressの実装まで、実際にサイトを運用するところまでを解説している一冊です。HTMLやCSSの知識をある程度有しており、より実践的な内容を知りたいという方にお薦めです。

まとめ

レスポンシブデザインは現在サイトレイアウトの主流であり、対応していない場合はユーザーを取りこぼしてしまう可能性が潜んでいます。Webサイトというのは、必要な情報を必要なだけ必要な人に、が基本であるためレスポンシブデザインを含め、見やすく分かりやすいサイト構築を心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る