ご容赦くださいの意味とは?使い方の例文や類語との使い分けも

ビジネスメール等で「ご容赦ください」というフレーズを良く見かけますが、正しい意味をしっかり理解できていますか?メールやチャットはとても便利な反面、こちらの意図しない内容で相手に伝わってしまうことも多いツールです。正確な意味を理解した上で、相手に失礼ないように使用しましょう。例文を交えて解説していきます。

ご容赦くださいの意味は?

「許してください」「大目に見てください」

「容赦」とは相手のあやまちや失敗などを許すという意味です。手加減をする際にも「容赦する」という表現をしますが、「ご容赦ください」の「容赦」は、前者の許すという意味で使用される言葉です。

「ご容赦ください」では、相手に自分の過失・失敗について許しを請う表現となります。ですから「許してください」という相手への謝罪の意を込めて使われる言葉となります。

「了解してください」

自分のミスについて相手に了解してくださいとお願いしている意味になります。ですから、特に上司や取引先などの目上の方には慎重にしようする必要があります。また了解をお願いする言葉は他にもいくつかあるので(詳細は後述)、「ご容赦ください」は自分の過失や失敗などについて許しを請う言葉と覚えてください。

ご容赦くださいの例文

「ご容赦ください」を、「許してください」「大目に見てください」という意味で使う場合、以下のような例文があります。

・ご迷惑をお掛けして大変申し訳ありませんが、担当者がインフルエンザのため、対応が週明けになってしまいます。何卒ご容赦くださいませ。

・会場には駐車場がないため、お車でのご来場はご容赦ください。

・お客様にはご不便おかけしております。何卒ご容赦下さいませ。。

また、「了解してください」という意味では、以下のように使います。こちらでは、「許してください」という意味合いは少なくなります。

・無料配布は終了いたしました。何卒ご容赦くださいませ。

ご容赦くださいの類語と使い分けは?


「ご了承ください」「ご理解ください」「ご勘弁ください」「申し訳ございません」は、「ご容赦ください」と同じような意味で使われますが、それぞれ違った意味があります。

「ご了承ください」

まだ開始していないことがらや、これから始まる内容に対して許しを請う言葉です。「ご了承ください」には強制的なニュアンスが含まれますので、場合によっては一方的な印象を与えてしまいます。上司や取引先へ使用する際は、丁寧な表現になるよう心掛けましょう。

例文
・誠に勝手ながら、弊社の年内営業は○月○日までとなります。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

・セキュリティの観点から書類の返却は致しませんので、何卒ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

「ご理解ください」

「ご理解」とは相手に対してこちらの事情をくみとってもらうという意味があります。ご容赦くださいと同じように相手に対してこちらの事情を考慮してとがめずにいて欲しいというニュアンスが含まれますが、過失の程度が比較的軽微な際に用いられることが多いです。

例文
・先着100名様までとなっております。何卒ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

・雨天の際は、中止になる可能性もございます。ご理解下さいますよう、お願い申し上げます。

「ご勘弁ください」

「勘弁」とは、過ちや不都合を許すという意味です。ですから、相手に対して自分の過失を許してくださいという意味になります。「ご容赦ください」より強い表現になり、懇願に近いニュアンスとなります。

例文
・当日の無断キャンセルは、ご勘弁願います。

・早急に新しい商品と交換致しますので、ご勘弁願えませんでしょうか。

「申し訳ございません」

謝罪の言葉として最も使用される言葉です。特に使用シーンも限られませんので、お詫びを伝えたいときは使い勝手の良いフレーズです。ただ、謝罪メールはどうしても同じような表現になりやすいので、何度も「申し訳ございません」と使用することはやめましょう。他にも「陳謝いたします」「お詫び申し上げます」「失礼いたしました」などの違う表現があるので、バランスよく使用するようにしてください。

例文
・度重なる非礼、誠に申し訳ございません。

・申し訳ございませんが、詳細は担当者にお問い合わせください。

・ご迷惑をお掛けして、大変申し訳ございません。すぐに対応致しますので、今暫くお待ち願います。

ご容赦くださいの使い方の注意点

「ご容赦してください」は間違い

「して」も「ください」も相手にお願いしている言葉で重複表現にあたります。ですから、「ご容赦してください」とは言いません。ビジネスメールでは、「ご容赦ください」と書くように気を付けてください。

「ご容赦ください」単体では使わない

「ご容赦ください」は謝罪のあとにつづく言葉です。単体でお詫びの言葉として使う表現ではありません。例えば、「ご容赦くださいますようお願い申し上げます」などと使ってはいけません。あくまでも、謝罪のあとに補助的に使う言葉であり、単体で謝罪を表す言葉ではありません。その点に注意して使うようにしてください。

まとめ

今までの使い方は正しかったでしょうか?ビジネスメールは、大切なコミュニケーションツールです。ちょっとしたことですが、きちんとした文章は相手の印象を良くしますので、正しい意味を意識して使うようにしましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る