アセットとは?意味、使い方やリソースとの違いを解説!

皆さんは「アセット」という言葉をご存知でしょうか?「経営資源・資産」などという意味で使われる言葉で、最近はビジネスシーンでも耳にすることがあります。この記事では、「アセット」という言葉の意味や使い方についてご紹介します。

アセット(asset)とは


まず、「アセット」の意味について解説していきます。

広義では経済資源、有価物


アセットは英語で「asset」と表記し、資産・資源などを意味する単語です。そこから広義としては「価値のあるもの(有価物)」という意味合いになり、利点・強みなどという意味を持つこともあります。 

FXやその他会計学では資産の意味


会計学などで使われる「資産」もアセットと呼ばれます。財務会計や簿記などに使われる勘定科目の一つで、会社に将来利益をもたらしそうな経済的価値のことを指します。一般的には、現金や預金、不動産や有価証券などの換金性の高いものに対して使われることが多いです。

システム、映像、ゲーム等では素材


一方で、異なる意味を持つ場合もあります。映像やゲームの製作、システム開発などの現場では、構成要素となる画像や音源を指して「素材」のことを「アセット」と呼びます。その場合の多くはデジタルアセットと呼ばれ、文章や画像・音楽などのカテゴリ別にメディアアセット、アートアセットなどにカテゴライズされます。

アセットのつく言葉


続いて「○○アセット」のようにアセットのつく言葉についてご紹介していきます。

デジタルアセット


前述の通り、デジタルデータとして保有されている資産・資源をデジタルアセットと呼びます。主にゲームやデジタルコンテンツの製作・開発で使われる場合が多いですが、一般的にも使われる場合があります。例えばPCを使って作成した文書ファイルやCDから取り込んだ音楽データなど、有用とみなされるものはデジタルアセットに該当します。会社の業務で使うデータファイルなども会社から見れば全てデジタルアセットと見なすことができます。

アセットマネジメント


保有する資産の価値を最大限高めることをアセットマネジメントと呼びます。法人や個人問わず、不動産・金融資産の管理や運用を行うことを指し、金融機関や不動産会社などの第三者が行うケースもあります。その場合、銀行や証券会社・不動産会社の運用担当者をアセットマネージャーと呼び、職種の一つとして扱われることもあります。

ヒューマンアセット


企業から見た従業員などの人材を資産として捉えた概念をヒューマンアセットと呼びます。これと対をなす概念として、ヒューマンキャピタルというものもあります。ヒューマンアセットは人材を資産と捉えているのに対して、ヒューマンキャピタルは資本として捉えたものです。

資本は資産を生むための元手となるものなので、ヒューマンキャピタルをどのようにヒューマンアセット化していくのかがマネジメントのポイントです。

アセットアロケーション


投資における考え方で、リスクを軽減しつつリターンを最大化するために、投資資金を異なるアセットに配分(アロケーション)していくことを指します。「資産配分」とも呼ばれます。投資を行う上でパフォーマンスへの影響度が高く、根幹を成す作業とされています。

アセットの使い方


続いて、アセットという言葉の使い方を例文とともに見ていきます。

「セキュリティ強化のため、デジタルアセットの管理が必要だ」

これは企業活動を行う上での、デジタルデータ全般を指しています。業務に必要なデータファイルや文書など、デジタル化された情報はデジタルアセットとして見なします。

「投資家からアセットマネジメントを請け負う」

アセットという言葉自体は、金融商品や不動産・人材まで幅広いものを指しますが、アセットマネジメントという言葉は投資関連で使われることが多いです。

「我が社のアセットは、圧倒的な技術力だ」

この場合は会社としての強み・長所などといった意味合いで使われています。

類語リソースとの違いは?


アセットと混同されがちなのが、「リソース」という言葉です。リソースは「資産・資源」と言った意味で、ビジネスシーンでは経営資源を意味する単語として使われます。

リソースとは


それではリソースの意味を詳しく解説していきます。リソースは、元々はプログラムやネットワークを利用する際の要素のことを指し、具体的にはCPUやメモリ、電力量などに使われる言葉でした。ビジネスでは主に経営リソースと呼ばれ、事業を進め企業価値を上げるためにどの程度の力があるかを測る上で使用されます。また、従業員を「会社の持つ資源」と考えるもので、ヒューマンリソースという言葉もあります。

リソースとアセットの違い


リソースは「資源」、アセットは「資産」を指しています。リソース(資源)は何らかの価値を産むために使われる・消費されるものごとを指し、資産は価値を生み出すものごとそれ自体に使われる言葉です。人材を例に出すと、ヒューマンリソースは会社から見た従業員そのものを指します。それらを活用し企業価値として生み出された場合は、企業価値そのものが「アセット」として扱われ、それを生み出した人材が「ヒューマンアセット」となります。

まとめ

アセットという単語にも様々な種類があり、使用される場面によっては意味合いが異なる可能性があります。投資や人材管理の領域以外にも、今後のビジネスシーンでは幅広く使われるようになるかもしれませんので、今のうちにしっかりと意味を理解しておきましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る