フィードバックの意味や類語は?ビジネスでの使い方と例文

フィードバックという言葉は、ビジネスシーンでよく耳にする言葉の一つですが、正しく理解し、使えている人は意外と少ないのではないでしょうか。今回は、このフィードバックの意味や正しい使い方を解説していきます。

フィードバックとは?

評価した結果を伝え返すこと

ビジネスシーンにおいてフィードバックは、行動などの結果を評価し、その行動の主体者に伝え反映させることを言い、上司と部下の間、消費者と企業の間など様々な場面で行われています。次の行動を調整・改善していくことがフィードバックの目的ですが、上司と部下との間など、成長を促す教育の一つとしても考えられています。

英語としての意味

フィードバックは英語を成り立ちとしており、直訳すると「帰還」という、電気回路などの出力に応じて入力を変化させる言葉を意味します。さらに「feedback」を分解してみると、「feed」と「back」に分けられることに気づきます。「feed」は、「食物を与える」、「back」は「返す」や「戻す」という意味で、これらの言葉からもフィードバックの「評価し結果を伝え返す」という意味を見て取れるのではないでしょうか。

フィードバックすることの効果

フィードバックは、結果からその元の原因を調整し、次の行動をより良くするために行われます。適切なフィードバックを行う、または得られることで、プロジェクトの運びをスムーズにできる効果や、個人のパフォーマンスの向上、新しい視点が獲得できるなど、目標とする成果につながる改善が期待できます。

フィードバックの類語

類語として「リアクション」や「反応」といった言葉もありますが、その場合は、結果を評価しその主体者に反映していくという意味より、他のやり方などに対して何かをすること、という意味合いが強くなります。フィードバックやリアクションを正しく理解して、うまく使い分けましょう。

もとはITや工学の分野で使われた言葉

様々なシーンで使われるフィードバックですが、元々はITや制御工学分野が成り立ちと言われています。帰還という言葉が直訳になるように、電子回路やソフトウェアの出力された情報を入力側に返し、調整・改善するための言葉として主に使われていました。

心理学、教育学などでも使われる

ビジネスシーンや制御工学分野以外でも、フィードバックは心理学や教育学などの様々なシーンで使われています。心理学・教育学の分野でも、行動などの結果を参考にし、その元の行動をより適切な仕組みにしていくという意味で使われています。

フィードバックはどのようなシーンで使う?

上司から部下へのフィードバック

上司から部下へのフィードバックは、日々の仕事や評価面談などにおいて行われ、いずれの場合も部下のモチベーション向上や能力アップを促す、教育・成長的観点を重要とされています。「もっとこの部分をこうすべき」といった具体的な内容を盛り込み、称賛もきちんと行うことで、部下も行動へと移りやすく成長へとつながります。

消費者から企業へのフィードバック

消費者が利用している商品やサービスについて、企業に感想やクレームを送ることもフィードバックといえます。企業はそうした消費者からのフィードバックをより良い商品やサービスづくりに活かせるよう活動を行います。

フィードバックの例文

上司から部下へのフィードバック例文

上司と部下でプレゼンに行った際のフィードバック例です。

「今日のプレゼンはクライアントの課題を的確に捉えていたね。次は、スケジュールやプロジェクト体制の観点も資料に入れて提案すると、もっと良くなるはずだ。」

消費者から企業へのフィードバック例文

ある企業から商品を定期購入しているお客様のフィードバック例です。

「いつもよく使わせていただいております。商品自体は大変満足ですが、梱包がしっかりとされていないときがあり、ケースが凹んでいるときがあります。中身には問題ないのですが、できれば改善していただきたいです。」

フィードバック時に注意する4つのポイント

次に活かせる内容にする

フィードバックは次の行動の調整・改善が目的のため、今回の結果から次に何が活かせるかを明示することが大事です。行動の振り返りや、「もっとこうすべき」というアドバイスを、うまく次の行動に結びつく内容にすることで、フィードバックの受け手の成長にもつながります。

具体的にする

フィードバックが具体的であれば、次の行動につなげやすくなります。あいまいな表現のフィードバックでは、フィードバックの送り手と受け手の解釈に違いが発生し、行動の遅れや間違いになりかねません。「何を」「いつまでに」行うのかなど、送り手と受け手の両者の認識が一致するように具体的なフィードバックを心掛けるとよいでしょう。

実行可能なものにする

具体的な内容でも、実行が難しいフィードバックでは実際の行動に落とし込めず、次の行動の調整・改善にはつながっていきません。フィードバックを受けた行動の主体者にとって、ハードルの高すぎるものになっていないか、実行可能なものになっているかを意識することが、結果としてスピーディな行動につながります。

適切な言葉で

行動を引き出すためには、具体的で実行可能な内容も重要ですが、その伝え方も大切になります。的確なフィードバックでも受け手がネガティブな感情を抱き、実行が行われなければ意味がないものになってしまいます。否定的な言葉の使用を避け、ただの不平不満にならないように受け手に行動を起こさせるためには、どういう言葉が適切かを考えフィードバックしましょう。

フィードバックとフィードフォワード

フィードフォワードとは

フィードバックは、「結果」に焦点を当てて、評価やアドバイスを伝え返していきますが、フィードフォワードでは、「未来」や「目標」に焦点を当てて、何ができるのかを話し合う手法となります。 結果に焦点を当てるフィードバックの場合、時として失敗などのネガティブな話題になりがちですが、未来を見据えるフィードフォワードでは、否定的な評価を避け、モチベーションを上げる面を特に重視している点に違いがあります。

フィードフォワードの利点

フィードフォワードは、部下の未来に目を向け先の課題を一緒に考え提案をすることで、目標に向かう意欲を高める効果が期待できます。フィードバックやフィードフォワードはどちらも目標や成果を達成していくには重要なため正しく使っていきましょう。

まとめ

日々のビジネスシーンでフィードバックを正しく使えれば、目標の達成や部下とのコミュニケーションなど、大きな効果を発揮してくれるはずです。この機会に改めて、あなたの業務に正しいフィードバックを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る