パラレルとは?意味や使い方は?どんな場面で使うの?

「パラレル(parallel)」という言葉は様々な場所で使用されているため、耳にしたことのある方もいるかもしれません。どのような意味があるかご存知ですか?こちらの記事を参考にその意味を理解しましょう。

パラレル (parallel)とは?

平行・並行・並列の意味

パラレルとは、平行・並行・並列を意味する言葉であり、その汎用性の高さから、様々な用途に用いられています。パラレルを使った単語には、パラレルワールド、パラレルリンク、パラレルポートといったものがあります。

2つの物事が並行して展開する

基本的な意味としては、2つの物事が並行して同時に展開していく様を示すことが多いです。Aという事象とBという事象が交わることなく独立して展開している状態はパラレルであるといえるでしょう。

例を挙げると、社内に複数のプロジェクトが立ち上がっており、それぞれがあまり関与せず進んでいる場合はパラレルな状態にあるといえます。

電気・デジタル用語では並列

また、パラレルとは電気・デジタル用語としては並列を意味する言葉です。電池の直列つなぎ、並列つなぎというものを学校の理科の時間に習ったかと思うのですが、並列に接続している方をパラレルと呼びます。

パラレルのつく言葉

パラレルワールド

パラレルワールドとは、並行して存在している別の世界という概念のことを指します。私達が生きているこの世界とは別に、独自に発展、進行している世界が幾つもあり、互いに交わることなく展開しているといった考え方です。パラレルワールド同士は元を辿ると一つの世界だったのですが、ある分岐点を堺にパラレルに分割されました。

パラレルワールドは、SF小説等でよく登場するため、耳にしたことのある方面多いかもしれません。

パラレルキャリア

キャリアの新しい形として、パラレルキャリアという言葉も存在します。従来のキャリアは、学校を卒業して企業に就職、そして定年まで働いてその後は年金生活という一本道であることが推奨されていました。しかし、今は一社で定年まで働くことが難しい時代になっているため、必然的に本業以外の仕事を持ったり、また非営利活動に参加したりすることが推奨され始めています。

そのような、本業一本に頼らないキャリア形成のことをパラレルキャリアと呼びます。

パラレルな関係

パラレルな関係とは、あまり交わらずに一定の距離を保つといった関係のことを指します。人によっては、交わりすぎることで弊害が生まれることもあるため、互いに程よい距離感を保つことも重要です。

パラレルな場

パラレルな場とは、同じ場所にいてもそれぞれが独自に好きな風に過ごしても良いという場のことを意味します。基本的に場というのは同じ目的をもった者同士が集まり、そこで何らかの催しが行われることが多いでしょう。

しかし、パラレルな場というのは、何らかの課題や制約を設けることなく、人と同じ場にいながら同じことをしなくても良いという気楽な場所になっています。

パラレルターン

パラレルターンとは、スキーにおけるターンの一つであり、曲がる時にスキー板を並行にし、曲がる方向にエッジを立ててターンすることを意味します。他にもシュテムターンというターン方法も存在し、こちらは曲がる時にスキー板をハの字に開くといった特徴があります。

最初はシュテムターンから始め、徐々に曲がる時のスキー板の幅を狭めることで、最終的にパラレルターンを習得することができるでしょう。

パラレルとシリアルって何?

電気のパラレルとシリアル

電気におけるパラレルは並列、シリアルは直列のことを意味します。先程述べた電池の並列回路と直列回路のようなものであり、直列回路では回路上の全ての部品に同じ電流が、並列回路では全ての部品に同じ電圧がかかることになります。

デジタル信号のパラレルとシリアル

デジタル信号におけるパラレル伝送とは複数の線でデータを一度に送る方法、そしてシリアル伝送は一本の線で1ビットずつデータを転送する方法のことを意味します。

パラレル接続とシリアル接続

こちらも同様に、パラレル接続とは複数の線を使って機器を接続する事を指します。そしてシリアル接続は一本の線で繋ぐ接続方法です。

パラレルポートとシリアルポート

パラレルポートとは、インターフェイスを繋ぐ際の物理的なインターフェイスの一種であり、複数の線で同時にデータ転送を行う方法です。シリアルポートとは、データを1ビットずつ送信する物理インターフェイスのことを指します。

パラレル通信とシリアル通信

パラレル通信とは、複数の線を用いて同時にデータを送信する方法であり、シリアル通信とは、1度に1ビットずつ逐次的にデータを送る通信方法のことを意味します。パラレル通信は同期が取りづらく長距離転送には向いていないため、そのような際にはシリアル通信が用いられることが多いです。

まとめ

パラレルという言葉は汎用性が高く、様々に用いられていますが、本来の意味は、二つ以上の独立した物事が同時に進行している様のことを指します。従来は価値観が固定化されていたため、シリアルな生き方でも問題ありませんでしたが、現代ではパラレルな生き方も増えてきました。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る