リテラシーの意味とは?様々なリテラシーと使い方・例文

皆さんは「リテラシー」という言葉をご存知でしょうか?「メディアリテラシー」「リテラシーが高い」など耳にする機会も増えてきています。最近ではビジネスシーンでも使われることも多いですが、何となく使っている方も中にはいらっしゃるかと思います。この記事では「リテラシー」の意味と使い方について解説していきます。

リテラシー(literacy)とは


まず、「リテラシー」という言葉の意味について解説していきます。

読み書き能力や理解力を意味する


元々は「読解記述力」を指し、言葉を読んだり書いたりできる能力のことを指していました。そこから拡張し、今では言葉だけではなくボディランゲージなどのコミュニケーションや映像などまで含めて「表現されたものを理解し、改めて記述・表現する能力」と考えられています。与えられた情報に対しての理解力や、応用・活用できるかの能力に対して使われます。

他の言葉と組み合わせて使う事が多い

「リテラシー」という言葉は単独で使われることは少なく、「○○リテラシー」のように他の言葉と組み合わせて使われる場合が多いです。例えば、「ネットリテラシー」であればインターネットにおけるリテラシーについて指しています。インターネット上では匿名で発信される情報もあり、それらの信頼性を情報の受け手側で判断する必要があることなどを意味しています。

ビジネス分野では応用力の高さを指す

ビジネスシーンで使われる「リテラシー」という言葉は、今までご紹介してきた意味合いと少し異なる部分があります。本来「リテラシー」は、ある分野に対して総合的に理解できるか、知識を応用し活用できるかを示す言葉ですが、ビジネスで使われる場合は、限られた部分の応用力の高さについて使われることがあります。

リテラシーのつく言葉


ここでは「○○リテラシー」のように呼ばれる、様々な分野に対してのリテラシーのつく言葉についてご紹介していきます。

情報リテラシー


情報リテラシーは、与えられた情報の背景・意図・目的などを理解し、それらを自分で使いこなせる能力に対して使われる言葉です。”情報=IT”と捉えると、下記のコンピュータリテラシーやネットリテラシーと混同しがちですが、必ずしもコンピュータに直結するものではありません。

コンピュータリテラシー


コンピュータリテラシーは、パソコンなどの機器を使用して目的の作業を行ったり、情報を収集したりできる知識と能力のことを指します。元々はプログラミング言語に関する能力のように、技術的な知識や能力を指していましたが、情報化社会が進むにつれ、日常的にコンピュータを使用する際の能力として使われるようになりました。

ネットリテラシー


主にインターネットを利用する際に使われます。前述の通り、匿名で発信された情報の取り扱い判断に対しての能力や、SNSでの炎上リスクの認識、出会い系サイトでのトラブル回避能力など、インターネット上で自分が問題に巻き込まれないよう自衛する能力が該当します。

健康リテラシー


ヘルスリテラシーや医療リテラシーとも呼ばれ、健康面での意思決定に必要な情報の収集能力、判断能力を指します。基礎的な部分では、パンフレットの文章や図を読んで理解したり、医療機関の診療予約を取れたりすることなどを指します。

ビジネスリテラシー


ビジネスにおける基本的な能力のことで、様々なスキルが含まれます。その中でも、代表的なものとして、論理的思考能力、コミュニケーションスキル、対人スキルが挙げられます。

メディアリテラシー


情報メディアを読み解き、その真偽の判断をしながら活用していく能力を指します。ここで言うメディアには、公的機関やマスコミを始め、映画や音楽、書籍などの出版物、インターネットなど様々なものがあり、クチコミや絵画なども含まれることがあります。

金融リテラシー

金融に関する知識や情報を正確に認識し、自分自身で判断することができる能力のことです。様々な金融商品の特徴を理解し自分に適したものを正しく選択できるかどうかを指しています。

リテラシー教育


上記のような様々なリテラシーを身につけられるよう教育していくことを意味します。

リテラシーの類語


ここでは「リテラシー」に近しい意味を持つ言葉を紹介していきます。

活用能力


活用力(活用能力)は、与えられた情報や物事に対して鵜呑みにせず、自ら真偽を確かめる精神を指します。「リテラシー」は情報の収集能力なども含めて意味しますが、活用能力は情報を受けた後の判断能力部分を指し示した言葉です。

識別能力

リテラシーの原義に近しい意味合いで、情報を正確に受け取り理解する能力を指します。一般的に「リテラシー」と呼ばれるものは、上記の「活用能力」+「識別能力」と捉えることができるでしょう。

リテラシーの例文


それでは、リテラシーを使った例文をご紹介していきます。

〇〇リテラシーが低い・高い


「彼はコミュニケーション能力が優れており、ビジネスリテラシーが高い」
「自分は金融リテラシーが低いので、投資について勉強していきたい」

このように、リテラシーは「低い・高い」で能力差を表現します。

〇〇リテラシーを理解している

「SNSを利用する際は、最低限のネットリテラシーを理解している必要がある」
「健康に対する意識を高めるため、健康リテラシーを理解していきたい」

まとめ

現代のビジネスシーンにおいては様々なリテラシーの習得が求められることもあります。今後はグローバル化に伴う「グローバルリテラシー」のように次々と新しいリテラシーの概念が生まれていく可能性もあります。様々なリテラシーを養うことで、ビジネスの現場でもよりたくさんの活躍が見込めますので、ぜひ積極的にリテラシーを高める努力をしてみてはいかがでしょうか。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る