未経験からデザイナーになるには?独学でも可能?

独学でWEBデザイナーに転職するケースも多く、未経験でも募集している企業は存在します。そのため社会人から学び始めても遅くはないのです。そこで今回は、未経験からWEBデザインのスキルを身に付ける方法、就職するための方法をご紹介していきます。

未経験からなれる可能性があるのは?


デザイナーにも様々な職種が存在します。数ある職種の中でも、未経験の方でも挑戦しやすいものをご紹介していきます。

グラフィックデザイナーとWEBデザイナー

WEB制作会社で行っているサイトのデザインやグラフィックのデザインは、比較的求人が多い傾向にあります。WEB制作会社は、デザインの質を維持するために小規模に抑えている企業が多いです。

中小企業は、業績に左右されやすく離職率が高くなりがちなため、求人募集が活発であり、未経験の方でもデザイナーとして就職できる可能性があるのです。ただし、就職した後に業績不振で退職せざるを得ない状況も想定できます。そのため、そこからどう活躍を展開していくのか、キャリアのビジョンを持つことを忘れてはいけません。

また、ゲームデザイナーや建築デザイナーなどは、ある程度実績を積み上げてきた方が担当する傾向があるため、経験者または新卒のデザイナーでないと難しいかもしれません。

デザイナーに必要なスキル


デザイナーを目指すのなら、身に付けるべきスキルを把握しておかなければなりません。具体的にどのようなスキルが必要になるのか、見ていきましょう。

ツールを使いこなす

WEBデザイナーは、様々なソフトを駆使してキャラクターを描き、写真や画像を加工するスキルが必要となります。代表的なソフトであるIllustratorやPhotoshop等のスキルは、積極的に身に付けるのがいいでしょう。

HTMLとCSSの基礎的な知識

サイトの制作に携わる機会も多く、ときには一からコーディングしてWEBサイトを作り上げることもあります。その際に、HTML、CSSといったプログラミング言語を活用しなければなりません。その他にもアプリの制作に利用するプログラミング言語も存在しますが、優先的に身に付ける必要があるのは、代表的なプログラミング言語であるHTMLとCSSです。

基本的なPCの知識

クライアントとのコミュニケーションを取る機会もありますが、デザイン作業はPCを使うことが多いです。そのため基礎的な操作を身に付けておくと、業務も滞りなく進めることができます。

ブランドタッチやショートカット

コーディングなどは、キーボードで手打ちすることもあるため、タイピング技術を磨いておくに越したことはありません。また、コピペや画面分割などPC作業において便利なショートカットキーを覚えておくと、作業もしやすくなるでしょう。

資格よりも実力が必要

エクセルやタイピング検定など、PC関係の資格はたくさんあります。取得しておくと、面接の際にアピールすることが可能ですが、現場では実力が必要です。したがって資格の勉強を優先するのではなく、どうしたら実用的なスキルを身に付けることができるかを考えることが重要になります。

デザインを学ぶ方法


デザインを学ぶ方法は様々にあり、自分に合った環境を選択することが可能です。主にどのような方法で学べるのか、ご紹介します。

専門学校

専門学校に通うと、カリキュラムに沿って授業を受けることになるため、順序よくスキルを学ぶことが可能です。社会人の方に適した夜間コースを設けている学校もあるため、幅広い方が選択できる方法になります。

本やWEBサービスでの独学

教材やインターネット学習では、自分のペースでじっくりとデザインを学ぶことができます。分からないところは理解するまでしっかり調べて、時間を気にせず学習できるのがメリットです。

アルバイトから始める

未経験OKで、アルバイトを募集しているWEB制作会社に応募するというのも一つの手段です。現場でスキルを学ぶことができるため、着実にステップアップすることができるでしょう。ただし、全く知識ゼロだと雇ってもらえない恐れがあるため、ある程度学習しておくことをおすすめします。

未経験でデザイナーの仕事を探す方法


デザイナーとして必要なスキルを学び、現場で働くためには活躍する場所を探さなければいけません。ここでは未経験の方が仕事を探す方法を見ていきます。

ポートフォリオは必須

自分がWEBデザインを学んできて、これまでどのような物を作り上げてきたのかを証明するためのものです。面接の際に効果的にアピールすることができるため、就職活動する前に作っておくのがいいでしょう。

クラウドソーシングサイト

登録してプロフィールを設定しておくと、様々なクライアントから仕事の依頼をもらえます。なかには未経験の方でも可能な仕事もあるため、実績を積み上げるために有効活用することが可能です。しっかり実績を積み上げていくと、実力が認められ、活動の幅を広げることもできます。

求人サイト

求人サイトに登録しておくと、常に最新の情報が届くため、自分の希望している企業が見つけやすいです。事前に条件を指定しておくと、未経験からでも始められる企業が見つけやすくなります。

転職エージェント

転職エージェントに登録していると、チャンスがあれば未経験からでも可能な企業を見つけることが可能です。また就職活動がうまくいかないときに相談することもでき、セミナーも紹介してもらえるかもしれません。

派遣会社は未経験には不向き

派遣会社は、ある程度スキルがあり、即戦力な人材を求める傾向があります。そのため未経験の方が、実績を積み上げていく方法としては不向きでしょう。

まとめ

WEBデザイナーになるための道は一つではありません。チャンスは様々なところに転がっているため、あらゆる手段を活用するのがおすすめです。またスキルを学ぶ方法も豊富で、自分に合った方法を選択することができます。就職活動中も継続し、常に実用的なスキルを磨いておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る