リソースとは?言葉の意味と使い方

最近は日常生活でもビジネスシーンでも聞き慣れないカタカナ語を耳にする機会が増えました。皆さんは「リソース」という言葉の正確な意味をご存知でしょうか?何となく意味は分かるものの、説明しようとするとちょっと困ってしまう方も多いかもしれません。この記事では「リソース」の意味とビジネスシーンでの用法を、例文を踏まえてご紹介していきます。

リソース(resource)とは


まずは「リソース(resource)」という言葉の意味について解説していきます。英単語である「resource」は名詞で「資源・資産」という意味です。元々はプログラムやネットワークを利用する際の要素のことを指し、具体的にはCPUやメモリ、電力量などに使われる言葉でした。最近はビジネスシーンでも頻繁に使われるようになり、経営資源(ヒト・モノ・カネ)といった要素を指す場合もあります。使われる場面によって意味する内容が異なりますので、しっかりと認識できるようにしましょう。

ビジネス用語では業務上の資源全般のこと


上記でも軽く触れましたが、ビジネスシーンで使われる場合は主に経営資源を指し示す場合が多いです。ビジネスを行うための資産・資源という考え方で、事業を進め企業価値を高めるためにどれくらいの体力があるかを測る上で使われます。そのため、大きくは人的リソースとその他の経営資源(物品や資金、時間など)に分けて考えられるケースがあります。

プロジェクトにおける人員

例えば、会社内であるプロジェクトを立ち上げる場合は、それを担当する人員を確保する必要があります。プロジェクト推進に当たって、何人がどれくらいの時間を割かなければいけないかを計算し、どれくらいのリソースが必要かを算出することが重要になってきます。「このプロジェクトを担当してほしいから、リソース確保して」などと言われた場合は、必要な業務時間を空けてほしいという意味になります。

CPUやメモリなどの必要領域


一方でプログラミングの開発やシステム構築など、ITの現場でよく使われるのは、ハードウェアにおける必要領域に対してです。ある作業に必要なCPUやメモリの性能に対して、実際に稼働しているものの性能が足りていない場合は「リソースが足りない」と言われたりします。また、パソコンの構成要素としてCPUやメモリなどの部品そのものをリソースと呼ぶ場合もあります。これは、資産・資源という元々の意味から「構成要素」という意味合いに変化したものです。

リソースの種類


これまでお伝えしてきた通り、様々なものに対して「リソース」という言葉は使われます。混同を避けるため、よく使われるものに対しては「○○リソース」というように呼ばれる場合があります。ここでは代表的なリソースの種類を解説していきます。

ヒューマンリソース(人的リソース)

最もよく使われるものとしては、ヒューマンリソース(人的リソース)が挙げられます。ヒューマンリソースは、会社から見た従業員を労働力としてではなく、会社の持つ資源であると考えたものです。その場合には、会社の資源となる人材とはどのようなものかを策定し、その人材をどう活かしていくかの戦略を考える必要があります。

経営リソース


経営リソースとは、経営資源とも言われ、企業経営の上で重要な要素のことを指します。主に、ヒト、モノ、カネの3つを指し、情報または時間などを加えた4つで考えることもあります。企業活動に欠かせない要素として大きいこれらを、どのような事業にどのタイミングで投入していくかの戦略が経営者には求められるでしょう。

リソース管理

基本的にリソースは限りがある資産・資源として扱われます。そのため、どんなに良い戦略だったとしても、資源をつぎ込み過ぎると枯渇してしまう可能性があります。資源を投入した後も、それらがしっかりと活用され会社に対して利益を還元できているか、残りのリソースがどれくらいあるのかを管理する必要があります。

外部リソース

その名の通り、外部にある資産・資源について指します。例えば、社内でプロジェクトを立ち上げる際に金銭的なリソースはあるものの、担当する人員が足りない(または遂行するノウハウがない)場合などは外部に委託するケースがあります。一般的に「リソース」と言った場合は基本的に自社内の資源を指しますが、外部リソースは社外にある資産・資源を指します。

リソースの使い方、例文

経営資源としてのリソースの使い方

「このプロジェクトを推進するにはリソースが足りない」
「事業拡大のためリソースを確保する必要がある」

PC資源としてのリソースの使い方

「リソース不足のためパソコンがフリーズした」
「容量が足りないため、ハードディスクのリソースを増やした」

まとめ

リソースにも様々な種類があり、使用される場面によっては意味合いが異なる可能性があります。経営資源としてのリソースか、PC資源としてのリソースかで大別し、会話の文脈や状況に応じてどのような要素を指し示しているか認識できるようにしましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る