リスクマネジメントとは?必要性・種類・事例をまとめて紹介!

ビジネスに発生するシチュエーションは様々で、良いものばかりとは言い難いです。時には起こりうる問題に対して、リスクマネジメントをしておくことが重要になります。社会で役立つリスクマネジメントの事例やリスクマネジメント種類や必要性について紹介します。

「リスクマネジメント」とは


ビジネスにおける「リスクマネジメント」とは、ビジネスで発生したリスクやトラブルを最小限のコストや対策で食い止める活動を意味します。リスクマネジメントの具体的な行動や詳細については、ビジネスシーンや業界で大きく異なります。リスクマネジメントの意味や必要性などのポイント、用いられる業界について紹介します。

危機管理の意味

リスクマネジメントは発生したトラブルやリスクに対して最小限の行動やコストで対応にあたることだけではなく、リスクを事前に把握して準備をする危機管理の意味もあります。ビジネスシーンや分野における優先順位により、意味合いを使い分ける必要があります。

リスクマネジメントの必要性

近年における社会では予測しがたい災害やビジネスアクシデントも発生しています。その中で責任をとるべき立場が企業なのか、または違う組織なのかによって被る損害も対応も変わってくるのではないでしょうか。事件やトラブルが起きた後になって行動するより、事前に準備をしておくリスクマネジメントの必要性が高まっています。

よく使われる分野:ビジネス

ビジネスなど経済分野でのリスクマネジメントとは、火災や事件などの偶発的なものに対することだけでは不十分です。機密や情報漏洩といったセキュリティ対策や外貨の為替変動によるカントリーリスクという海外に対するアンテナもリスクマネジメントには求められます。ビジネスでは、リスクが発生した後の対策を事前に定めておくリスクマネジメントが多いです。

よく使われる分野:医療介護現場

医療や介護の現場におけるリスクマネジメントは、命の安全性に対するリスクに対して行うべき事前の準備や対策であることが多いです。訪問介護や看護師のシフトなどで、考えられるリスクをできる限り排除した上でのプロジェクトやサービス提供が一般的です。同じリスクマネジメントでもインシデントが起こらないための対策が医療介護現場で行われています。

リスクマネジメントの種類


リスクマネジメントは、医療やビジネス業界など用いられる場面で意味が変わります。すなわちリスクマネジメントの種類は一つではないということになります。代表的なリスクマネジメントの種類について紹介します。

予防策

予防策は医療や介護が代表的ですが、リスクを起こさないことをモットーとする予防に専念するリスクマネジメントです。デメリットとなることやトラブルを起こさない対策を重点的に行います。またはトラブルやリスクを起こさないための訓練を受けることも、予防策の一つとなります。

軽減策

軽減策はビジネスシーンで見受けられることが多いリスクマネジメントになります。どうしてもリスクやトラブルは回避できない可能性があると仮定して、起きた後のマニュアルを決めておくことが一般的です。事前に対応策を定めておくことにより、コストや労力が最低限に抑える効果が狙えます。

移転策

移転策は代表的なものとして、保険や保証などをかけておくことにより、トラブルや災害時には第三者に対応や弁償といった部分を代わりにおこなってもらう対応策になります。日常的に保険などの支払いコストはありますが、トラブルや災害時には心強いリスクマネジメントになります。

容認策

容認策は日頃からデメリットやリスクとなる要素を受け入れた上で、その状態でも最小限のリスクにしかならない選択肢を選んだ対応を取り続けることを意味します。例えば高齢者に仕事を依頼する場合には、病気や遅延がある前提で期日などを遅めに設定したり変則的に対応したりすることが容認策になります。

リスクマネジメントの類語


危機やリスクに対する行動や対策を示すリスクマネジメントですが、リスクマネジメント以外にも類語は多く存在しています。リスクマネジメントの類語の中でも、ビジネスやさまざまな業界で使われることが多いリスクに対する専門用語について種類や使い方のポイントを説明します。

リスクアセスメント

リスクアセスメントはリスクマネジメントと対になるくらい、頻出のビジネス用語になります。対応策や予防策などのアクションを示すリスクマネジメントに対し、リスクアセスメントは起こりうるリスクの大きさや危険性などをチェックする評価そのものを示す語になります。

クライシスマネジメント

クライシスマネジメントとは、意味合いとしてリスクマネジメントに最も近い言葉と言えるでしょう。リスクマネジメントとの違いは、本来であれば起きるトラブルやリスクの可能性が高い方をリスク、なかなか起きないと想定される可能性が低い方をクライシスと区別して対応しています。近年は想定していなかった事件も多く、クライシスマネジメントが適用されるビジネス業界も少なくありません。

リスクヘッジ

リスクヘッジは、医療や介護での危機回避を示すリスクマネジメントに近い類義語になります。危険やリスクを回避することを指して、リスクヘッジするという使われ方をします。リスクマネジメントより多くのシチュエーションで用いやすい用語として、社会人の中では取り入れられています。

リスクマネジメントの事例


リスクマネジメントは起こりうる危険やリスクに対して行われる予防や対応の行動を示します。それではリスクマネジメントが適用される事例とはどういったものがあるのでしょうか。リスクマネジメントの事例について紹介します。

顧客情報の漏洩

情報が重要になるビジネスや企業において、顧客情報が漏洩することは深刻な信用低下になりダメージにつながります。情報漏洩に対するセキュリティ強化や発生時の対策は企業の中でもポピュラーなリスクマネジメントの一つと言えるでしょう。

自然災害

火事や地震、近年の日本では津波なども大きなダメージを被る自然災害です。その自然災害が発生した場合にどのような行動をとるかも重要なリスクマネジメントになります。近隣エリアの防災対策に貢献したり、有事の際の救助活動や支援物資の備蓄といったことも今後のリスクマネジメントとして求められています。

緊急事態時の情報伝達

地震や津波などの災害時に携帯電話やインターネットなどの通信が局地的につながりにくいことがあります。これも緊急事態時に国や公共機関の情報伝達を優先させるためのリスクマネジメントです。災害時には風評被害や確証のない噂だけでも二次災害につながる可能性があるでしょう。身の回りの気づかないところでもリスクマネジメントが機能しているケースがあります。

まとめ

今回は社会の中で見受けられるリスクマネジメントについて紹介しました。リスクマネジメントと一概に言っても、行うことやジャンルは少なくありません。状況に合わせた問題や災害に対するリスクマネジメントに対応できることが今後の社会人として必要になってくるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る