ロイヤリティとは?意味・使い方と、エンゲージメントとの違いは?

ビジネスの場でしばしば「ロイヤリティ」という言葉が使われています。周りが使っているので、なんとなく同じように使っている人もいるかもしれません。正確な意味を理解しないで使っていると、ビジネスの場で話が通じないこともあります。意味をしっかりと理解し、自信を持って適切に使用しましょう。

ロイヤリティとは


日本語表記では「ロイヤリティ」となりますが、英語表記では「loyalty」と「royalty」の2つの表記があります。どちらが使われどのような意味があるのか知っていなければ、ビジネスの場では困ることもあるので確認しておきましょう。

マーケティングでは顧客の信頼性

マーケティングでは、「loyalty」の方の意味が使われ、直訳すれば忠誠や忠実になります。顧客がその会社・ブランドを高く信頼し評価していることを表す言葉で、繰り返し会社やブランドの製品を購入してくれる顧客は、ロイヤリティが高いと言えます。ブランドの構築において、ロイヤリティを確認し、高めることがマーケティングにおいて大切です。

ビジネス一般では会社への忠誠心

ビジネス一般でも「loyalty」の方の意味が使われ、会社や組織への忠誠心という意味を持つ言葉です。会社へのロイヤリティが高ければ、この会社でずっと働きたいと思うようになり離職率が下がるでしょうし、顧客への働きかけも積極的になり自社のブランドに自信を持ってPRできることが期待できます。いかにロイヤリティがある従業員・部下を持つかが、評価の1つになる場合もあります。

知的財産への対価

知的財産が話題の際に使うロイヤリティは、英語表記では「royalty」の方になります。直訳すると、王族・王位などの意味もありますが、ここでは特許権や著作権の使用料、印税などと考えるのが適切です。特許などに登録されているものや楽曲などの知的財産、フランチャイズ事業のロゴや店名などを使用する際に支払われる対価を示しています。

ロイヤリティのつく言葉

ここでは、「loyalty」がつく言葉を紹介します。

ブランドロイヤリティ

ある特定のブランドを好み、繰り返し何度も購入することに対して使う言葉です。どちらが得かを比べて、その時々で購入するブランドを変えるような場合は、そのブランドを何度か利用していても当てはまりません。ブランドロイヤリティを高めるには、品質の良い製品を作ることはもちろんですが、アフターサービスや接客なども行き届いていることが大切です。

顧客ロイヤリティ

ブランドロイヤリティと大きく意味は異なりませんが、顧客ロイヤリティと言うと、ブランドだけでなく企業全体も意味に含まれてきます。例えば、ある特定の企業が気に入っているので、飲料でも食品でもその企業が売り出している製品であれば購入するといったことです。また、ホテルや航空会社などのサービスが気に入り、繰り返しそのホテル・航空会社を利用することも当てはまります。

ロイヤリティマーケティング

ある店やブランドを気に入り、他の店やブランドはほとんど利用しない顧客に対し、購入金額などに応じて、さらなるお得なサービスを提供するマーケティング手法を差す言葉です。景品やクーポンなどの発行、イベントへの招待など特別感を提供します。このブランド・会社にとって自分は特別なのだと思えることが、さらなるロイヤリティの定着へと繋がります。

ロイヤリティの使い方


顧客に対してロイヤリティという単語を、直接使用したりはしません。使用するのは、次のような使い方が適切です。

マーケティングや人事の会議で使用する「loyalty」

マーケティングや会議ではどのように使われるか例をあげてみます。

「顧客ロイヤリティを知るために、再購入記録を調査しよう」
「ロイヤリティマーケティングを実施すれば、さらなる業績アップに繋げられるはずだ。」
「福利厚生を充実させ、社員のロイヤリティを高めれば、離職率も下がるだろう」
「ブランドロイヤリティをアップしよう!」

忠誠心や信頼という意味をもつ「ロイヤリティ」は会議では、しばしば出てくることでしょう。

音楽業界や知的財産権のかかわる部署で使われる「royalty」

音楽業界や知的財産権のかかわる部署では以下のように使います。

「楽曲が、CMや挿入歌に使われればロイヤリティがアーティストに支払われる」
「ロイヤリティが何%支払われるのかは、作家にとって重要な要素である」
「わが社とフランチャイズ計画を結ぶのであれば、毎月7万円のロイヤリティが必要となります。」

知的財産権が関わってくるシーンにおいては、「ロイヤリティ」はよく出てくる言葉です。

ロイヤリティの類語


「ロイヤリティ」に似た言葉に、「エンゲージメント」があります。

エンゲージメント

「エンゲージメント」とは、英語では「engagement」と表記され、約束や誓約などの意味を持つ言葉です。結婚指輪で用いられる「エンゲージリング」で知っている人もいるでしょう。

ブランドや会社へのエンゲージメントを利用するマーケティング手法の1つとして、SNSを利用するといった方法があります。双方向でやり取りを行うことで、エンゲージメントをさらに強いものにすることも可能です。

ロイヤリティとの違い

忠誠を意味する「ロイヤリティ」よりも、誓約などの意味を持つ「エンゲージメント」の方が、より繋がりが強いことが想像できます。「ロイヤリティ」では顧客や社員からの1方向の信頼や忠誠を意味し、「エンゲージメント」では顧客や社員と会社などとの双方向の信頼関係を表します。「エンゲージメント」の方がより発展した関係です。

まとめ

ビジネスの場で使われる「ロイヤリティ」には「loyalty」が適切であり、「royalty」が表す著作権などの使用料とは違う意味があります。発言の信頼を高めるためには、正しい意味を理解し、適切な場で使用することが大切です。ロイヤリティという言葉を適切に使いこなして、あなたの信頼を築いていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る