サステナビリティとは?その意味や使い方は?

サステナビリティという言葉、人によってはあまりなじみがないかもしれません。しかし、ビジネスにおいてはとても重要な考え方です。ここでは、このサステナビリティという言葉の意味や使い方について、解説していきます。

サステナビリティとは

英語のsustainabilityは持続可能性

もともとは、「持続すること」を表す”sustain”と、「能力」という意味の”ability”から成る”sustainability”という単語から来ています。「持続することが出来る」または「持続可能性」という意味で使われます。

世の中を持続可能にしていく考え方

サステナビリティという言葉が広く認知されるようになったのは、1987年のことです。国連の「環境と開発に関する世界委員会」が公表した報告書「Our Common Future」(我ら共有の未来)の中心として、「Sustainable Development」(持続可能な開発)という概念が発表されました。

この概念は「環境と開発は互いに反するものではなく、共存し得るものである。そのため開発においては環境の保全を考慮するべきである」というものでした。企業においても同様で、「経済発展と地球環境を守ることは、対立するものではなく、両立させよう」という意識のもと、広く環境・社会・経済の3つの観点から世の中を持続可能にしていくという考え方のことを表します。

サステナビリティとCSRの関係は?

CSRとは企業の社会的責任

企業においても、サステナビリティへの取り組みには高い関心が集まっていますが、これにはCSRが関係しています。CSRとは、企業の社会的責任(corporate social responsibility)の略であり、倫理的な観点から、企業が事業活動を通じて社会に貢献する責任のことです。

企業がひたすら利益だけを追求していくと、社会的に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、「利益の追求だけでなく、企業の活動が社会へ与える影響に責任を持ちましょう」というのがCSRです。この理念が企業自体の永続性にもつながりますから、企業経営においては、最も根幹にあるべき考え方です。

両者は切り離せないもの

サステナビリティとCSRの説明を読んでいただいて、気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、この2つはとても密接にかかわっています。サステナビリティは環境・社会・経済の面で世の中を持続可能にしていくことですから、企業はサステナビリティを念頭において企業活動を行い、社会的責任を果たしていくことで、CSRを達成できます。また、CSRを意識した企業経営をすることで、サステナビリティの向上につながります。

このように、サステナビリティとCSRは、互いに支えあいながら成り立っているのです。切っても切れない関係にあるといえるでしょう。

サステナビリティ(サステナブル)のつく言葉

サステナビリティ経営

短期的に企業の利益ばかりを追求するのではなく、長期に渡って企業や事業が存続していくための方針、またその事業の結果として社会的貢献につなげることが求められています。そういった経営のことを「サステナビリティ経営」と呼びます。長期にわたり顧客に価値を提供し続けることで、企業としての社会的責任を果たすためには、サステナビリティ経営がとても重要です。

サステナビリティレポート(報告書)

サステナビリティ経営を行なっている企業の社会的な取り組みをまとめ、社会に対して幅広く知ってもらうためのレポートが、サステナビリティレポートです。サステナビリティレポートは「サステナビリティ報告書」や「CSR報告書」とも呼ばれます。

サステナビリティレポートの始まりは、1980年ごろ、深刻化する環境問題の解決策を求める市民運動が盛んになってきたことに端を発します。この市民運動を受けて、企業は環境問題に対する取り組みをまとめた報告書を作成し、発表するようになりました。

のちに環境だけでなく社会問題への取り組みも併せてまとめるようになっていき、海外では1990年代後半から、社会的な取り組みをまとめたCSR報告書が作られるようになりました。毎年、多くの企業がサステナビリティレポートを発表しています。たいていの場合は企業のウェブサイトからダウンロードでき、誰でも閲覧できるようになっています。

サステナブルデザイン

サステナブルデザインとは、環境や経済、安全性、社会性などの視点から、地球環境に配慮した最適な設計のことです。主にモノづくりのフィールドで使われる言葉です。

例えば、建築業界において、建築物が環境に与える影響はとても大きいです。そのため、サステナブルデザインを導入することで環境保全をおしすすめることができるのです。建築業界を例に挙げましたが、同じことが電子機器や家具の制作会社などにも言えます。

サステナブルファッション

着る人の肌や環境に配慮し、原材料などを工夫した「オーガニックファッション」という言葉は聞いたことがあると思います。しかし「サステナブルファッション」という言葉はあまり耳になじみがないのではないでしょうか。

「サステナブルファッション」も「オーガニック」同様、主に服飾の現場で使われる言葉です。「オーガニックファッション」も環境に配慮しているのですが、「サステナブルファッション」は、より高いレベルで環境や社会への配慮をしたものと考えるとわかりやすいかもしれません。

例えば、素材の染料は川や海を汚染したり人々の健康を害したりしていないかをチェックします。さらに、素材の調達のために動物を殺していないか、洋服を作る人の労働環境は適切なものか、など様々な項目でより深く社会の持続を考えます。

サステナブル建築

建築業界において、将来にわたり人々の生活の質を維持・向上させていくことのできる建築を、サステナブル建築と呼びます。省エネルギーや有害物質の排出抑制をしたり、地域の気候や文化を考慮したりして実現します。1998年12月に一般社団法人日本サステナブル建築協会(JSBC)が設立され、サステナブル建築の調査・研究・開発が推進されています。

サステナビリティの例文

サステナビリティへの関心が集まる

サステナビリティへの社会的な関心が高まっています。そのため、ビジネスの会議などの場においても、使われることが増えてくるでしょう。
例:役員会においてはサステナビリティへの関心が集まっています。

サステナビリティをコンセプトに

プロジェクトや企画の方向性を決める際などに使います。短期的なものではなく、長期間持続可能であるかという観点を重視することを意味します。
例:本プロジェクトはサステナビリティをコンセプトに進めていきましょう。

サステナビリティを意識する

環境などへの配慮をした取り組みをする際などに使います。特に、環境への影響を与えることの多い業界で使われることが多いでしょう。
例:サステナビリティを意識して取り組んでいきましょう。

サステナビリティを考慮した建築物

建築業界においては、頻繁に使われることになる言葉でしょう。サステナブル建築という言葉で表すこともできます。
例:サステナビリティを考慮した建築物にしていただきたい。

まとめ

サステナビリティについて、理解できましたでしょうか。社会全体を持続可能にしていくという考え方は、企業経営の上で非常に大切なものです。言葉の意味を理解し、間違いのないよう、注意して使いましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る