「ベンダー」とは?IT業界での使い方や専門用語の意味を解説!

IT業界では、日常的に「ベンダー」という言葉が飛び交います。また、テレビのニュースなどで聞くこともあるでしょう。では「ベンダー」とはどのような意味なのでしょうか。今回はその「ベンダー」という言葉の意味やit業界における使い方を解説します!

ベンダーとは?

ベンダー(vendor)の意味

英語ではvendorと書きます。売る、行商するなどを意味する「vend」の名詞形ですから、vendorは売人、行商人などの意味です。ビジネスシーンにおいては、製品のメーカーや販売代理店など製品をユーザーに提供する会社のことを指します。そのため、開発のみに携わる会社のことをベンダーとは呼びません。

また、ベンダーという言葉はit業界で使われている印象が強いかもしれませんが、IT業界だけで使用されている言葉ではありません。日本ではIT業界でよく使用されていたこともあり、そのイメージがついてしまっているのでしょう。ベンダーといえば、基本的には販売会社のことを意味します。

ベンダーの対義語

ベンダーは販売会社、すなわち売り手を表すのですから、対義語は製品を買う人、買い手になります。ビジネスにおいては、その買い手のことを「ユーザー」または「エンドユーザー」と呼びます。

自動販売機を「ベンダー」と呼ぶ

ベンダーには別の意味もあります。それが、自動販売機のことです。日本では、ベンダーが売り手を意味することから自動販売機のことをベンダーと呼びます。自動販売機の設置・運用会社のことを「ベンダー」と呼ぶこともあり、自販機等の設置事業のことはベンダー事業と呼びます。

メーカー・サプライヤーとの関係は?

ベンダーとメーカーとサプライヤー

ベンダーの類義語に、メーカーとサプライヤーがあります。まずはそれぞれ英単語として見ていきましょう。メーカーは「maker」と書き、作る人を意味します。またサプライヤーは英語で「supplier」と書き、直訳すると供給する人という意味になります。サプライヤーに比べるとメーカーの方が耳になじみがあるかもしれません。

ビジネス用語としての意味も、英単語の直訳通りに解釈するのがわかりやすいでしょう。ベンダーが販売会社を意味するのに対して、メーカーは製造業者、サプライヤーは供給業者(メーカーから見た仕入れ先の業者)ということになります。例えばある製品についての流通の流れを追っていくと、メーカーが製造し、サプライヤーがそれをベンダーに供給し、ベンダーがユーザーに向けて販売する、という流れになります。

IT単語の「ベンダー」って?

IT業界での「ベンダー」

広い意味でのベンダーは販売会社ということでしたが、IT業界においては製品やサービスの提供を行っている会社のことをベンダーと呼びます。IT業界では同じ業者が製造と販売を行うことも多いため、メーカーとベンダーはあまり区別されないことがあります。

IT業界での「ベンダー」の対義語

「ベンダーの対義語」の項目で、売り手のベンダーに対して買い手のユーザーがいると書きましたが、IT業界においても同様で、サービスの提供を受ける人々のことをユーザーと呼びます。

代表的なITベンダー

家電製品でよく目にする日立製作所や富士通、パソコン関係の製品に強いnec、日本IBMなどは、ITベンダーとして代表的です。また、通信業者として有名なNTTデータや、ウイルス対策ソフトのシェア率が高いトレンドマイクロ、マカフィーなども代表的なITベンダーとして挙げられます。

「ベンダー」とつくit単語の意味は?

「マルチベンダー」

ベンダーの中でも、複数のメーカーのコンピューター、周辺機器を販売しているベンダーのことをマルチベンダーと呼びます。反対に特定のメーカーの製品だけを扱うベンダーを、シングルベンダーと呼びます。

「ベンダー資格」

ベンダー資格とは、コンピューターやソフトウェアなどit関連製品のベンダーが、自社の製品についてユーザーが適切な操作や管理のための技術を習得していることを認める民間の資格のことです。
代表的なものに「マイクロソフト認定プロフェッショナル」や「アップル認定資格プログラム」などがあります。

「ベンダーコード」

ルーターやネットワークカードなどのイーサネット機器についている固有識別番号をmaCアドレスと呼びます。maCアドレスは48ビットの長さから成り立っていますが、そのうち最初の3バイトはメーカーごとに割り当てられており、これをベンダーコードと呼びます。そのため、ベンダーコードを見ることで、どのベンダーの製品かわかるようになっています。

「ベンダーロックイン」

特定のベンダーが独自で持っている技術に大きく依存したシステムや製品、サービス等を使用したときに、他ベンダーの提供するものへの乗換えが難しくなる現象のことを「ベンダーロックイン」といいます。ベンダーロックインに陥ってしまった場合、製品の価格が高騰してもユーザーは他社への製品の乗り替えができず、その製品を買わざるを得ません。そのため、コストが増大するケースがあります。

「ベンダーコントロール」

ネットワークエンジニアがネットワークの設計・構築を行う際、例えば電気設備業者やLAN配線業者等の各設計分野のベンダーに対して指示を出し、作業を進めていく必要があります。各ベンダーへの適切な指示や仕様の評価、フィードバック等を行うことで、要件の依頼を実施していくことをベンダーコントロールと呼びます。

まとめ

「ベンダー」の意味について正しく理解できましたでしょうか。基本的には販売業者と理解しておけば問題ありません。専門用語の多いIT業界ですから、用語を使う際は事前にしっかりと調べ、間違いのないように使いましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る