アドバンテージの意味とは?英語や使い方の例文、反対語など徹底解説

アドバンテージという言葉の本来の意味や使い方にはどのようなものがあるのでしょうか。日本語での意味と英語での意味の微妙な違いや、スポーツで使用する場合の意味、その類義語、対義語など「アドバンテージ」にという言葉の疑問を解説します。

アドバンテージとは?


アドバンテージの語源や本来の意味を知ることで、現在使われているアドバンテージの意味を見ていきます。スポーツだけでなく、ビジネスシーンで使われる場合どのような意味をもつのでしょうか。

英語表記は「advantage」

カタカナ語として定着しつつあるアドバンテージですが、元々は英語表記で「advantage」と書きます。「advantage of the company(会社の利点)」のように使用され英語表記の意味であっても、日常的に使うアドバンテージとほぼ意味は相違ありません。

元の語源は「前進」「先行」「進む」

元の語源としては「前進、先行、進む」という意味があり、相手がある場合に使用する言葉で、「相手より進んでいる、先行している」という意味から、現在では「有利」という意味として使用されるようになりました。

現在の意味は「有利」「利益」「得」

特にスポーツで使用される場合、相手より「有利」な場面での言葉として、ビジネス用語として使われる場合は「利益、得」といった意味合いで使用されることが多いです。

ビジネス用語は「優位性」などを表す

「アドバンテージを生かして売上を伸ばそう」のように競合他社と比較した場合の優位性という意味合いで使われていて、人物評価の場合に優位性が高い人という意味で「アドバンテージのある人」と表現することがあります。

基本的にvantageと同じ意味

アドバンテージと共に同じ意味で「vantage」が使われることがあります。どちらの単語も使い方はほぼ同じですが、違いがあるとすれば、vantageは有利という意味合いのほかに単に「立場」という意味で使われることがある点です。

専門用語「アドバンテージ」の意味


スポーツの解説やニュースなので、「アドバンテージ」という言葉はよく耳にしますが、スポーツの専門用語としての「アドバンテージ」にはどのような意味があるのでしょうか。卓球、テニス、サッカーなど主なスポーツ別で見ていきます。

卓球やテニスではデュース直後の先行

審判のスコア用語として使われています。デュース(卓球の場合、両者ともに10ポイント取っている。テニスの場合1ゲーム中に40-40の状態で、「ジュース」と表現される場合もある)から1ポイント先取したら「アドバンテージ」と宣言されます。

サッカーやラグビーではプレー続行

ファールがあった場合でも審判の判断でそのまま試合を続けることを「アドバンテージ」といいます。反則による一時中断を減らしプレイを継続する意味合いもあります。ラグビーではこのアドバンテージが解消されることを「アドバンテージオーバー」と言います。

野球では公平的に試合をする救済措置

クライマックスシリーズで使用される言葉で、リーグ優勝チームに与えられる1点のことを「アドバンテージ」と言います。4勝すると優勝のため、この1点が他のチームよりも「有利」であり、公平的に試合をする救済措置と言えます。

アドバンテージと似た意味を持つ類義語


アドバンテージと似た意味を持つ類義語(意味が似通っている言葉)、同義語(意味が同じ言葉)について見ていきます。ビジネス用語として使われることが多く、その意味を知ることで、使い方の幅も広がります。

プロフィット

英語表記で「profit」。利益、収益という意味があり、直接お金に関わる時に使われる言葉です。仕入れて売り上げ、そこから出たもうけの尺度を指し、「プロフィットが上がる」のように使用します。

ベネフィット

英語表記で「benefit」。プロフィットとほぼ同じで利益という意味がありますが、そのほかに「~のためになること」という意味があり、直接お金に関わる利益というよりも、何かを得ることによって獲得することができる本来の利益や変化という意味合いで使います。

メリット

日本語でメリットというと、利点、良い特徴、好都合という意味で使われていますが、英語で「merit」というと意味合いが少し違います。英語では、長所や美点という意味で使用され、日本語のメリットと同じ意味で「advantage」が使われることが多いです。

アドバンテージの逆を意味する対義語


アドバンテージの逆の意味をする言葉にはどのようなものがあるのでしょうか。対義語となる言葉を知ることによって、さらにアドバンテージの意味を深く知ることができます。

ディスアドバンテージ

英語表記で「disadvantage」と書き、不利益や損失、不利にするという意味があります。「ディスアドバンテージが発生する」といった使い方をしたり、バスケットボールの専門用語としても使用されています。

デメリット

日本語でデメリットというと、メリットの対義語として不利、損失といった意味で使われますが、英語の「demerit」は、欠点、落ち度という意味になります。日本語のデメリットと同じ意味を表現する時、「disadvantage」を使うことが多いです。

アドバンテージの意味についてのまとめ


「アドバンテージ」の語源は「前進する、進む」というところから、現在では「有利な点、利点」という意味でよく使われています。ビジネス用語としてだけでなく、テニスやサッカー、野球などでも専門用語として使用されています。日常的に使う言葉も専門用語も意味に共通性がありますが、英語表記にした場合の意味合いと少し違うケースもあるということを知っておきましょう。

まとめ

アドバンテージの本来の意味やスポーツ用語としての意味を中心に見てきました。アドバンテージという言葉の類義語も多く、同じ意味であっても使い方や言葉のニュアンスが違っているものもあります。対義語も同様で、意味を知った上で使うことが大切です。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る