アカンタビリティとは?誤解しがちな意味を類語との違いも含めて解説

アカウンタビリティという言葉はご存知でしょうか?この言葉は日本語では説明責任、説明義務という意味です。あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、“責任”や“義務”という言葉に表れているように重要な意味合いで使われます。今回はアカウンタビリティの意味をご説明します。

アカウンタビリティの言葉の語源

accounting(会計)+responsibility(責任)

アカウンタビリティは【会計】という意味のaccountingと【責任】という意味のresponsibilityを語源とする言葉です。1960年代にアメリカで使われ始めた「公共機関による国民への公金の使用説明について生まれた考え方で、後に公共機関だけではなく、株式会社が株主にたいして資産の使用用途について説明するように拡大されました。

アカンタビリティの意味は?


もともと会計用語として使われていたアカウンタビリティですがビジネスシーンではどのような意味で使われているのでしょうか

説明責任

アカウンタビリティは「説明責任」や「説明義務」と訳されるのが一般的です。しかし、アカウンタビリティは単に「状況を説明する」ということではなく、「責務を果たす」という意味合いが含まれています。そういう意味でアカウンタビリティが本来もつ意味にぴったり当てはまる日本語がありません。

結果の責任を負う

アカウンタビリティの本来の意味についてもう少しご説明します。英語のaccountabilityは「行為によって起きた結果に対する責任とそれを関係する利害関係者へ説明する義務」という意味です。企業のIRなどで使われる時には経営の結果や数値に対する結果責任という意味で使われることが多いです。

不祥事の釈明という意味ではない

アカウンタビリティを一般的に「説明責任」や「説明義務」と訳すとご説明しました。企業や行政機関が不祥事を起こした時に釈明会見などを行いますが、アカウンタビリティを不祥事の釈明を意味する言葉だと思っている方がまれにいますが、それは違います。

どのような場面で必要となるか


最近では行政や会計にとどまらず様々な場面でアカウンタビリティが求められます。どのような場合にアカウンタビリティが求められるにかをご説明します。

企業から株主に対する説明義務

株式会社の場合、企業は株主から資金の提供を受け事業を運用する責任がり、またその結果である経営状況について説明する義務があります。企業の経営者は株主にたいしてのアカウンタビリティが求められます。

職務の進捗状況を上司に報告

経営者に限らず、通常の職場においてもアカウンタビリティが求められることがあります。例えば、仕事をスピーディーに進めるために上司から部下へ権限移譲をして業務を進める場合がありますがこのような場合、部下は上司から移譲された権限の使い方に責任が発生しますしその結果について上司に報告する義務が発生します。

医療従事者から患者に対する説明義務

医療現場においてもアカウンタビリティが求められます。医療現場の透明性が求められる世の中において医療従事者は患者に対してベストを尽くす責任があり、治療の方法等や結果に対して説明する責任を負っています。

行政から市民に対する責任義務

生活者の生活を豊にするために税金を預かり運営される行政活動についてもアカウンタビリティが必要です。行政機関は税金を有益に使う義務があり、それを税金の負担者である納税者に対して説明をする義務を負っています。

アカウンタビリティの使い方


アカウンタビリティが持っている意味とそれが様々な場面で求められているご説明をしましたが、その使い方について二つの例でご説明します。

アカウンタビリティが欠如している

この表現は、“説明が足りない”という意味ではないのはこれまでの説明でご理解頂けると思います。つまり、単に説明が無いという事ではなく、“利害関係者との間において本来果たさなくてはならない責任とその結果に対しての説明”が足りていないという意味で使われます。

アカウンタビリティを求める

では、「アカウンタビリティを求める」はどうでしょうか。これも“説明をして欲しい”という意味ではないです。“利害関係者との間において本来果たさなくてはならない責任とその結果に対しての説明”しなければならないという事を理解し、行動して欲しいという意味で使われます。

類語レスポンシビリティとの違い

他者に対して説明責任があるかどうか

アカウンタビリティの類義後にレスポンシビリティとい言葉あります。この二つの言葉にどのような違いがあるのかご説明します。

レスポンシビリティは「責任」や「責務」という意味の英単語です。アカウンタビリティの意味はこれまでも説明して来たように“利害関係者との関係において果たさなければならない責任とその結果に対して説明する義務”の意味があります。

この二つのことばの違いは責任の範囲や 義務を果たしたかを決めるのが“自分”なのか“相手方”なのかという違いです。つまり他者に対しての説明責任があるかどうかの違いということができます。

まとめ

アカウンタビリティという言葉についてその語源や意味するところについてご説明してきました。ビジネスで使われることが多いカタカナ英語ですが日本語の表現では言い表しにくい意味で使われることがあります。アカウンタビリティもそういう言葉の一つです。ニュアンスを理解して適切な使い方をするようにしましょう。

関連記事

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る