フリーランスの仕事用メールアドレス、独自ドメインは必須?

フリーランスとして仕事をしていく上で、仕事専用のメールアドレスは必要なのでしょうか?また、仕事用のメールアドレスを作る際、無料のメールサービスと独自ドメインでは、どのような違いがあるのでしょうか?メールアドレスには、制限がある部分と自分に決められる部分があります。おすすめの方法と手順を紹介します。

フリーランスは仕事用アドレスが必要?

パソコン,女性,kuguru,クグル,くぐる

信頼度をあげる意味で必要

フリーランスに限らず仕事において信頼というのは大事な要素です。また、自身をブランディングするためにも、かけるべき所にお金をかけている姿勢が、自身の仕事の価値を高める場合もあります。

プライベートと分ける意味でも必要

仕事を始めたばかりの内は個人用メールアドレスで問題ないでしょう。しかし、仕事が増えてきてクライアントと直接のやりとりが多くなってくると、プライベートのメールと混在しないように仕事用のメールアドレスを作るべきといえます。

個人用と仕事用で分ける事により、必要なメールやクライアントとのやりとりを見逃すという恐れが軽減できます。また、ビジネスメールとプライベートのメールを送り間違えるリスクも少なくできます。このような理由から、プライベートと仕事用のメールアドレスは分けた方がいいでしょう。

Gmailなど無料メールアドレスは控えて

Gmailは、無料でアカウント作成もしやすく、他のGoogleサービスとも連携しやすいため、人気があります。しかし、どのような人でも、手軽に、複数作成できるという特徴から、信頼度が劣ります。もちろん、必ずしも無料メールが不利になるということではありません。しかし、無料メールを使っていると、事業としての成熟度が低い印象になるかもしれません。

独自ドメインのアドレスがおすすめ

ドメインとは、WebページのURLや、メールアドレスの「@」以降の文字列をさします。

無料で提供されているWebページ作成サービスなどを使っていると、自分で自由にドメインを決められないことがほとんどです。自分の好きな文字列を入れられたとしても、その文字列の前にサービス名が入ってしまったりします。「https://屋号や個人名」という形にしたい場合、独自ドメインを取得しなければなりません。

メールアドレスに関しても同じことが言えます。Gmailを使用していれば、「@gmail.co.jp」となりますし、Yahoo!メールであれば「@yahoo.co.jp」となります。独自ドメインを取得すれば、「@」以降に自分の好きな文字列を入れることができるのです。

独自ドメインは、費用を払って作成することになります。そのため、独自ドメインのWebサイトやメールアドレスを持っていれば、名前がわかりやすいだけではなく、事業に対する本格度が高く伝わります。

独自ドメインの取得方法は?

かぶりないドメイン名をつける

ドメイン名は、インターネット上の住所のようなものですから、すでにある名前と同じものはつけられませんまずは自分が付けたいドメイン名が現時点で利用されていないかを調べましょう。

調べるツールには、
WHOIS検索
ShareLineのドメイン検索
などがあります。すでに使われている場合は、他のドメイン名を考えなければなりません。ドメインは早い者勝ちです。つけたいドメイン名が決まっている場合、事業を始める前にドメインを先に取得することもあります。

ドメイン代理店を選ぶ

ドメインを選ぶ場合、「@○○○○.jp」の「.jp」に当たる部分を、いくつかの候補から選ばなければなりません。「.jp」や「.com」の部分を、TLD(トップレベルドメイン)と言います。「.jp」は、日本に住んでいる人しか取得できないというようなルールがあります。他のTLDと取得条件は『主なドメイン例』で紹介します。

TLDは、ものによって管理会社が違います。一般人が独自ドメインを取りたい場合は、欲しいTLDを決め、そのTLDを扱っている代理店から購入します。かぶりないドメイン名を見つけたら、そのドメイン名のTLDを扱っている代理店を選ぶという流れです。

独自ドメイン購入手続きをする

独自ドメインと代理店が決まったら、購入手続きに入ります。下記の情報が必要になります。

独自ドメイン購入に必要な情報
  • 契約者情報(所在地、担当者名、電話番号、メールアドレス)
  • ドメイン情報(ドメイン登録者名、担当者名、所在地、電話番号、メールアドレス)

※一部インターネットでドメイン管理者の情報として公開されます。

また契約に必要な金額や、更新時の金額は、代理店によって異なりますので、確認しておきましょう。

フリーランスの独自ドメインの注意点は?

