主体性とは?自主性との違いや類語・対義語を徹底解説!

スポーツの世界やビジネスシーンで、「主体性」という言葉をよく聞きます。なんとなく意味は理解していても、正確に理解できている方は少ないのではないでしょうか。実は似た言葉がたくさんあり、微妙に意味合いも違うのです。そこで今回は、主体性の意味について詳しく解説していきます。

主体性の意味


ビジネスの世界でも使われる主体性という言葉には、どのような意味があるのかを説明していきます。

自分の意志で責任をもって行動する態度

誰かに指示を出される前に、自分の意思や判断で行動を起こすことを指します。ビジネスシーンでは、主体性を持って行動することが重要視され、会社のために自発的に動く人材が重宝される傾向があるのです。

主体性のある方は、自分はこうしたいという考えで動き、活動するなかで疑問点があれば分からないままにせず、自分で調べて理解しようとします。そのため他の人材よりも一歩先に進むことができるはずです。

主体性の使い方・例文


主体性を実際に使うときの例文を紹介します。間違った使い方をしないよう、しっかり確認することが大事です。

主体性のない人

自主的に動くことができない人という意味合いの文章になり、指示をされてからでないと動けない人のことを指します。良いイメージを与える言葉ではないため、こういった言葉を投げかけられるようなら、改善していく取り組みが必要です。

主体性を持って行動しなさい

命令を待ってから動くのではなく、自分でこうしたほうが良いのではと考え、率先して動きなさいという使い方です。会社に入社したときなどに、新人研修でも聞く機会があるでしょう。社会人になると、キャリアを積むごとに成果が求められるようになります。

ビジネスマンとして成長することは、徐々に主体性を持って行動ができるようになるということでもあるのです。

主体性と自主性の違いは?


主体性と似た意味合いを持つ言葉で、「自主性」という言葉が存在します。2つの言葉にはどのような違いがあるのか、解説していきます。

やるべきことが明確かどうか

自主性は、やるべきことが決められている場合に使われる言葉です。そのため自主性を持って行動するときは、まず自分がやるべきことは何かを考えることが重要になります。

自ら考え、行動に責任を負えるか

やるべきことに対して、自分から動くのですが、それは自分勝手に動くことではありません。会社の方針とは反対のことをしてしまうと、自主性があるとは思われないでしょう。したがって主体性を持って動くときは、自分の行動が招く結果に対して責任を持てるかどうかを考えることが大事です。

主体性は自主性をも含んでいる

自主性は与えられた目的がはっきりしており、達成するためにどうしたらいいのかを自分で考えるのです。主体性はやるべきことが決まっていない場合に、自分で終着点を決めて動くことになります。

主体性の類語は?


主体性と似た類の言葉がいくつか存在します。それぞれどのような意味があるのかを見ていきましょう。

積極性

主体性と似た意味を持ちますが、人から与えられた指示に対して、許容範囲内で積極的に行動することを指します。

自発性

指示を受けずに行動することを指す言葉です。自主性と特に近い意味になりますが、自主性は監視下の状況で積極的に行動する態度のことを言います。自発性は誰にも監視されていない状況の場合に使われるのです。自分がしたいと思ったため行動するということを指します。

主体性の対義語は?


主体性とは反対の意味合いを持つ言葉もあり、ビジネスシーンでも頻繁に使われるはずです。

受動性

自ら率先して動き、目的も自分で見出す主体性とは反対に、指示をしっかり受けないとうまく行動できないことを指す言葉です。手伝ってほしいときも、手伝ってほしいと指示を出さない限り自分から行動することはありません。ただ、どのような指示に対しても受け入れる心構えはあるので、上手く改善することができれば、主体性のある人材へと成長する可能性があります。

指示待ち

指示を与えられれば動くことが可能だという方に対して使われ、自分が与えられた範囲外の行動をすることはありません。命令に対して忠実に動くことはできますが、反面言われたことしかできない人間だと判断されることもあるため注意が必要です。

仕事でも細かく指示を出さないと期待以上の仕事ができないため、あまり好印象ではないでしょう。書類のコピーを頼むときでも、その都度枚数を指定しないと動けないため、融通がきかないイメージも抱かれる恐れがあります。

まとめ

ビジネスマンとして一流となるには、常に主体性を持って行動することが大切です。はじめは右も左も分からず指示待ち状態になるかもしれません。しかし最終的には主体性のある人材になれるようにしましょう。そのために常日頃から先輩の行動や上司の求めていることを考えることが大事です。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る