ITエンジニアに簿記や会計の知識はなぜ必要?取得すべき資格とは

ITエンジニアというと、IT技術や知識の豊富さを売りに社会を歩んでいるようなイメージですが、最近は「簿記」や「会計」の知識を持っていると重宝されやすいようです。一見、ITエンジニアには技術レベルの向上のみに集中した方が効率は良さそうに思えますが、一体何故会計知識が必要とされるのでしょうか。

簿記の資格が必須な企業もある?

ITエンジニアの必須知識の企業も?

ITエンジニアは普段から移り変わりの速い技術トレンドに追いつくだけで精一杯であり、とても会計知識を身につける時間がないというのが現実です。しかし、最近はITエンジニアにも簿記知識を必須とする企業が増えてきているようです。

ITエンジニアに簿記が必要な理由

会計は企業のビジネスの基本

では、何故ITエンジニアに会計の知識が必要となるのでしょうか。まず、会計というのは企業の根幹を成すものであり、ビジネスにおいての基礎知識であるという点が挙げられます。会社という組織においてどのようにお金が流れているのかを知るということは、イコール会社の特徴や強み、弱みを知ることと同義になるでしょう。

それは勿論自社だけではなく、相手先の企業に対しても同様であり、会計を知ることで自分のクライアントがどういう状態にあるのかが一目瞭然になります。

経営層の話がわかるようになる

会計知識を身につけると、経営層の話を理解することができるようになります。経営者はどうしても立場上お金の話をすることが多いのですが、簿記に関する深い知識を得ることで、彼らと話が通じるようになり、一目置かれるといったこともあるかもしれません。

会計システムの構築に役立つ

また、業務で会計システムを構築する際にも会計知識は役に立つことでしょう。会計の世界は耳慣れない言葉が多く、基礎的知識を知らないまま要件定義や開発に臨んでしまうと、その意味を一々調べなければならないので効率が悪くなってしまいます。

それだけならまだしも、会計で使用される言葉というのは独特なものが多く、その意味を正しく理解して開発に望まないと、バグを頻発させてしまう恐れがあります。勿論言葉だけではなく、お金がどのように入り、どこに仕訳され、どのような処理が行われるのか、といった部分も同様です。

資格取得で差別化が図れる

ITエンジニアは技術だけに専念するというのも一つのやり方ですが、それだと競合が多くなってしまいます。そこで簿記を習得することで、簿記の分かるエンジニアという地位を確立することができ、差別化を図ることができるでしょう。

ITエンジニアが取るべき簿記の資格

簿記3級~簿記1級

簿記は会計の中でも基礎的な資格であり、主に経理業務に携わる方が取得するものです。難易度は3級→1級の順に上がっていき、簿記1級を取得できれば会計システム構築の際の要件定義に関わることができるレベルになります。

要件定義以外にも何かしらの形で開発に関わるのであれば、最低3級レベルの知識は欲しいところであり、できれば簿記2級レベルの知識があることが望ましいでしょう。

公認会計士

公認会計士は国家資格の中でも難易度が高く、合格するためには3000時間の勉強時間が必要だと言われています。それだけに価値の高い資格であり、ITエンジニアとしてのスキルと会計士のスキルを共に有している場合は、市場価値が跳ね上がることもあるかもしれません。

公認会計士の資格を取得すると決算書が読めるようになるため、クライアントの財務状況を把握することができます。それにより様々なコンサルティングやソリューションを提案できるようになるでしょう。

会計資格一覧
会計知識を習得することで、ビジネスに活用できるでしょう。ここでは会計の基礎が学べる検定試験や会計資格、海外勤務を希望している人にむけて英語力と会計知識の両方を身に付ける資格試験など専門性の高い資格をご紹介します。

ITエンジニアが簿記を勉強する方法

本で学ぶ

簿記を学ぶベーシックなやり方は、まず書籍で学ぶという方法です。ITエンジニアの方であれば普段から技術書等で文章に親しんでいる方もいると思いますが、空き時間に少しずつ読み進めることで効率良く学習を進めることができるでしょう。

しかし本で学ぶことのデメリットとして、自分に適した書籍を選ぶのが難しいといった点が挙げられます。誰か詳しい人にアドバイスを求める等、工夫が必要です。

通信講座を利用する

また、オンライン等の通信講座を利用するのもお薦めです。ある程度勉強時間を確保できる場合は、習熟度に沿って適切な教材を提供してくれる通信講座で勉強した方が、効率が上がるかもしれません。

オンラインの通信講座であれば、端末さえあれば自分の好きなときに好きな場所で学習することができるため、独学が得意な方にはお薦めです。

通学講座に通う

そして可能であれば通学講座に通うことも検討しても良いでしょう。通学講座は講義時間が定まっているため、融通がきかない反面、払ったお金を無駄にしたくないから何が何でも通うといった意識が生まれることも期待できます。

ある程度自分に勉強を強制することができるため、短期間で資格を取得したい方は通学講座を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

技術トレンドの移り変わりは速いためITエンジニアは常に勉強に追われているのが現状で、そこに更に簿記まで詰め込むというのは至難の業です。しかしエンジニアとしての付加価値を身に付け、市場価値を高めるには固定化された知識だけではなく、常に新しい世界に飛び込んでいく必要があるのかもしれません。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る