プロパーとは?プロパーの意味や使い方を解説!

「プロパー」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。「プロパー」がどういった語源で、どのような意味を持つのか知らない人も多いでしょう。今回は「プロパー」について詳しく紹介させていただきます。

プロパー(proper)とは

「正規の・本来の」という意味の英語

プロパー(proper)とは、英語の形容詞であり、(人・物・場所などが)「正確な」「適切な」「本来的な」などの意味を表します。これが転じて、和製英語的な言い回しの「プロパー」が使われるようになったのです。

日本語で「プロパー」と言う時は名詞的に用いられることが多く、他の言葉と熟語を作って表現することがほとんどです。例えば、「プロパー社員」や「プロパー職員」などがあります。主に職場で用いられることが多いです。

職場内でよく使われる言葉

「プロパー」は職場内で使われることが多い言葉です。先にも述べましたが、和製英語的な表現ですので、日本の企業社会特有の言い回しになります。具体的な例を見てみましょう。

「プロパー社員」「プロパー職員」と呼ぶ

例えば「プロパー社員」は、いわゆる“生え抜き”の社員や“正社員”のことを指す言葉になります。日常で使用される際は、「プロパー」と略して使われることが多く、それが意味する内容は文脈で異なります。

IT業界に多い表現では、パートナー企業などの外部社員と区別して、自社社員のことを「プロパー社員」と呼ぶことがあります。また、派遣社員や契約社員でない「正社員」という意味で「プロパー(職員)」と呼んでいる企業もあります。

プロパーのつく言葉


プロパーのつく言葉は、社員や職員以外にも沢山あります。その他の例には以下のような言葉があります。

プロパー融資

銀行が行っている融資には2種類あり、ひとつが「保証付融資」です。この融資は信用保証協会が保証人になったうえで、融資を受けることができます。もうひとつが「プロパー融資」です。「プロパー融資」はお金を借りる際に信用保証協会をはさまずに、融資希望者が銀行から直接お金を借りる融資のことを言います。

プロパーローン

「プロパーローン」とは住宅ローンの一種で、保証会社を介さずに金融機関から直接借り入れるローンを指します。金融機関が自社でリスクを負担するもので、すべての金融機関で取り扱っているわけではありません。一部の地方銀行や信用金庫、信用組合などで取り扱いがあります。

プロパーカード

クレジットカードには「プロパーカード」と「提携カード」といった2種類のカードがあります。「プロパーカード」とはクレジットカード発行会社自らが発行しているカードのことを言います。例えば「アメリカン・エキスプレス」や「JCB」が発行しているカードは「プロパーカード」にあたります。

それに対して「提携カード」とはクレジットカード会社と提携して発行されるクレジットカードのことをいいます。例えば「エポスカード」や「楽天カード」などが「提携カード」にあたり、多数の会社から発行されています。

プロパー商品

「プロパー商品」とは卸売業者から小売業者に卸される正規商品の事を指します。それと同様に「プロパー店」とは正規店のことをいいます。

プロパーの反対語は?


「プロパー社員」は、主に三つの意味で用いられます。一つ目が、新卒から入社している「生え抜き社員」という意味です。二つ目が、「正社員」です。そして三つ目に、「自社の社員」を「プロパー」と呼ぶケースがあります。それぞれの反対語について、順を追って説明していきましょう。

出向入社

「生え抜きの社員」と対になる言葉です。「出向」とは、企業が社員との雇用契約をしたまま、業務命令により社員を子会社などに異動させることをいいます。そういったケースを「出向入社」といい、新卒入社とは区別して考えられることが多いです。

新卒(生え抜き)でない正社員

「プロパー社員」の反対の意味として、新卒入社ではない社員をさすことができます。新卒入社でない社員というと、「中途社員」「キャリア社員」「出向社員」などになります。

正社員を全てプロパーと呼ぶことも

先に新卒入社を「プロパー社員」と呼ぶことが多いと述べましたが、正社員すべてをプロパー社員と呼ぶケースもあります。その場合、「正規雇用以外の雇用形態である労働者」が「プロパー社員」の反対語になります。

例えば「派遣社員」や「契約社員」などです。会社によっては、「契約社員」も自社の社員として「プロパー社員」に含める場合があり、その際は「派遣社員」や「協力会社社員」などと区別する呼称となります。

まとめ

いかがでしたか?「プロパー」は会社や文脈によって意味が変化するので、特に新しい環境の場合は何を指しているかを確認しておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る