マネタイズ(monetize)の意味とは?マネタイズ手法の解説

マネタイズという言葉をご存知でしょうか?「◯◯をマネタイズする」のような使われ方をする言葉であり、特にIT業界で頻繁に使われる傾向があります。仕事上で耳にしたけど、詳しい意味は分からない、マネタイズの具体的な方法を知りたい、といった方に向けて、「マネタイズ」について解説したいと思います。

マネタイズとは

マネタイズの意味

マネタイズは元々英語の「monetize」から派生した言葉であり、元々の意味は「通貨に法的価値を与えること」と定義されています。しかし、現在はビジネス用語として使われることが多く、その場合は「無収益のサービスを収益化すること」という意味になります。

マネタイズと似ている言葉

マネタイズと似ている言葉に「マネタイゼーション」や「マネタイジング」といったものがあります。「マネタイゼーション」とは、保有している資源等を現金化することを指し、政府が国債を発行し、中央銀行が通貨を発行して国債を引き受け財政赤字を解消する、という意味でも使用されます。また、「マネタイジング」は、マネタイズとほとんど同じ意味として使用される言葉です。

マネタイズ使い方・例文

マネタイズという言葉の実際の使い方、及び例文は下記のようなものが挙げられます。

「このサービスをマネタイズするためにはどうすれば良いだろう?」
「新しい企画を考える際には、同時にマネタイズ方法も考える必要がある」
「自社のサービスは評判は良いものの、マネタイズの面で問題があります」

マネタイズモデルの種類と方法

課金モデル

マネタイズモデルの一つとして、アプリやサービス内でユーザーに課金を促すというものがあります。こちらはスマホゲーム等によく使われる手法であり、新しいステージを解放したり、特殊なアイテムを購入したりする際に課金するという形です。

また、Dropboxのように、無料版と有料版を分けてそれぞれ提供するサービスを変化させるというやり方も考えられます。無料版でユーザーを広く獲得して、サービスの良さを知ったユーザーに課金をしてもらうという形です。

広告モデル

広告モデルは、Webサイト等でよく使用されているマネタイズモデルです。ユーザーは直接的に何かを負担するわけではありませんが、サービスを使用しているユーザーが広告を見ることによって、運営側にお金が入るといったシステムになっています。

一例として、下記SmartNewsのようなサービスがあります。ニュース記事の間に広告が出て、広告が見られた回数やクリックされた回数でサービス側にお金が入ります。

ECモデル

ECモデルは、自身のWebショッピングサイト上で商品を販売し、その対価としてお金を得るモデルです。インターネットを介さない通常の売買行為と同じであるため、最も分かりやすいモデルといえるでしょう。

例としては、ZOZOTOWNのようなサービスがあります。商品が売れるごとに数%の手数料をとるパターンや、出品にお金がかかるパターンがあります。

仲介モデル

仲介モデルは、何かを必要としている人とその提供者をマッチングし、その仲介料として対価を得るといった仕組みです。ネットオークションサイトやSUUMOのような賃貸不動産サイト等が有名でしょう。

サービスをマネタイズ化するコツ

お金儲目的と思われないようにする

サービスをマネタイズ化するコツとしては、ユーザーにあからさまにお金儲け目的だと思われないことが大切です。あからさまにお金儲けの匂いを出しているサービスはそれだけで敬遠されてしまうでしょう。

ユーザー確保のあとで収益化を始める

また、ユーザー数をある程度確保してからマネタイズ化を始めることをお薦めします。サービス初期の段階ではただでさえユーザーを集めにくく、その時点でマネタイズ化を匂わせていると、現存するユーザーも離れていってしまう可能性があるためです。

質のいいコンテンツをつくる

基本的にWebの世界では、いいものには人が集まる、というのが基本原則として成り立っています。そのため、ユーザーに利益のあるようなしっかりとしたコンテンツを製作することが大切です。

ユーザーの反応を分析する

ユーザーの反応を分析するということも、マネタイズには重要です。実際にサービスを利用しているユーザーの声ほど参考になるものはないため、サービス改善のアイデアとして積極的に取り込んでいきましょう。

マネタイズを考える上でのポイント

必要とされている市場を考える

サービスのマネタイズ化を考える際は、まずそのサービスを必要としている市場はどこになるかを見極める必要があります。現在既に多種様々なWebサービスが存在するため、闇雲に万人にアプローチするのは良策とはいえないでしょう。

売る相手を具体的に想像する

サービスをマネタイズ化する際には、そのサービスを使用してほしい人を具体的に思い浮かべる必要があります。具体的な一人の人間に特化したサービスは、同じ志向性を持つ多くの人に支持される可能性があるため、ターゲティングは徹底して行いましょう。

マネタイズ戦略とは

「マネタイズ戦略――顧客価値提案にイノベーションを起こす新しい発想」

ビジネスとは、顧客満足だけでは上手くいかず、しっかりとしたマネタイズを考える必要があります。『マネタイズ戦略――顧客価値提案にイノベーションを起こす新しい発想』は、具体例を挙げながら様々なサービスのマネタイズ手法を解説してくれている一冊です。参考にしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

リリースしたサービスのマネタイズ化には様々な方法があるものの、どれもユーザーが一定数確保できないと難しい手法です。従来はお金のあるところには人が集まると言われていましたが、現代では人の集まるところにお金が発生する、と言い換えることができるのかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る