失念の意味と正しい使い方は?勘違いしやすい間違い例も知っておこう

社会人になってからも予定などを“うっかり”忘れてしまいしまった!ということがありませんか?そのような際に上司や取引先の方へどのような言葉を使い連絡を入れたら良いのでしょうか。“うっかり”していましたというような表現では失礼な感じになってしまいます。「失念」はそのような時に使える表現です。今回は「失念」の意味や使い方についてご紹介します。

失念の言葉の由来


まずは「失念」の言葉の由来からご紹介します。

元は仏教用語「仏法の言葉を忘れる」

「失念」はもともと仏教用語から来ている言葉です。簡単にいうと“仏法の教えや仏法にまつわる大切な言葉を忘れてしまう”という意味があります。その他には“心を乱す”記憶を妨げる心の作用”という意味もあり、仏に対しての無礼を表現しています。

失念の意味とは?


「失念」は言葉の由来から考えると大切な教えを忘れてしまった、無礼なことを表しています。それでは、通常使われている「失念」という言葉はどのような意味で使われているのでしょうか。

うっかり忘れること、ど忘れ

「失念」は“うっかり忘れること、度忘れ”の意味で使われます。「忘れる」の謙譲語にあたります。謙譲語は自分を主体としてへりくだった表現で使う敬語ですので自分が行ったことにだけ使います。

ビジネスのどんな場面で使う?


ビジネスの場面ではどのような時に使える表現なのでしょうか。できるだけ避けたいことですが仕事をしていると“スケジュールをうっかり忘れてしまったり”“上司からお願いされていた用事をうっかり忘れてしまったり”することがあります。「失念」はそのような際に使うことができます。
 

ど忘れ、うっかりミスの謝罪と依頼

忙しい毎日の中で「朝一番でお客様のところへ伺う予定をうっかり忘れてしまった。」時や「上司に頼まれていた資料を作り忘れていた。」というような場面で謝罪をメールや電話で連絡する際に使うことができます。

ビジネスシーンではこのようなミスをしてしまった場合はできるだけ早く相手に連絡を入れることが重要です。「失念」はど忘れしてしまったことを意味も含んでいます。ですから、その非礼をしっかりお詫びするのと同時に埋め合わせをさせて欲しいという依頼も合わせて行うのが良いでしょう。

始末書や詫び状などの文書

うっかり忘れてしまったことのレベルによってはメールなどではなく始末書や詫び状などを書く必要がある場合もあります。そのような場合において「うっかりしておりました。」という表現よりは「失念しておりました。」の方がより丁寧で謙った表現だと言えます。

失念の正しい使い方・例文


既にご説明したように「失念」は敬語の一つで謙譲語です。ここではいくつか使い方と例文をご紹介します。

取引先や上司に使う謙譲語

謙譲語は自分を相手より下において(謙って)相手を相対的に高める表現です。上司や取引先の方に対して“ど忘れ”や“うっかりしてしまった”ことを謙って謝罪するのに使います。同じ忘れたでも“物を忘れた”場合には使えないので注意してください。

例文:取引先からの「追加注文をうっかり忘れてしまっていた。」場合

このたびは○○様より〇月○日に追加の発注を頂いたのにも関わらず、その注文を受け付ける社内処理を私が失念してしまったために多大なるご迷惑をおかけしました。申し訳ございません。

例文:上司かの依頼を受けていたのにうっかり忘れてしまった場合

○○部長より明日の営業報告会にて使用する資料を本日の15時までに提出するお約束をしておりましたが私が資料作成を失念しておりましたために資料を完成することが出来ておりません。大変申し訳ございませんが本日の18時までお時間を頂けませんでしょうか。

会議の日程を失念しておりました

例文:

本日10:00より行われました営業進捗定例について開始時間が変更になっていたことを失念しており出席することができませんでした。大変申し訳ございません。本日報告する予定でした内容は次回の定例にてご説明させて頂きたいと思います。

パスワードを失念してしまいました

例文:

新システム移行に伴い再設定いたしましたパスワードを失念してしまいました。大変お手数おかけしますが、パスワードのリセットを行いたくご対応いただければと思います。

失念の間違った使い方・間違い例


「失念」について間違った使い方や間違いの例をいくつかご説明します。
 

社長が失念された

「失念」は謙譲語で敬語の一つです。ですから敬語として間違った使い方をしないようにしましょう。例えば:“社長が失念された。”ですがこれは敬語として間違っています。謙譲語は自分が謙って相手を高める際に使うことばですので、自分が主体の場合に使います。
この場合は「社長がお忘れになられた。」というような表現が適切です。

 

傘を店に失念した

失念は人が行った行為に対して使います。“物”を忘れた場合には使いません。

添付ファイルを失念した

「添付ファイルを失念した。」も同じく“添付ファイル”という“物”をどこかに無くしてしまったという意味では間違った使い方です。

ただし、「添付ファイルするのを失念してしまいました。改めて再送させて頂きます。」というような使い方は“人の行為”について使っているので正しい使い方です。

失くした、知らなかった時には使わない

「失念」ものを失くしてしまった場合などには使わず記憶していたものを忘れてしまった時に使います。「覚えておいたものを忘れる。」という意味ですので“知らなかった”という意味ではないので注意してしましょう。

まとめ

敬語を正しく使えることは社会人としてのマナーです。特に「失念」のような謝罪やお願いに関わる敬語は正しく使えないと逆効果になってしまいます。上司や取引先とのコミュニケーションで使えるボキャブラリーとして活用して頂ければと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る