企業年金とは?厚生年金や税金との関係は?いくらもらえるの?

企業年金とは、退職金制度の一部で、国民年金、厚生年金の上乗せ部分に相当します。理解が難しいとされている企業年金ですが、退職後のライフプランに大きく影響する大切な制度です。企業年金の種類や受け取り方についてしっかり理解しておきましょう。

企業年金とは

会社が社員に支給する年金

企業年金は複雑な制度ですが、簡単に言ってしまうと退職金を分割して受け取る方法です。これは、国が支給している公的年金とは違い、民間の年金に分類されます。

また、企業年金は加入する義務がありません。そのため、企業によっては企業年金を用意していないところもあります。企業年金が用意されていても、正社員に限定されていることがほとんどです。

企業年金は4種類

ここでは企業年金の種類について説明します。企業年金は大別して次の4種類です。

  • 確定給付型年金
  • 確定拠出型年金
  • 厚生年金基金
  • 共済年金

確定給付型年金は、就業中に毎月一定の額を年金のために積み立てる制度です。積み立てたお金に対し、それぞれの会社に運用責任があり、給付額も確定しています

対して、確定拠出型年金は、運用責任が本人にあります。拠出する額は確定していても、年金支給額は運用成績に左右されるので最終的にうけとる額は変動する事があります。

厚生年金基金は、確定給付型年金の1種です。特徴としては、運用をするのが「厚生年金基金」という法人であるという点です。共済年金は、会社がそれぞれの退職金共済にお金を積み立て、その共済から退職した従業員に年金が支払われる仕組みです。自社内で年金を管理するのが難しい中小企業によくある形です。

企業年金の2種類の受け取り方は?

自分で選ぶことができる

企業年金は受け取り型が2種類あり、年金受け取りと一時金受け取りに分かれています。どのように受け取るかは、基本的に受給者自身で選択できます。それぞれの特徴を理解して選択しましょう。

年金受け取り型の特徴

年金受け取りとは、企業年金を定期的に受け取る方法です。この受け取り方のメリットは、老後の生活設計に組み込みやすい所です。定期的に決まった額を受けとることが出来るため、企業年金を老後のよりよい生活保障として捉えている人に適しています。デメリットとしては、その企業年金を運用している会社が倒産したり、年金制度が破綻したりした場合のリスクがあります。

一時金受け取り型の特徴

一時金受け取り型の場合、企業年金の一定割合を選択して、その額を一括して受け取ることを指します。受け取る額の幅を自分で設定できるため、より柔軟なライフプランが設計できます。

より大きな利益を得るために新たな投資金に充てたい場合や、まとまった額が必要な時にもおすすめです。一時金受け取りを利用して住宅ローンの利息を減らすといった使い方もできます。デメリットは、老後の生活費の額を自分で管理しなくてはならない点です。定期的に支給される年金受け取りに比べ、管理能力や計画性が問われると言えるでしょう。

企業年金と税金はどうなってる?

一時金受け取り型には優遇がある

年金受け取り型にしても一時金受け取り型にしでも、企業年金には税金がかけられますが、現時点での税制では一時金受け取り型に優遇措置がとられています。具体的には、退職一時金の部分に対して退職所得控除がかけられます。差分を超えても、課税は最大で2分の1までになります。

年金受け取り型には控除がある

これに対して年金受け取りの場合は、公的年金と合算した額に対して公的年金控除が受けられます。課税範囲を詳しく把握したい場合は、勤めている企業の年金担当者に相談してプランを見直すのもひとつの方法です。

年金は資産であると同時に老後の生活資金という面もあります。そのため、税制優遇の損得も生活設計の判断のひとつとして捉え、生活設計の目的にあった受け取り方を選びましょう。

会社を辞めるとき、企業年金は移せる?

年金制度によっては可能

企業年金は、在籍している企業を定年まで勤めて退職後に受け取るものです。しかし、中途退職や転職が一般的になった昨今に対応する形で、企業年金のあり方も変化しています。

平成17年より、中途転職した前職の企業年金を持ち運ぶことができるようになりました。持ち運べる企業年金は、確定給付企業年金、確定拠出企業年金、厚生年金基金またはこれらに準じたものです。共済型の年金や税制適格退職年金は、持ち運びできません。

企業年金をまとめる方法

中途退職後、企業年金を退職一時金で受け取る場合を除いて、次の就職先企業の企業年金とまとめるか、企業年金連合会による通算企業年金に持ち運ぶのかを選びます。通算企業年金とは、中途退職などで企業年金を脱退した場合に、脱退するまでの企業年金を企業年金連合会へ移管して受け取る年金です。

企業年金をまとめるメリット・デメリット

企業年金をまとめるメリットは、手続きや年金の状況管理がしやすくなることです。デメリットとしては、資産を一か所にまとめるので資産運用の分散ができなくなるという点です。企業年金には様々な運用方法があるので、メリット・デメリットを把握した上で自分のライフプランに合った方法を選びましょう。

まとめ

企業年金の受け取り方について説明しました。企業年金の受け取り方を1つしか知らないと、偏ったライフプランになりかねません。老後のライフプランの軸をどこにするのか、またご自身の価値観や資産運用の目標値などさまざまな面を配慮して、素敵な年金生活を送りましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る