転職活動成功のカギは時間管理!?面接の日程調整のポイント!

  • 2017-8-29

みなさんは転職活動のとき、面接を受ける時間帯や会場への到着時刻、面接中の時間について考えたことはありますか?ビジネスシーンにとって時間管理は必須スキルであり、同時に転職を成功へと導く重要なマナーでもあります。 今回はそんな転職の時間について、時間管理や調整のポイントなどご紹介します。

時間管理が難しい転職活動の面接


現職とのバランスを取る

転職活動は現在勤めている企業と並行して行っている方が多いと思います。しかし、面接する企業によっては、現職中の勤務時間中に転職活動をしている人を採用したくはない、と感じている企業もあります。

そのため、転職への時間を確保するには有給休暇を利用するか、退職してから転職活動するか、という選択肢になります。在職中に転職される方は、まずどの程度、転職活動に時間を使えるか、現職とのバランスを見極めるのが重要です。

複数社受ける場合には時間の管理が大切

転職活動の面接は平日に行われることが一般的です。在職中の方で複数社に応募した場合、限られたスケジュールの中で面接の日程を調整する必要があります。

また、面接に向けた準備や応募先の企業について調べる時間も必要になるので、複数社を一度に応募する場合にはしっかりとした時間管理が大切です。

面接の時間帯設定はどうする?


現職の勤務時間後(18、19時から)に面接を設けてくれる企業も多い

最近では、平日昼間に面接の時間をとれない求職者向けに、現職の勤務時間後を想定した18時や19時からスタートして21時くらいまで面接時間を設定してくれる企業も増えています。

このように現職の勤務時間後に面接を受けることができれば、現職と並行しながらの転職活動が行いやすいため、応募社数を増やすことができスケジュール管理もしやすくなります。

どうしても日中しか無理な場合は有給休暇の活用を

現職の業務時間の都合により、18時や19時からの面接にいけない人は、転職のための時間確保が難しくなります。しかし、退職してから転職活動をするのはリスクも伴います。

また、2次面接や最終面接では役員と面接する事も多く、その場合は平日昼間に面接時間を設定される可能性が高くなります。
そのため平日昼間に転職活動の時間を取れない人は有給休暇を活用して、1日に複数社の面接に行けるよう事前に調整するなど工夫して転職活動を効率化しましょう。

面接の時間調整が必要な場合は?


面接予定の企業に変更日程の候補を伝える

在職中に転職活動を行う人は、応募先企業から提示された面接時間には都合が悪く時間を確保できない可能性も充分に考えられます。その場合、こちらの都合のよい日時を伝え、応募先企業と日程を決めていく必要があります。

基本的にはビジネスでアポイントメントを取るのと同様で、こちらと応募先企業の都合のよい候補日を伝えながら主体的にスケジュールを決めていくことが重要です。
しっかりとしたアポイントメントが取れることは、応募先企業に好印象を与えることにもつながりますので、きちんと時間管理しながら日程調整を進めましょう。

候補日を多めに提示する

応募先企業に面接の候補日を伝える場合、3つほど候補日を提示するようにしましょう。候補日を多めに伝えれば、相手の都合のよい時間と重なる可能性も高くなるので、何度も調整せずスムーズに面接日程を決めることができます。

一度確定した面接日程を変更する場合は謝罪を

現職の業務によって急な対応が必要な場合などで、一度確定した面接日程を変更しなければいけないケースもあります。その場合には、分かったら出来るだけ早く面接日程の変更を連絡して、謝罪をして新たな面接日程を決めましょう。

しかし、確定した面接日程を何度も変更するのは確実に悪い印象を与えてしまいます。現職の業務とバランスをみながら、確定した面接日程を変更するのはできるだけ避けるほうが無難です。

面接当日は何分前に到着するべき?


到着時間が早すぎても先方に迷惑がかかる

面接に行くときには約束時間の5~10分前に受付に到着するように行きましょう。早い時間のほうが確実だと思い、あまり早く訪問すると相手を焦らせてしまい迷惑をかける事につながります。

ギリギリだと時間にルーズだと思われる

約束の時間ギリギリに到着したのでは時間にルーズな印象を与える可能性もあります。基本的にはビジネスでアポイントメントをとって訪問するのと同様に、遅すぎず早すぎず訪問するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?現職中の人が日常業務と同時に転職活動をおこなうにはしっかりとした時間管理が必要となります。限られた時間の中で、自分の希望する企業に転職ができるよう上手にスケジュール調整をしていきましょう。

ページ上部へ戻る