信頼度を重視して選択する

どのような独自ドメインを取得するかで、周囲からの信頼度が変わってきます。例えば「.jp」のドメインは日本国内で登記のある会社しか登録出来ず、1組織に対して1ドメインしか登録できません。こういった制約条件があるため、クライアントからは日本国内に登記がある会社だと判断する事が可能で、それがそのまま安心につながるのです。

「.com」や「.net」も広く使用されていますが、「.jp」と比較すると、企業としての信頼感は少し劣ります。しかし個人で使用するとフリーメールと比べれば信頼感はかなり高くなるでしょう。

仕事内容に合わせて選ぶことも大切

独自ドメインの文字列は、慎重に決める必要があります。仕事内容に合わせて取得する事で一体どんな分野において活動をしているかを認識してもらう事も出来るからです。例えば、『.net』であればネットワークサービスをイメージさせることができます。各ドメインにはそれぞれ意味や役割があるのです。

主なドメイン例

既に軽く紹介しましたが改めて主なドメインについてもう一度整理しましょう。
他にもドメインには沢山種類がありますが、これらが一般的によく使われているドメインです。自身のビジネスによって登録するドメインの種類を選びましょう。

.co.jp
1ドメイン1組織。
特徴:営利法人用。株式会社などの一般的な会社組織用ドメイン。
.com
無制限。
特徴:企業や商用サービスを表すが、一般的な企業や個人が使用するなど幅広く使用されているドメイン。
.net
無制限。
特徴:主にネットワークサービスをイメージさせるドメイン
.info
無制限。
特徴:主に情報発信に最適のイメージを持つドメイン。
.biz
無制限。
特徴:商用利用、ビジネスをイメージさせるドメイン。

ローカル名の付け方のおすすめは?

ローカル名は「@」以前

独自ドメインを取得した場合のメールア@ドレスの構造は、「(ローカル名)@(独自ドメイン)」となります。ローカル名は、@以前の文字列を指します。独自ドメインを取得していれば、そのドメイン内で被らない限り、ローカル名を好きに設定できます。ただし、ドット「.」を連続で使用したり、スペースを入れたりすることはできないといったルールもあります。

屋号など覚えやすいローカル名にする

シンプルで分かり易いものや、どのようなビジネスをしているか連想できるものがいいでしょう。今の時代、会社名を決める前にドメイン名を先に決める人も少なくありません。

ドメインは説明した通り空きがなければ使用出来ないため、自分のビジネスが連想出来てシンプルなものをドメイン登録して、それをそのまま屋号として使うという案もあります。

個人事業主の屋号とは?付け方や使い方
個人事業主になると、屋号(やごう)を名乗ることがあるかもしれません。ドメイン名やローカル名を決める際も、屋号を使うことでクライアントから見てわかりやすくなります。こちらの記事では、そもそも屋号とはどのような物なのか、どのようにつけたら良いのか、どのようなシーンで使うのかについて解説しています。

個人事業主は自分の名前をローカル名に

個人事業主の場合は自分の名前をローカル名にするのもいいでしょう。仕事の種類やユニークなローカル名をつけるのもインパクトがありますが、名前をローカル名にする事で自身の名前をクライアントの印象として残すことにも有効です。

伝えやすさ・間違えにくさに配慮

事業の形によりますが、電話などでメールアドレスを伝える機会もあるかもしれません。その時に、聞き分けにくい「nとl」や「yとi」が連続していたり、多く入っていたりすると、不便な思いをするかもしれません。

また、「iとl」、「cとo」なども見間違えやすいアルファベットです。覚えやすさやブランディングに比べると優先度は低いですが、迷った時にはこういった観点で絞ってみるのもおすすめです。

まとめ

今回はフリーランスとして活動する中で、プライベートと仕事用のアドレスを分ける事の重要性やドメインについて紹介していきました。これからフリーランスとして活動する方も、既に活動している方もまずは独自ドメイン取得をして自身をブランディングしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る