デザイン思考とは?デザイン思考の5つのプロセスと学習方法

ビジネスや自己啓発に関する書物で、デザイン思考という言葉が注目されています。アーティスト的な才能や技術に必要な思考だと考える方も多いでしょう。実際のところデザイン思考は、これからの時代を有利に生きていくために必要な思考法とも言えます。気になるデザイン思考について紹介します。

デザイン思考を知っていますか?


目にすることが多いワードでも、その正しい意味を知らないということは珍しくありません。デザイン思考というワードも、そういう表現の正しい使い方を問われると返答に困るかもしれません。デザイン思考というワードの正しい意味とポイントについて紹介します。

クリエイティブな問題解決の思考

デザイン思考という言葉は、「漠然としたテーマやリスクなどに対し、何もない状態から解決までのアイデアを生み出す考え方・サクセスマインドを示すこと」に用います。簡潔に言うと、クリエイティブな問題解決の思考をデザイン思考(デザインシンキング)と呼びます。マニュアルがないと不安になる人とは対極な位置にいる人のことと言い換えることもできます。

「なぜ?」をイノベーションに

今までになかった技術やアイディアによる革新をイノベーションと言います。デザイン思考は、多くのビジネス書の中で、イノーベーションを生み出すためには不可欠な思考法と説明されています。大きな成功につながるイノベーションを創り出した過去の偉人たちは、皆デザイン思考の持ち主と呼べるからです。

デザインとデザイン思考は異なる

デザインという行為はあくまでもデザイン思考を行った後の行動を示し、デザイン思考の一部という考え方も出来ます。しかし、デザイン思考は、デザイナー以外のあらゆる人が活用することができ、あらゆる問題に対して適応できるものです。

デザイン思考のプロセスは?


デザイン思考を身につけると、ビジネスで成功する可能性が高くなります。人生で発生するリスクやトラブルに対しても、デザイン思考を用いることで問題解決が期待できます。正しくデザイン思考を実践するには、デザイン思考のプロセスを理解することから始めると良いでしょう。デザイン思考のプロセスについて紹介します。

共感する

デザイン思考で重要なことは、問題やテーマに対して共感することです。問題の中心にいるユーザーの悩みや状況についてよく知り、共感できる段階になりましょう。

問題の本質を見極める

デザイン思考には、問題そのものの本質を見極めることも欠かせません。起きている問題の表層だけを解決しても、類似した問題は今後も発生する可能性があります。本質を理解して、深層にある問題解決を考えることこそ、デザイン思考の真骨頂とも言えるでしょう。

いろいろなアイデアを出す

問題解決のために、思いつく限りのアイデアを出して、さまざまな面から吟味してみましょう。最初からたったひとつの正解を求めるのではなく、あらゆる角度から考えてアイデアを出していきましょう。

プロトタイプを作成する

多数あったアイデアを吟味することで少数に絞り込み、それぞれのアイデアをもとにプロトタイプを作成します。プロトタイプとは、そのプロジェクトの大筋を示す模型のことです。完璧なものではなく、のちに改良を加える前提で作成します。

実行する

デザイン思考は、「思考」と言う名前ではあるものの、最後に実行することがもっとも重要なプロセスになります。さまざまなアイデアからプロトタイプを見出したとしても、実行しないことには有益は結果を得ることは出来ません。デザイン思考の実行こそ、プロセスの最終段階と言えるでしょう。

デザイン思考のメリットは?


デザイン思考を身につけることで得られるメリットとは何なのでしょうか。デザイン思考のメリットについて紹介します。

新たな発想を生み出す

デザイン思考を実践することで得られるメリットは、新たな発想を生み出しやすくなることと言えるでしょう。柔軟にじっくり考えるメソッドがデザイン思考には詰まっています。

強力なチームを作る

デザイン思考のメリットとして優れている部分は、個人でする必要はなく複数の人数で行えることにあります。それぞれが特定の分野に対する専門知識をもち、一つのテーマに対してデザイン思考を行っていけば幅広い分野で詳しく掘り下げて考えていくことが出来る強力なチームが生まれます。強力なチームを作る醍醐味もデザイン思考に潜んでいると言えます。

デザイン思考を身につけるには?

効率よくデザイン思考を身につけるためには、どういったことを行えば良いのかご存知でしょうか。デザイン思考を身につける方法について紹介します。

本で学ぶ

デザイン思考を身につけるためには、サクセス本やビジネス関連の本を見て学ぶことが挙げられます。本で学ぶことで、著名な人のデザイン思考や実例などを学ぶことが出来ます。

教材で学ぶ

最近では、デザイン思考を学べるネット教材も珍しくありません。インターネット上で動画を見ることでビジュアルと音声でデザイン思考を学ぶことが出来ます。

セミナーやワークショップに参加する

デザイン思考は文字や動画で学ぶことも可能ですが、実際にやってみないと分からないという方も少なくありません。セミナーやワークショップも参加するという方法が具体的でおすすめ出来ます。デザイン思考を身につけている方の生の声を聴くことで、具体的に体感できるチャンスになります。

まとめ

今回は、多くの分野で目にすることが多いデザイン思考という言葉について紹介しました。デザイン思考は、問題や物事の本質を見据えた上で柔軟な思考やアイデアを活かして解決していく考え方です。今後の新しい分野で活躍したい方にこそ極めてほしいマインドと言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る