マンパワーとは?意味や使い方について解説

日常生活ではあまり耳にしませんが、IT業界等で使われている用語「マンパワー」。仕事の現場で、「マンパワーが足りない」「マンパワーを投入しよう」などと使われることがあります。どのような意味で、どのような時に、どのように使うのか、詳しく見ていきましょう。

マンパワー(manpower)とは

人間の労働力

マンパワーとは、現場で働く人間の労働力、人手などのことです。その場で働くことのできる人員の数、人的資源のことを指します。

「マンパワーが足りない」という表現は、労働力が不足しているということ。そして「マンパワーを投入する」とは、人手を増やす、ということになります。文字通り、man(人間)のpower(力)を意味しています。

IT業界でよく使われる

「マンパワー」は比較的IT業界でよく使用される言葉です。IT用語というほどではありませんが、現場で人手不足が起きたときに「マンパワーが足りない」と表現したり、作業者を増やす場合に「マンパワーを投入する」というように使用したりされます。IT業界で仕事をするなら、こういったことを耳にしたときは、人員確保をしたり仕事を割り振ったりできるよう、覚えておくとよいでしょう。

マンパワーの語源

英語が語源

マンパワーはアルファベットでは「manpower」と表記します。カタカナで表現されていることから、英語が語源であることは予想しやすいですが、元々は英語の「man」と「power」をつなげた言葉です。「man」は、成人男性を意味することが多いですが、ここでは広い意味で男性、女性を含めた「人間」という意味で用いられています。

「power」は直訳すれば「力」ですが、「できること・能力」も含めた仕事の力、「労働力」を表しています。以上から、「manpower」=「男性、女性を含めた人間の労働力」となるのです。

human resourcesが一般的

英語圏での表現は「human resources」の方が一般的です。Humanは人間、Resourcesは資源、供給源等という意味。したがって、これを日本語にすると、「人的資源」と訳すことができます。

また、ビジネスの現場では「人事部」を意味し、会社の一部門の名称としても使われています。会社の人事部自体を「HR」と表現する場合もあるので、覚えておくとよいでしょう。

マンパワーの類語


マンパワーの類語として「人手」「作業者」「労働力」といった言葉があります。それぞれマンパワーとどういったところが異なるのかや用例などを順に見ていきましょう。

人手

「人手が足りない」「人手を借りる」など、仕事や作業等をする上でのマンパワーを表現する言葉。一般的な仕事の現場ではもちろん、日常生活の中でも使われる表現です。世代的にも幅広く使えます。

他にも「山林に人手が入る」など人間の仕業という意味や、「人手に渡る」他人の手中に入る、という意味もあります。こういった用法の場合は、マンパワーとは意味が異なります。

作業者

指示された業務をこなすのが、「作業者」です。色々な業種の現場で様々な作業に当たる人を指すことが多くなっています。指示通りの文書を作成したり、物を作ったり組み立てたりする人のことで、作業員と呼ぶ場合もあります。「マンパワー」「人手」と異なり、人そのものを指す意味合いが強いです。

労働力

大辞林第三版の解説より

①人間が生産活動の際に用いる肉体的・精神的諸能力。労働能力。
②労働の担い手。労働者。

上記の解説のように、能力を事業者に提供するのが「労働力」です。そして、多くの場合その対価として賃金をもらい、事業者は労働力に見合った賃金を支払います。人が行うことのできる仕事の量や内容を指す意味合いが強いです。

マンパワーの例文

マンパワーが足りない

例えば、急な作業が入ったり、不測の事態が起きたり、といつもとは違う流れが発生して忙しい時に「マンパワーが足りない」という言葉が使われます。また、恒常的な人手不足の場合にも使用されます。すなわち、人手不足、人的資源が不足しているときに幅広く用いられる表現です。

マンパワーの確保が重要

マンパワーが不足しているのであれば、それを補う必要が出てきます。例えば、人手が足りずに納期が遅れる、という事態に陥っては取引先に対する信頼に関わるため「マンパワーの確保が重要」、という表現がされます。人材確保の重要性を表現しています。

限られたマンパワーでは厳しい

「大きな仕事が舞い込んできたが、それをやり遂げるための人的資源が足りない」「納期に間に合うか、きちんとした仕事ができるか、分からない」などといったときに「限られたマンパワーでは厳しい」という表現がされます。労働力、人的資源が不足している状況を少しIT業界らしく表現しています。

まとめ

「マンパワー(manpower)」の意味、使い方、マスターできたでしょうか。「マンパワーが足りない」「マンパワーの確保が必要」などと言われたときに、適切に対処できるようにしましょう。また、「人手」「労働力」など類語もありますが、状況に応じて使い分けましょう。

おすすめコンテンツ


ページ上部へ戻る