マイルストーンとは?ビジネス上の意味や使い方

ビジネスシーンで、プロジェクトを進めるときなどに「マイルストーン」という言葉が使われます。実はマイルストーンはビジネスの業務を円滑に進めるために役立つ言葉なのです。そこで今回は、マイルストーンの様々な使い方を、例文も交えて詳しく説明していきます。

マイルストーンとは


ビジネスシーンでも使われる言葉になりますが本来の別の目的で使われる言葉でした。まずはマイルストーンとはどのような意味なのかを学んでいきましょう。

語源は道路の標石

本来は、1マイルごとに目印として置かれる標石のことを指します。目印として置き、自分が今何マイル進んだのかを確かめるために使われました。1マイルずつしっかり進んでいくという意味が転じて、ビジネスの世界やその他の事柄にも使われるようになったのです。

ビジネスでは重要な節目のこと

ビジネスの世界でもマイルストーンという言葉が使われます。ただ、ビジネスシーンで使われる場合は、仕事の目標、工程の節目といった意味になるのです。一つずつ目標を決め、目的を見失わないようにするために使われ、業務の進捗状況を把握するために役立ちます。

基本的には長期のプロジェクトでスケジュールをしっかり組むときに使われ、目標を達成するために重要な役割をはたす言葉です。

マイルストーンのつく言葉


マイルストーンは、様々な言葉と組み合わせて使われるのです。言葉ごとに意味が変わるため、詳しく説明していきます。

マイルストーン払い

作業の報酬の支払いにマイルストーンが使われることもあります。長期のプロジェクトに携わったときに、設定した工程ごとに予算が支払われるという仕組みになっているのです。支払う側も一度に大きなお金を支払う必要がなく、受け取る側も作業が全て完了する前から報酬をもらえるのでお互いにメリットをもたらします。

マイルストーン管理

ビジネスにおいては、プロジェクトの工程を設定する意味合いになるため、順調に進んでいるかどうかを管理するという言葉になります。管理者がマイルストーン通りに進行しているか把握しておかなければ、周りも現状が把握しづらくなるのです。そのためマイルストーンを管理する立場は重要なポジションとなるでしょう。

マイルストーンの使い方


実際にマイルストーンという言葉は、どのようなときに使えばいいのか、使い方を具体的に解説していきます。

プロジェクトの最初に決める

会社で大規模なプロジェクトを発足する場合、大人数が携わることが多いです。各自が目標を明確にするためにも、マイルストーンを設定して節目をはっきり決めていきます。そうすることでいつまでに完了しなければならないかが分かり、スケジュールが遅れてしまったときも調節ができるようになるのです。

スケジュール表に書き込む

マイルストーンをスケジュールに書き込んで、工程を具体的に記していきます。建築業界の工事スケジュール、システム開発のスケジュールなどを設定するときに使われることが多いです。

納期が決まっていることを計画通りに進めるためには、目標を明確にする必要があります。そのときにマイルストーンを設定しておくと、メンバー間で連携も取りやすくなり、遅れているならフォローし合うことも可能です。

マイルストーンの例文


ここでは、マイルストーンの使い方を例文で学んでいきます。意味を理解して使わないと、間違った表現をしていることに気づかないかもしれません。そのため正しく使えるようしっかり確認することが大切です。

マイルストーンに影響が出ないように

プロジェクトの進行に支障がないように、という意味合いの文章になり、しっかり予定通りに作業を進めるときに使われる言葉です。

このスケジュールのマイルストーンは?

こういった場合、プロジェクトの工程はどのようになっているのかを質問している言葉になります。応える側は明確に目標と到達点を言い表してあげるようにしましょう。

わが社の重要なマイルストーンだ

この場合のマイルストーンは、会社の到達する目標や工程という意味合いになるため、大きな目標を掲げているときに使われる文章です。

4番目のマイルストーンに到達した

いくつかの節目を設定し、現在目標の4番目に達したという状況を言い表す文章になります。色んなシーンでマイルストーンという言葉が使われるため、意味を語源からしっかり理解しておき、自分も適切に使えるようにしましょう。マイルストーンの重要性が分かれば、自分がプロジェクトを任されたときでも行動しやすくなるはずです。

まとめ

マイルストーンとは、標石から来た言葉で業務を円滑に進めるために重要な役割をはたす言葉です。プロジェクトや設計の予定を組み立てるときも、マイルストーンを設定しておくと目標が明確になります。遅れたときも修正しやすくなるため、意味を正しく理解しておきましょう。 

関連記事

ページ上部へ戻る