システムエンジニアになるには?未経験から目指すこともできる?

フリーランスの仕事の中で注目される仕事の1つにシステムエンジニアがあります。web関連のビジネスには熟練したシステムエンジニアは欠かせないことは言うまでもありません。評価されるシステムエンジニアになるにはどうしたら良いのか、未経験でも目指すことが出来るのか?システムエンジニアになる方法について紹介します。

システムエンジニアになる方法


システムエンジニアとは依頼者の要望や自らの発想からシステムを構築したり管理したりする職業です。ネットビジネスが多い現在、人気が高いシステムエンジニアになる方法について代表的なものを紹介します。

専門学校や大学で学ぶ

システムエンジニアなるには、情報や情報工学系の進学をする方法があります。専門学校や大学にはシステムエンジニアに特化したコースがあることも珍しくありません。情報やシステムに関する専門知識やスキルを学ぶことで、システムエンジニアの基礎をみにつけることが可能です。

未経験可の求人に応募する

未経験可という条件のある求人に応募することも方法の1つです。仕事を多くこなすことで特定の分野でシステムエンジニアとして経験を積むことが出来るケースもあります。

プログラマーから転身する

もともとはプログラマーとしてのスキルや職業経験がある方は、転身してシステムエンジニアになるという選択肢も珍しくありません。プログラムによるシステム構築が可能なため、ある程度の経験で仕事のノウハウを掴むやすいといえます。しかし、システムに用いるプログラムのコンピュータ言語を新しく覚える必要も念頭に置くべきです。

独学でシステムエンジニアになれる?


それでは独学でシステムエンジニアを目指すことは可能なのでしょうか。これからシステムエンジニアを目指す方へ、独学で目指す方法やポイントについて紹介します。

独学で目指せるスキルレベル

システムエンジニアが携わるシステムというのは、幅広くジャンルや種類が存在するものと言えるでしょう。まずはレベルに合わせて学んでいくことが大事です。特に基本情報技術者試験レベル〜応用情報技術者試験レベルが独学でも目指すスキルレベルになると言えるでしょう。

本で学ぶ

書店や図書館などでは、多くの職業について書かれているハウツー本があります。そのためプロのシステムエンジニアが高く評価している本を購入し、自宅で最初から学習してみるという方法もあります。自分のペースに合わせて学習できるので、継続した学習や学習できる環境が整っている方にはおすすめの選択肢と言えるでしょう。

WEBサービスを利用する

インターネットにはeラーニングとして、さまざまなことを動画やマニュアルで学習できる方法があります。書物の学習だけではイメージが難しいという方には、WEBサービスを活用した動画学習がおすすめになります。WEBサービスの種類は豊富で、状況に合わせたものを選べることも魅力の一つと言えるでしょう。

システムエンジニアになるには資格は必要?


人気の高い職業でありながら、学習して目指せる方法も多いシステムエンジニアはメリットが多い仕事と言えます。それではシステムエンジニアには専門の資格などがあるのでしょうか。気になるシステムエンジニアの資格やポイントについて紹介します。

SEの資格はスキルの証明に有効

SE(エスイー)としての略称でも知られるシステムエンジニアは、システムエンジニアになるための資格というのは存在しません。しかし、SEとしてのスキルの高さを証明する資格なら存在しています。すなわち資格があるシステムエンジニアであれば、高いスキルをもっているエンジニアとして評価されます。

SEの資格の種類

SEとして高いスキルを証明する資格には、大きく分けると二つの種類があります。国がスキルの高さを証明する国家資格と、企業がスキルを認定してくれるベンダー資格の二つになります。
 

SEにおすすめの国家資格

SEの多くが保有しているおすすめの国家資格は、基本情報技術者試験と応用情報技術者試験の二つがあります。年に二回実施される国家試験として知られており、どちらも合格数は受験者数の二割ほどです。まずSEを目指すのであれば、基本情報技術者試験から取り組んでみることも一つの手と言えます。

SEにおすすめのベンダー資格

SEとして評価されるおすすめのベンダー資格と言えば、オラクルマスターがあります。オラクルマスターはオラクル社製のデータベースに関する習熟度を4段階で証明する資格です。ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナの4段階になりますが、ブロンズから順番に取得していくことになっています。企業によっては資格ほ保有すると給与アップになるため挑戦する価値は十分にあります。

まとめ

今回はwebビジネスには欠かせない注目の職業、システムエンジニアについて紹介しました。システムエンジニアになるためには選択肢がたくさんあります。現在の状況に合わせて確実に知識と技術を磨いて、システムエンジニアへの道を進んでいきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る